話題の記事

『ダークソウル』弱武器スナイパークロスでRTAに挑戦。 1時間切りの記録を出すため誉れを捨てたガチプレイをご紹介

 多くのゲームには多かれ少なかれ、何らかの理由により使用が避けられるような武器やキャラクターというものが存在する。

 クソ武器やクソキャラなど呼ばれるものには、極端に性能が低かったり、デメリットが大きかったり、上位互換の入手が容易であったりと、使用されないなりの理由があり、日常使いされないものがほとんどだ。

 しかし、一方でゲームをやり込む者にとってはそういった不便さのある武器などには逆に魅力があるのか、実況プレイ動画などでは度々、クソ武器のみで攻略を進めるものが投稿される。

 今回紹介するのも「10人いれば10人が認める」とすら言われるクソ武器を使用してRTAに挑戦した動画。ますさん投稿の『ダークソウルRTA Any% シン・スナイパーワロス 53:31【ずんだもん】』だ。

 この動画は重い・遅い・要求高いの3拍子揃ったクソ武器、クロスボウ「スナイパークロス」を用いて『DARK SOULS REMASTERED(以下、『ダークソウルR』)のAny%RTAに挑戦するというもの。

 今回は視聴者から「かわいそう」とまで言われた『ダークソウルR』のクソ武器RTA。その辛すぎる戦いをご紹介する。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『エルデンリング』主人公が感じる“グレートソード”の重さは缶コーヒー程度? 特大剣を振るう腕力と握力を大真面目に検証してみた

『エルデンリング』対人戦でネタ武器や隠密プレイを披露! 多彩なプレイで“侵入”し、視聴者を魅了する実況シリーズをご紹介

重くて、遅くて、扱いづらいクロスボウ「スナイパークロス」で挑むRTA

 さまざまな武器を使用して『ダークソウルR』のRTAに挑んでいるますさんが、今回の動画で使用するのはクロスボウの中でも大型の「スナイパークロス」。

 ますさんによれば、10人いれば10人が認めるクソ武器であり、およそ実践で使うことが出来ないレベルの弱武器であるという。

 アクションゲームなどで武器の使いやすさに差が生まれることは珍しくないが、ここまでこき下ろされるのは中々珍しいもの。

 いったい何故、ここまで低い評価を受けているのか? その裏には弱点の多すぎる武器の特徴が影響していた。

 スナイパークロスは本作に登場するクロスボウの中でも大型であり、同種の武器の中では最も長い射程距離を誇る武器だ。

 長距離からの狙撃には魅力を感じるところだが、一方でスナイパークロスは同種の中では重く、さらに高めの筋力と技量が要求される。さらに、本作に登場する同種の武器3種に比べ、発射後の硬直が1秒以上も長い。

 また、長所にも見える射程距離は、クロスボウには照準モードがないため、狙撃も特別やりやすいわけでもない残念仕様。

 純粋な攻撃力も特別高いわけでもなく、一度に3発の速射を行う同種の武器よりも長い硬直時間は致命的で、武器縛りで使用するにしてもボス戦などで悠長に撃っていられるレベルを超えている悲しい武器なのだ。

 さて、そんな褒めるところがとにかく少ないスナイパークロスでのRTAだが、ますさんがこのRTAを走るのは2度目。今年2月にも同様の種目に挑戦しており、1時間13分の記録を投稿していた。

 前回記録では1時間切りを達成できなかったことを悔しがっており、今回のRTAではスナイパークロスでも1時間切りの記録が出せるという証明のため奮闘している。

誉れを捨て、スナイパークロス1時間切りの証明を達成

 その使いづらさ故に、過去には1時間切りは無理とも発言しているますさんが挑む今回のRTA。

 動画では前回同様にスナイパークロスの性能に苦しめられる様子が収められながらも、誉を捨て貪欲にタイム短縮を目指すプレイも確認できる。

 本動画で最初にスナイパークロスの活躍を見せたのは動画時間7分30秒ほどのアイアンゴーレム戦。

 この戦闘では独特の硬直の長さを立ち回りでカバーしながら戦う姿が映されているのだが、あまりにも辛い戦いが繰り広げられていた。

 何が辛いのか? まず矢が当たらない。これはスナイパークロスというよりも、クロスボウの特徴と思われるが、上手いこと狙えず近距離でもお構いなしに明後日の方向へ飛んでいく。

 さらに、硬直が長すぎて頻繁に攻撃を受けてしまい、落下での攻略を目指すも多少の苦戦を強いられてしまっていた。

 さて、まともな攻略はかなり難しそうなスナイパークロスでのRTAだが、今回の再走では前述の通り、誉れをすてた貪欲な戦いも披露。

 特にオンスモこと、竜狩りオーンスタイン・処刑者スモウ戦ではゲーム内屈指の強靭度を誇るハベル防具を持ち込み、相手の攻撃をものともしないゴリ押しプレイを実行。

 強靭度を持ってもしてもカバーしきれないスナイパークロスの使いづらさや、ボスの行動に振り回されたものの見事突破してみせた。

 その後も、薪の王グウィン戦ではハメ技を使用するなど、タイムのために手段を選ばない本気のプレイを見せ、RTAは見事1時間切り。40分台でのクリアすら見えてくる53分で『ダークソウルR』をクリアしている。


 あまりにも使いづらい「スナイパークロス」を使用して2度もRTAに挑戦したますさん。誉れを捨ててまでタイムを短縮した『ダークソウルR』RTAをぜひご覧いただきたい。

文/富士脇 水面

ダークソウルRTA Any% シン・スナイパーワロス 53:31【ずんだもん】

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『エルデンリング』主人公が感じる“グレートソード”の重さは缶コーヒー程度? 特大剣を振るう腕力と握力を大真面目に検証してみた

『エルデンリング』対人戦でネタ武器や隠密プレイを披露! 多彩なプレイで“侵入”し、視聴者を魅了する実況シリーズをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング