話題の記事

タイトルが長い「なろう系小説」トップ5! 長文タイトル+長文サブタイトルの合わせ技で100文字超えの題名がコチラ

 今回ご紹介する動画は、かやさんの投稿した『なろう小説タイトル長すぎ問題』です。タイトルが長い小説ランキングを15位から紹介しています。この記事ではその中から抜粋して5位以上をご紹介します。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 現在、「なろう系小説」とくに異世界転生モノのタイトルの長さがインフレを起こしているのは皆様ご存知だと思います。

 もともと小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿されているタイトルは長いというのは、一種の様式美のようなものがあったのですが、最近は特にその傾向が顕著です。

 初期の頃は「長文タイトル」に、中期には「長文タイトル」に「短いサブタイトル」がつくようになります。

 そして近年では「長文タイトル」に「超長文サブタイトル」や「超々長文タイトル」が……というパターンが出てきており。傍目から見ると、もう収集がつかないような状況になっています。

 

 それでは「なろう系」の長文タイトルランキングです。

 第5位「予算ゼロ!? 錬金術協会で基礎研究をしていましたが、退職して学生時代の友人(女騎士)の開発環境を手伝うことにしました。下準備を一手に引き受けていた古巣から泣きが入りましたが、今さら戻るとか無理なんで。」

 99文字です。

 第4位「雑用付与術視が自分の「最強」に気付くまで〜迷惑をかけないよう、出来れば役に立つように生きてきましたが、追放されたので好きに生きることにしました。そちらのパーティーが崩壊しているようですが知らないです〜」

 総文字数115字。

 第3位「生産魔法師、休みなし・安月給のブラック騎士団に、生産職のくせに生意気だとクビにさせる〜代わりが見つからす、金も武器もなかなったから戻ってこいと言うが知らん。こっちは辺境で楽しく生産ライフを送っているので」

 総文字数123字

 第2位「砂魔法で砂の王国を作ろう〜砂属性なんて使えないと国から砂漠に追放されたら、魔法で砂の城を生み出し、オアシスを作りスローライフを満喫していた筈が、いつの間にか祖国を上回る巨大国家が出来上がっていた!〜」

 総文字数126

 そして、第1位は……。

 「無駄だと追放された【宮廷獣医】、獣の国に好待遇で招かれる~森で助けた神獣とケモ耳美少女達にめちゃくちゃ溺愛されながらスローライフを楽しんでる「動物が言うこと聞かなくなったから帰って来い?今更もう遅い」~」

 なんと総文字数134

 現在のなろう界隈では、今回紹介したような「ざまぁ系」が流行していますが、言い換えればこれは「勧善懲悪系」ともとることができます。

 例えばシンデレラも一種の「ざまぁ系」ではないでしょうか。

 タイトルは「意地悪継母に重労働を強いられていた私〜しかし魔法使いの力を借りて大変身 えっ、王子様が私にプロポーズ?〜なんか継母がってるけどもう遅い」になるかもしれませんね。

 水戸黄門も半沢直樹もいわゆる「ざまぁ系」であり、人はそういう勧善懲悪ものでスカッとするのが好きなんでしょう。『水戸黄門』も『半沢直樹』も同じく勧善懲悪ものですね。

 よってなろう小説でもこういったジャンルが流行するのは当然の流れなのかもしれません。

 投稿者たちはそういった内容で、多くの人を楽しませようとしているのですね。

 動画ではランキングの第19位から紹介しています。ぜひ、ノーカットで動画をご覧ください。

視聴者のコメント

逆に短すぎるとホラーやミステリーになる罠
読者獲得の為に内容が伝わるようなタイトルにしとるんじゃろ?
おかげさまで本屋の本棚がカオスなことになってるよ

▼動画はこちらから視聴できます▼

なろう小説タイトル長すぎ問題

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

「売れる小説の表紙はこう描く」講談社ラノベ文庫編集者がイラスト付きで解説した例がとってもタメになる

ノーベル文学賞すごい「受賞すれば何もしなくても年収8000万」作家・冲方丁さんが高校生に小説家の“夢と厳しさ”を指南

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ラノベ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング