ニコニコニュース

話題の記事

カニバリズム(食人)について語らないか? 「人間が人間を食べたくなる理由」まとめてみた

高級食材としての人肉

マクガイヤー:
 あとは、高級食材としての食人というのもあります。人間の脳が高級食材というのもあります。それから、『アンチヴァイラル』という映画があったんですよ。あまりにもセレブが好きすぎて、セレブの風邪を売る商売ができるという話。

しまさん:
 セレブの風邪を売る商売?

マクガイヤー:
 セレブがかかった風邪からウイルスを分離して、そのウイルスをファンに与えるという商売なんですよ。で、みんな「同じ風邪に私もかかりたい」みたいな感じで、ウイルスを買っていくみたいな話で、それがどんどん進んでって、そのセレブの培養肉を売ったりする。

しまさん:
 なるほど。

マクガイヤー:
 「セレブの肉が食べたい!」みたいな。「あなたもこれを買えば、あのセレブと生物学的な交わりが出来ますよ」みたいな感じで、セールスマンが売ったりするんですよ。仕組みがまったくわからないんですけど、ウイルスのコピーガードとかある(笑)。

しまさん:
 リコーダーを舐める的な。

マクガイヤー:
 まさしくそう! リコーダーを舐めてあの子と同じ風邪にかかったら、ちょっと興奮しちゃう。面白い映画だなと思っていたら、本当にセレブの培養肉サラミソーセージを販売するサイトとかあったりするらしいんです。本当か嘘か分かんないんですけど。

しまさん:
 嘘だ! 

マクガイヤー:
 カニエ・ウェストの培養肉入りソーセージ、というのがネットに載ってました。

しまさん:
 ネットにはなんでも載ってる!

マクガイヤー:
 どう思います? しまさん、好きなアーティストとかいませんか。 

しまさん:
 ……食べたい?

マクガイヤー:

 もちろん、犯罪じゃなくてセレブにちゃんと許可をとるわけですよ。「あなたの肉を培養してもいいですか」って。

しまさん:
 食べたくないよね(笑)。 

マクガイヤー:
 この映画の中ではこれが商売なんです。でもちょっと考えたんですけど、例えば福山雅治の培養肉だったら……。食べたい人、いるんじゃないですか。

しまさん:
 そういう人も、この世の中は広いから、探せばひとりくらいはいるかも。

マクガイヤー:
 食べても福山雅治は死なないわけですよ。むしろ福山雅治にお金が入る。福山雅治の肉が食べられるし、福山雅治の応援もできる。 

しまさん:
 うーん(笑)。

異常者・オリジナル宗教としての食人

マクガイヤー:
 ちょっと話を変えると、異常者のオリジナル宗教としての食人というのがあります。つまり、社会的な食人というのは、部族の食人とかになっちゃうんですけど、明らかに頭のおかしな人がオリジナル宗教として食べるっていう。僕たちは異常者って言ってますけど、この人たちの頭の中では筋道がちゃんと通ってるわけで、オリジナル宗教をひとりで信じている。食人することで、何かが生まれるんだ、未来へ一歩進められるんだ、みたいな。

しまさん:
 なるほど。

マクガイヤー:
 映画の『八仙飯店人肉饅頭』というのは、人肉をまんじゅうにしてみんなに食べさせてるんですけど、布教してるわけですよ。

画像は『八仙飯店之人肉饅頭 [DVD]』Amazonより。

マクガイヤー:
 この映画は実際にあった事件を元にしてるんですよ。 今までいろいろと紹介して来ましたけれども、この辺で整理しましょう。

しまさん:
 お願いします。

次のページ » カニバリズムの分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「生活」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング