話題の記事

ドルはなぜ「$」と書くのか? ローマ帝国時代の歴史につながる“壮大な雑学”を紹介

 今回紹介したいのは、フワフワセカイシさんが投稿した『【世界史雑学】ドルはなぜ「$」と書くのか』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

ドルを「$」と書くようになった理由は色々な説があるそうです。
・英国のシリング由来 ・U+Sを組み合わせた ・スペインのペソP+Sを組み合わせた ・スペインの国章、ジブラルタル海峡の両端に立つヘラクレスの2つの柱が由来 ・「銀」Silverが由来 ・アスクレピオスの杖というギリシア神話に基づいた蛇の巻き付いた杖が由来 ・スペイン銀貨のEl Real de a 8 8+Rが由来 …などなど他にもたくさんあるそうです。
ディオクレティアヌスの体はキャベツにしました。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 現在、世界で最も使われている通貨である「ドル」。その綴りは「dollar」ですが、Sをモチーフにした「$」で表わされます。これは何故でしょうか。

 その起源は遠くローマ帝国までさかのぼるそうです。

 永遠に続くかと思われたローマ帝国の繁栄は、属州を獲得し続けることができず、奴隷が高齢化するなどの問題で陰りが出てきました。

 属州が増えないことで税収も増えず、属州各地が発展することで輸出ができなくなるという問題も発生。

 さらにはインドとの貿易赤字でローマ帝国の財政は縮小。

 その後ディオクレティアヌス帝により軍人皇帝時代は終わり、政治的分裂は収拾します。しかし物価高騰などの経済的混乱は収まったとは言えませんでした。

 そんな中、登場したのがコンスタンティヌス帝です。

 経済の混乱を立て直すため、コンスタンティヌス帝は高純度のソリドゥス金貨を発行しました。ローマの経済力が低下すると共に通貨の貴金属含有量も低下し、質が下落していたからです。

 やがてローマ帝国は東西に分かれましたが、ソリドゥス金貨は11世紀まで東ローマ帝国内外で受け継がれました。

 国際経済で長く重要な役割を果たしたソリドゥス金貨。その名にあやかり、アメリカドルの通貨記号には「$」が用いられるようになったということです。

 ただし$マークの由来については諸説あり、動画説明文では他にどのような説があるか例を挙げています。また、解説の詳細に興味を持たれた方はぜひ動画をご覧ください。

視聴者のコメント

・そういえばそうだなあ
・へえ!
・なるほどなぁ
・ローマ帝国時代にも高齢化問題あったのか
・ピコピコな画面好き
・おつでした。

▼動画はこちらから視聴できます▼

【世界史雑学】ドルはなぜ「$」と書くのか

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

ベートーベンの肖像画はなぜ不機嫌そうなの⁉ 偉大なる音楽家の“意外過ぎる事情”に「なん…だと」「えええええ」と戸惑いと驚きの反応

アルミ鋳造で「$」を作ってみた! 優美なフォルムのドルマークをピッカピカに磨き上げ「おお綺麗」「金に目が眩んだか」の反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「経済」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング