ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

「豊島? 強いよね」当時のエピソードを佐藤紳哉七段が語る。「リハーサルの方がうまく言えた」「本当は撮りなおしたかった」

 ニコニコ生放送で中継された『第3期叡王戦・五段予選』にて、棋士の佐藤紳哉七段が解説として、女流棋士の貞升南女流初段が聞き手として出演しました。

 将棋界を盛り上げるためにファンサービスを惜しまない佐藤七段。番組内の視聴者のメールを紹介するコーナーでは、当時話題になった「第62回NHK杯将棋トーナメント」での対局前インタビューについて「本当は撮りなおしたかったけど、(対局前だから番組スタッフが)気を遣ってくれてNGを出さなかった」「リハーサルの方がうまく言えた気がする」など裏話を語りました。

左から貞升南女流初段、佐藤紳哉七段。

将棋年鑑のアンケートで笑いをとりにいくも、すべってしまう

貞升:
 東京都の男性からのメールです。「佐藤七段は15年ほど前、好きな言葉は『ネギラーメンのネギ抜き』と仰っていました。現在の好きな言葉は何でしょうか」ということなのですが、ネギラーメンのネギ抜きがお好きだったんですか。

佐藤:
 いや。ただすべっただけなんですよ(笑)。

貞升:
 (笑)

佐藤:
 おそらく将棋年鑑のアンケートで好きな食べ物の欄があって、面白いことを書きたいなと思ったんですが、すべっていますよね。ただそれだけの話なので、今になって引っ張り出されるのは非常に恥ずかしいです(笑)。

『平成29年版 将棋年鑑 2017』
画像は Amazon より

佐藤:
 今年の将棋年鑑にもアンケートがあって「利き手はどっちですか」みたいな質問だったんですが、普通は右手とか左手って答えるでしょ? 「真ん中の手」って答えたんですよ。

貞升:
 (失笑)

佐藤:
 下ネタかどうかはさて置き、それもちょっとすべってますよね。

貞升:
 15年前からあまり成長されていないということですか?

佐藤:
 なかなか人間は成長しないですよね。

本当は撮りなおしたかった「豊島? 強いよね」の裏話

貞升:
 東京都の男性からのメールです。「豊島七段との対局で放ったあの有名なセリフ【※】は、実際どのような狙いがあったのでしょうか。ファンサービスの一環か、話題を呼ぶための戦略なのか、それともほかの意図があったのでしょうか」ということですが、いかがでしょうか。

※あの有名なセリフ
2012年4月のNHK杯将棋トーナメントの対局前のインタビューにて放ったセリフ。対局相手の豊島将之七段の印象について「豊島? 強いよね。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど俺、負けないよ」と述べ、対局の抱負について「えー駒たっ…… 駒たちが躍動する俺の将棋を、みなさんに見せたいね」と述べた。この出来事は将棋界だけではなく、ネット界隈でも大きな話題となった。なお対局では敗れた。

動画はこちら『将棋界のスーパースターSHINYA!

佐藤:
 これ、よく聞かれるんです。みなさんに「将棋界を盛り上げるためにやっている」なんて、温かい言葉をかけていただいて、ありがたく思います。なんていうか……これは遊び心ですよね(笑)。

貞升:
 これは事前に考えたんですか?

佐藤:
 はい、前日に一生懸命考えました。NHKの放送以前からニコ生ではかつらを取ったり、かぶったりしていたので、一定の層のファンから「なんかやってほしい」という期待があったんですよね。

 その中でNHKでどのくらいのことができるかと考えた上で、あんな感じになっちゃったということですね。

将棋ファンにはお馴染みのかつらを外した佐藤七段。どのタイミングでかつらを外すか楽しみにしている視聴者も多いとか?

貞升:
 NGとか撮り直しにはなりませんでしたか?

佐藤:
 本当は撮り直しさせてもらいたかったですよ!

貞升:
 どのあたりですか?

佐藤:
 やっぱり「駒たっ、駒たちが……」という部分。「撮り直し」って言われるかなと思っていたんですけど、(番組スタッフの方が)スルーだったので、こっちから「撮り直しさせてください」って言うのも変だし、そのまま撮ったものが流れちゃったという感じですよね。

貞升:
 NHKの方は事前に知っていたんでしょうか。

佐藤:
 事前にリハーサルをしたので、そこで「なんだこいつ」みたいな感じでしたけど、対局前の棋士には結構気を遣っていただけるんですよね。だから「何、それ」とか言われなかったんです。

貞升:
 リハーサル通り、本番にいったんですよね?

佐藤:
 はい。ただ、リハーサルの方がうまく言えた気がするんですよね(笑)。(番組スタッフの方が)対局者にすごく気を遣ってくれたあまり、NGを出さなかったんですよ。「対局前にこんなことを何度もやらせるのも辛いだろうな」と思ったんでしょうね。そういうことで、あんな感じのインタビューになりました。

貞升:
 なるほど。逆に噛んだりしたからすごい面白くて、注目されたのではないでしょうか。

佐藤:
 噛んだのは狙ってやったわけではないんですけれどね(笑)。

この記事に関するタグ

「将棋」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング