話題の記事

『ポケモン エメラルド』ゲーム開始~バトルフロンティアまで18時間で完全攻略。 ノンストップで金シンボルを目指したRTA動画をご紹介

 ゲーム開始からクリアするまでのタイムを計測し、その早さを競うRTA。

 実況プレイ動画やゲームプレイ動画が人気のニコニコでも非常に人気の高い実況プレイジャンルであり、これまで多くのRTAが投稿、配信されてきた。

 最新の人気タイトルから懐かしの作品まで、RTAはさまざまなタイトルで行われており、ランキングでも多くの動画がランクインしている。

 今回紹介するのもそんな人気のRTAに関する動画。りぷてさん投稿の『ポケットモンスター エメラルド 金シンボル制覇 RTA 17:52:56 Part1/9』だ。

 この動画は『ポケットモンスター エメラルド』をプレイし、ゲーム開始からゲームクリア後に開放されるやり込み要素のバトルフロンティアを完全攻略するまでのタイムを計測したもの。

 今回は非常に難易度が高く、攻略が難しいことで知られているバトルフロンティアを、ゲーム開始から18時間弱でクリアしたRTA動画をご紹介する。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『ポケモン エメラルド』最小戦闘ワンパンで攻略してみた。「積み」を多用し、序盤から200戦を超えるリセットに視聴者も阿鼻叫喚

『ポケモン エメラルド』サトシの手持ちだけでバトルフロンティアに挑戦! 100時間プレイ・2873戦の末「もうこの施設一生来ない」

高難易度で有名なバトルフロンティアの完全攻略RTA

 今回紹介するのは『ポケットモンスター エメラルド』殿堂入り後のやり込み要素であるバトルフロンティアの完全攻略に挑戦したRTAだ。

 RTAと言えばゲーム開始からエンディングが流れるまでのタイムを計測するイメージが強いが、一部区間だけを計測するものや、収集アイテムなども完全に回収するようなルールのものも珍しくない。

 本動画もゲーム本編のクリアよりもやり込み要素に重点を置いたもので、ポケモンリーグなどとは非にならない難易度で知られるバトルフロンティアの完全攻略がメインのRTAと言える。

 『ポケットモンスター エメラルド』に登場するバトルフロンティアでは7つのバトル施設が用意されており、それぞれの施設では連勝を重ねることで施設のトップであるフロンティアブレーンとの戦闘が発生。戦闘に勝利するとシンボルが獲得できる。

 フロンティアブレーンに勝利した証であるシンボルには、それぞれシルバーシンボルとゴールドシンボルが用意されており、今回のRTAでは7つのゴールドシンボルを集めることを目標となる。

 本RTAではゲームの開始からバトルフロンティアの7つ目のゴールドシンボルを獲得するまでのタイムを計測し、乱数調整などのテクニックも使用しながら、18時間弱でバトルフロンティアの完全攻略を達成。

 通常のプレイでも攻略が難しいとされているバトルフロンティアのRTAに、動画では多くの視聴者から困惑のコメントが寄せられていた。

3時間で殿堂入り、Part4から始まる金シンボルへの挑戦

 ゲームスタートからクリア後のやり込み要素であるバトルフロンティアまでノンストップで攻略する本RTAの解説を行う本シリーズでは、序盤からさまざまなテクニックが披露されている。

 例えばゲーム最序盤である御三家の選択。本RTAでは殿堂入り後の強敵まで見据えたプレイが要求されるということで、当然のように乱数調整を実行。

 いきなりの乱数調整による厳選や、「この個体は主流ではない」など乱数調整が前提であるRTAの説明に動画では「フレーム乱数調整が主流なのかよ(恐怖)」など困惑のコメントが多数寄せられていた。

 この他にもPart1では他のRTA走者によって確立されたという、野生ポケモンのエンカウントを固定するという驚きのテクニックも披露。

 RTA中の移動には欠かせないそらをとぶ要員のスバメと、テレポート要員のケーシィを捕まえたいりぷてさんは何やら116番道路の前でレポートを書いてリセット。

 カナズミシティから116番道路で固定化された移動ルートとタイミングをなぞると、特定のマスでスバメと遭遇。遭遇後もバッグを開くタイミングやボールを投げるタイミングを合わせることで、見事1発で捕獲することが出来た。 

 普段から乱数調整を行うようなプレイを見慣れていなければ、これだけでも驚きのプレイだが捕獲できたのは、まだスバメ1匹。

 まだ調整が続いている動画では、捕獲後もタイミングを合わせての操作や固定化された移動で2度目のエンカウント。

 解説によれば2度目のエンカウントはいくつかパターンがあるようだが、エンカウントしたケーシィもまた、タイミングを合わせた操作で捕まえている。

 パターンによって捕獲のタイミングが異なるほか、失敗すればテレポートで逃げられる状況で捕獲を見事成功させ、視聴者を驚かせていた。

Part3で殿堂入り、RTAの本編バトルフロンティアでもやぱり乱数調整

 RTA中に多数の乱数調整を行うなど、序盤から驚きのプレイを魅せた本シリーズだが、RTAの本編となるのはクリア後要素であるバトルフロンティア。

 動画ではPart3までのおよそ3時間で、殿堂入りからラティオスの捕獲までを完了し、バトルフロンティアに到着。Part4から長い長い戦いが始まっている。

 7つの施設でゴールドシンボル獲得を目指す本RTAで最初に挑んだのは、ポケモンの育成が済んでいなくても攻略が可能なバトルファクトリー。レンタルのポケモンでバトルを行う施設だ。

 バトルファクトリーではランダムに選ばれた6体のポケモンから3体のポケモンを選んで戦うということで、ここでも当然のように乱数調整を実行。

 動画では使いやすいポケモンを選びながら挑戦が続けられ、バトルファクトリーに入ってから40分ほどで最初のシンボルを獲得。

 その後しばらくは順調に攻略を進めていたものの動画時間13分ほどでは、2回目のブレーンが現れる6周目を目前に敗北。1時間ほどの挑戦がタイムロスとなってしまった。

 ロスは生まれてしまったものの、そこから1時間半ほどが経過した動画時間20分には2回目のブレーン戦が開始。

 それまでの道中では苦しい戦いも見せていたものの、ブレーン戦ではスターミーだけで余裕の勝利を掴み、記念すべき最初のゴールドシンボルを獲得している。


 18時間弱でバトルフロンティアを制覇した本シリーズは既に完結済み。ゲーム開始からやり込み要素の攻略までノンストップで駆け抜けた狂気のRTAをぜひご覧いただきたい。

文/富士脇 水面

ポケットモンスター エメラルド 金シンボル制覇 RTA 17:52:56 Part1/9

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい
『ポケモン エメラルド』最小戦闘ワンパンで攻略してみた。「積み」を多用し、序盤から200戦を超えるリセットに視聴者も阿鼻叫喚

『ポケモン エメラルド』サトシの手持ちだけでバトルフロンティアに挑戦! 100時間プレイ・2873戦の末「もうこの施設一生来ない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング