話題の記事

【潜水艦コレクション】旧日本海軍の潜水艦51隻プロフィールと戦歴をまとめてみた

 本ページでは、丙型・丙型改・海大3型a・海大3型bの各艦について解説します。

丙型

 乙型で設けられていた航空兵装を装備せず、代わりに魚雷発射管を増やした形式である。だが、完成を急ぐことから巡潜3型の線図を流用した。潜航速度も速く、攻撃力の高い潜水艦だった。

伊号第20潜水艦

昭和15年9月26日、三菱神戸造船所で竣工。艦長の任についたのは4名、昭和17年、モザンピーク海峡で交通破壊戦を実施。次々に船を撃沈させた。昭和18年8月31日、アメリカタンカーを撃破した後、消息不明となる。アメリカ側にも当該資料がないため、沈没原因は不明である。

伊号第24潜水艦

昭和16年10月31日、佐世保工廠で竣工。艦長の任についたのは1名、昭和17年1月26日、伊18と同時浮上し敵を攻撃する共同作戦を実施したが伊24は待ちきれず5分前に浮上したため、敵に気づかれ1発の砲撃もできずに撤退した。昭和18年6月10日、アメリカ駆逐艦に、2度に渡り体当たりを受け、ひっくり返り沈没。104名全員が戦死。

伊号第47潜水艦

昭和19年7月10日、佐世保工廠で竣工。艦長の任についたのは2名、危険な作戦を幾度となく完遂し生き残ってきた。昭和20年5月7日、アメリカ軽巡洋艦1隻を撃沈。同年7月30日、暴風圏に突入。8月1日にやっと風波がおさまったが回天1基が流される。同13日、呉に帰投、終戦を迎えた。昭和21年4月1日、五島キナイ島で米軍により爆破処分された。

丙型改

 昭和16年度の追加計画で建造された。丙型の分類で、船体設計に丙型のものを流用した。水上速力は丙型に比べ低下したが、燃料搭載量を増やしたことにより、航続距離が増大した。

伊号第52潜水艦

昭和18年12月28日、呉工廠で竣工。艦長の任についたのは1名最大の目的はドイツの電波兵器技術の導入。日本からは対空機銃射撃装置の専門家など、民間技術者7人が便乗した。昭和19年7月23日、アメリカ空母より照明弾やソノブイを投下される。250キログラム対潜爆弾で海底から大爆発が起きた。乗員100名と民間技師7名も犠牲となり、大西洋で沈んだ唯一の伊号潜水艦となった。

伊号第53潜水艦 

昭和19年2月20日、呉工廠で竣工。艦長の任についたのは2名、昭和20年7月27日、駆逐艦から猛攻撃を受ける。回天作戦を繰り返し、かろうじて呉にたどり着く。8月15日、呉で終戦を迎える。この時、伊53潜の乗組員は犠牲になった回天添乗員を想い、徹底抗戦を叫んだという。

伊号第55潜水艦

昭和19年4月20日、呉工廠で竣工。艦長の任についたのは1名。昭和19年7月13日、アメリカの対潜哨戒機がサイパン島西で伊55潜を発見。翌日に爆雷を投下する。3回目の爆雷投下を始めようとした時、海底から爆発音があった。戦死者112名。竣工後わずか4ヶ月、初陣での沈没となった。

海大3型a

 日本海軍初の実用大型高速潜水艦で、大正12年度計画により昭和2年から3年の間に4隻が竣工した。海大3型の整備は日本海軍が構想していた「漸減作戦」を実現させるための大きな要素となり、当時のアメリカ海軍に深刻な影響を与えた。

伊号第158潜水艦

昭和3年3月15日、横須賀工廠で竣工。艦長の任についたのは18名、竣工時の艦名は伊58潜。他の艦と同様、昭和17年5月20日に艦名に100を付与され伊158潜になった。昭和17年1月3日、オランダ船2隻を撃沈。同年6月30日に呉に帰着し、7月10日に練習潜水艦となった。昭和21年4月1日、五島キナイ島でアメリカ軍により爆破処分にされた。

海大3型b

 3型aとの違いは、凌波性を改善するため艦首の形状を直線状にした。また、居住性を向上させるための艦内の換気、冷却装置の改善やその他、細かい点で様々な改良が施された。

伊号第156潜水艦

昭和4年3月31日、呉工廠で竣工。艦長の任についたのは20名、昭和16年、オランダ船を撃沈したのに続き、9船を撃沈させる戦果を上げ、昭和17年7月10日、練習潜水艦となる。昭和21年4月1日、五島キナイ島にてアメリカ軍により海没処分される。

伊号第157潜水艦

昭和4年12月24日、呉工廠で竣工。艦長の任についたのは17名、昭和17年1月6日、コレヒドール島から脱出をはかったアメリカアジア艦隊司令官トマス大将を乗せた潜水艦を発見、襲撃するも命中はしなかった。同年7月10日、練習潜水艦となる。昭和21年4月1日、五島キナイ島にてアメリカ軍により海没処分される。

伊号第159潜水艦

昭和5年3月31日、横須賀工廠で竣工。艦長の任についたのは12名、昭和17年1月26日、ペナンに到着。日本海軍潜水部隊として初めてペナンに入港、その後スマトラ南西方面を行動し、同年3月1日、オランダ船を撃沈する。同年7月10日ミッドウェー作戦に参加した後、練習潜水艦となった。昭和21年4月1日、五島キナイ島でアメリカ軍により爆破処分にされた。

 8月22日から4日間にわたって五島列島沖に沈む潜水艦から「伊58」「呂50」の特定を目指す調査を実施。ニコニコ生放送でその様子をリアルタイムで配信予定です。「伊58」が70年の眠りから覚める瞬間をぜひ皆で見守りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「報道」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング