ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

研究会仲間の丸山九段と千葉六段が相居飛車で激突:第2期 叡王戦本戦観戦記

プロ棋士とコンピュータ将棋の頂上決戦「電王戦」への出場権を賭けた棋戦「叡王(えいおう)戦」。2期目となる今回は、羽生善治九段も参戦し、ますます注目が集まっています。

ニコニコでは、初代叡王・山崎隆之八段と段位別予選を勝ち抜いた精鋭たち16名による本戦トーナメントの様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。

叡王戦公式サイト

丸山忠久九段(左)と千葉幸生六段
丸山忠久九段(左)と千葉幸生六段

研究会仲間

 ともに本戦初出場の丸山忠久九段と千葉幸生六段が10月11日の対局でぶつかった。2人は研究会をともにするメンバー同士でもある。この研究会は「振り飛車研」として居飛車党と振り飛車党で構成されていたのだが、「振り飛車党はみんな居飛車党になってしまいました」と千葉。千葉本人もそのひとりである。

2_1

 戦型は丸山が最近よく用いている、一手損角換わりからの早繰り銀になった。△8五歩(第1図)が「違う形をやってみようと思って」という丸山の趣向で、代えて△9四歩が多かったところ。本局の作戦は△9四歩を省略して、持久戦になった場合により価値の高い手に回す意味がある。千葉も早繰り銀で対抗して、開始早々に戦いの気配が漂った。

時間差棒銀

 丸山は角換わりのスペシャリストとして知られ、近年は一手損角換わりで独自の境地を開拓している。早繰り銀という選択は、手損ながら攻勢を目指す意欲的な作戦だが、手が遅れているだけに無理も生じやすい。丸山は「普通の手が指せないのがきつい」とニコニコ顔で振り返った。顔だけ見れば悩んでいるようには見えないが、この屈託のない笑顔が丸山のトレードマークである。

2_2

 丸山は7筋の歩を交換して棒銀に繰り替えたが、これが疑問の構想。千葉が▲2四歩(第2図)でうまくとがめた。△2四同歩なら▲3五銀~▲2四銀とスムーズに銀がさばけ、△2四同銀なら▲5五角がある。局後、丸山は「経験のない形だったが、1手でしびれた」と苦笑した。序盤は先手が一本取ったが、まだ先は長い。

手の広さゆえに

2_3

 後手が反撃して迎えた第3図では、先手の手が広い。千葉は悩んだ末に本譜の▲4五角を選択した。△3六角成を消した攻防手だが、局後「筋が悪かったですね」と千葉。代えて▲2四銀は有力だった。以下△2七歩▲同飛△3六角成▲2八飛△2七歩▲3八飛△4七馬と進むと先手忙しいが、手順中▲3八飛に代えて▲4八飛と逃げ、△2四銀▲5五角(A図)の進行がどうか。先手は駒損ながら玉が堅い。千葉は「▲2四銀は考えたが、ここまで深く掘り下げられなかった」と振り返った。

2_a

 先手の手得は玉の位置の差になって現れている。当然ながら、後手の居玉よりも先手玉のほうが好位置だ。だが、漠然としたよさを具体的な戦果に結びつけるのはとても難しい。「いいといっても、1手で吹き飛ぶ程度」という千葉の言葉どおり、ひとつの判断ミスが波紋を呼ぶ。

逆モーションの攻め

2_4

 丸山の△7六歩(第4図)に千葉は▲6六銀と前に出たが、対する△8六歩が鋭い切り返しだった。「玉が上から押さえられる形になってしまった」と千葉。本譜の順を思えば、▲2四銀と出る前に▲7六歩とキズを消しておくのも有力だった。

 丸山は第4図で▲8八銀との「二択と思った」と振り返る。以下△2四銀▲同飛△2三歩▲2八飛△7四角成で難しいというのが丸山の見立てだ。▲8八銀は壁銀になるだけに指しづらいが、本譜は上に出た銀が守りに働かなくなったのがつらい。

柔らかい好手

2_5

 千葉は▲6三角成(第5図)と後手玉に肉薄する。代えて▲2一飛成と王手を入れなかったのは、△3一歩▲6三角成△8七銀成▲8五歩△7八成銀▲同玉△6九銀▲8七玉△7四角成(B図)で「読みきれていたわけではないが、負けそうと思った」から。第5図は次に▲2一飛成△3一銀▲4一銀という狙い筋がある。後手はどう応じるか。丸山は長考に沈んだ。

2_b

 丸山は頭を抱えたり、腕組みをして天井を見上げたり。苦しげなため息が漏れる。局後に丸山が明かした読みは、第5図から△8七銀成▲8五歩△8六歩▲5八銀△7四角成▲2一飛成△3一歩▲3二竜△6三馬▲3一竜△4一馬▲4二金△6二玉▲4一竜△5九銀▲9六角(C図)というもの。「これが第一感だけど、どうも勝てない」と丸山。手順中△5九銀が退路封鎖の手筋だが、▲9六角が妙防だ。

2_c

 20分以上の時間を費やして放たれたのは、ふわっとした△2六歩。▲2六同飛なら△2五歩と止めればいい。感想戦では「甘い手と思って後悔した」と話した丸山だが、読みの入った最善の受けだった。

丸山が2回戦進出

2_6

 先手は飛車の利きを止められて、後手玉に迫ることが難しくなった。「最後は大差になってしまった」と千葉。投了図の先手玉は△6九金までの詰めろで、適当な受けがない。

 丸山は序盤でつまずいたものの、中盤から巻き返して最後は圧倒した。千葉は序盤でわずかにリードしたが、優位を拡大する手段が難しかった。千葉は普段からよく将棋会館に顔を出している棋士で、穏やかな性格とのんびりとした口調で場の雰囲気を和ませてくれる好人物だ。本局では打って変わって、鋭い眼差しと鬼気迫る表情が印象に残る。取材後にぽつりと語った「弱すぎました。また頑張ります」という言葉に、秘めた闘志を感じた。

(観戦記者:松本哲平)

 

叡王戦公式サイトより引用

「将棋」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング