ニコニコニュース

話題の記事

「どう考えても賭博」580億円流出のコインチェック騒動を受けコメント【津田大介×東浩紀×夏野剛】

 仮想通貨を発行する取引所「コインチェック」がハッキング被害を受けたことにより、580億円相当の資産が不正流通された「コインチェック騒動」。

 上記騒動を受けて、評論家・東浩紀氏、メディアアクティビスト・津田大介氏、ドワンゴ取締役・夏野剛氏が急遽集合。「仮想通貨について言いたい事を言う生放送」と題し、仮想通貨の現状や抱える課題について、お酒を囲んで気兼ねなくしゃべる生放送を行いました。

 「押した瞬間のレートで変換されているだけのゲーム」、「どう考えても賭博なのに、まったく規制が入っていない」、「ダフ屋の規制をやる前に、こっちの規制をやれ」など、3人の口から誰にも縛られない意見が次々と飛び出しました。

左から東浩紀氏、津田大介氏、夏野剛氏。

コインチェックに持っていかれた!

東:
 僕が聞きたいのは、現時点で今、コインチェックにいくら突っ込んじゃっているかです。

夏野:
 あずまんの場合は?

東:
 僕は、20万ですね。

夏野:
 20万で、返ってくる見込みが薄いと見たらいいんだ?

東:
 今、イーサリアム【※】を売っても、12万6000円しか売れないって出ているけど、20万円を突っ込んだまま動かせなくなっているので。

※イーサリアム
ビットコインと同じく、主要な仮想通貨の1つ。

夏野:
 アンケートをしている間に、乾杯を。あずまん20万おめでとうございます!

東:
 はい! って、何がめでたいのかわからないよね。でも、今回は俺も被害に遭ったから、こういうことを言ってもいいと思うんだけれど。ビッグ・ウェーブに乗った感ありますよ。

津田:
 確かにね。超当事者ですからね。

東:
 「きたか!」という感じだった。破綻したときに見たら、笑ったもん。「やべえわ、これ来たな」みたいな。ちょっと嬉しくなった(笑)。

津田:
 この当事者として語ることができる権利を……。

東:
 破綻してるよ。やべえ、みたいな(笑)。

夏野:
 それは、すごいエンターテイメントを与えているよ。

津田:
 しかも、200万とかだと笑えるけど20万ぐらいではね。

夏野:
 キャバクラで女の子に、3回ぐらい突っ込んだ感じ?

津田:
 このアンケートの9の【1000万円以上】の人がいたら、こんな番組を見ている場合じゃなくて、他のことをやるべきだと思うけど。

東:
 1000万円以上の人たちは、むしろいますぐネットをやめたほうがいい(笑)。これからは、ネットの情報にだまされないようにした方がいいよ。

夏野:
 結果いきましょう。

東:
 9いるのかな?

津田:
 9いるか!

一同:
 (笑)

東:
 ええ、本当に?

津田:
 絶対ネタでしょ? これ。

東:
 嘘だよ!

津田:
 コインチェックを買ってない。仮想通貨を持ってない人が押したいだけだよ。

東:
 7(~500万円)あたりがリアルじゃない? 10.5%が。

夏野:
 でもね。よく考えて。この、二ヶ月のクリプトカレンシー(仮想通貨)に対する、一般庶民の反応がガラリと変わったんだよ。

 俺も結構、質問を受けるわけ。例えば、うちのシッターさんが「ミスター夏野は、詳しいよね? 主人と息子が仮想通貨のマイニング【※】をやろうとしている」と。

※マイニング
仮想通貨の取引記録を取引台帳に追記する作業は有志のコンピューターリソースを使用しており、追記作業を行った者には、見返りとして仮想通貨が新規に発行される。この新規発行に至る一連の行為を「マイニング」という。

東:
 いきなり?

夏野:
 クリプトカレンシーじゃない、マイニングとか言っているの。マイニングって今は、みんなすごい物量でコンピューターを回しているのに、そんな一般市民がパソコンをグルグル回したぐらいで、マイニングなんかできないじゃん。

 そして、「うちの旦那と息子がやってるこれは違法じゃないのか? 違法だったら、ビザが継続できなくなるから、日本にいられなくなる」って言うのよ。そんなレベルでやろうとしている時点で、これは仮想通貨の時代は終わったなと思った。

東:
 終わったんだ。始まったんじゃないのね。

夏野:
 だって、そういう素人が参入してきたら破綻するのは目に見えてるじゃない。

津田:
 ちなみに、その質問に対してはどういうアドバイスをしたんですか?

夏野:
 「違法にはならないから頑張れば? でも、チャンスはないよ」と。

津田:
 すばらしいアドバイスです。

東:
 わかる。僕も最近、地方都市に講演に行って、そこのまったく関係のない業界の人に「友達がマイニングをやり始めたんだ」と言われた時は、マイニングが流行っているんだとビビりましたよ。

夏野:
 さらにすごい事実があって。今、日本の個人金融資産は1800兆円を超えちゃっているんですね。ところが一方で、貯蓄ゼロの世帯が3%ある。

 これは、何を意味しているかというと、親の金でやっていて、親は「出川哲朗さんの宣伝は何をやっているのかわからないけど、儲かるかもしれない。」というときに、息子が出てきて「俺、マイニングやるからさ」とか「俺、ビットコインやるからさ」と言うと、じゃあ、1000万円ぐらいポン、と。

東:
 マイニングをやるって、PCをズラッと買ってくるわけ?

夏野:
 1台。で、1台買ってみてもマイニングができないから何をするかというと、取引所で買う方向に行くわけよ。

 で、親がメチャメチャ金を持っているわけ。今、1800兆円の個人金融資産の80%以上が、60歳以上が持っているからね。

津田:
 確かに、それで目端の利くやつが、1000万円とか突っ込んでいったら。

夏野:
 「億り人【※】」が増産されていますよ。でも、普通に所得税が課税されるからね。株式は20%だけど、仮想通貨は雑所得だから、1億円儲けちゃったら55%。

 しかも請求が来るのは、これから。3月に納税だから、そのときには阿鼻叫喚よ。

※億り人
株式投資などで億単位の資産を築いた人を指す俗な言い方。2008年の映画『おくりびと』をもじっている。

「経済」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング