ニコニコニュース

話題の記事

オウム真理教・元信者が明かす施設での1日がこちら

「かわいそうだから生き物は殺さない」しかし人間は殺すオウム

ニポポ:
 「オウム食」に関してですが、パンなど甘いものが出たりしているみたいですけれども。

滝本:
 
時期によって違うんです。塩も使わない。

沢木:
 そう、あとはイースト菌も使わないですね。だからパンも硬い(笑)。

滝本:
 菌が死んじゃうというのが可哀想なんですよ。オウムはネズミもゴキブリも、生き物だから殺さない。でも人間は殺すんだけど。

ニポポ:
 そこ、謎ですよね。

沢木:
 ビフィズス菌を殺すからヨーグルトも食べない。

滝本:
 けど、さすがに栄養失調で子供が可哀想だとなって、94年にはバナナが加えられた。

ニポポ:
 バナナは栄養たっぷりですからね。

沢木:
 基本は水炊きがメインなんですけど、時期によってはすいとんとかもありました。あとは具無しのラーメンですけど、どこかの安い製麺機をただでもらって作っていた。

滝本:
 印刷機とかもどこかの新聞社の安いのを買っていたり。あとはサットヴァジュースという粉ジュースとか、女性の生理用品とかも自分たちで作って使うのがオウムなんです。

 農業は農薬を使えないからやっていませんでしたけどね。その薬品を使って化学兵器を作ったりとかしていましたが。

ニポポ:
 そうか。サティアンとかも自分たちで組み立てたり。

第7サティアン(画像は滝本弁護士より提供)

滝本:
 建築士もいたので、建物も自分たちで組み立てていたみたいです。

“オウム食”を実際に食べてみた

ニポポ:
 では、当時のオウム食を再現したものがあるので、実際に食べてみましょうか。

滝本:
 タッパーのまま食べるんです。まあ、本来は一人分ずつタッパーも分けるんですけど。

ニポポ:
 (笑)

スタッフ:
 昆布とシイタケで出汁を取りました。

ニポポ:
 これ、美味しいな(笑)。

滝本:
 毎日これじゃ飽きちゃうけどね。

ニポポ:
 確かに毎日はパンチないけれど、出汁でこれだけ美味しくできるんですね。

―関連記事―

地下鉄サリン事件で公安関係者が想定した最悪のシナリオ「日本は彼らの支配下に置かれる危険性があった」

「民主主義の対義語は沈黙である」地下鉄サリン事件後のオウム真理教ドキュメンタリーを、マスメディアの同調圧力に抗った堀潤が語る

【ザ・新興宗教】セックス教団『リトル・ペブル同宿会』潜入レポート。教団責任者が唱える″償いのセックス”に密着

この記事に関するタグ

「報道」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング