話題の記事

野生動物ですら食べない“アメリカオニアザミ”を調理して食べてみた! なんとも言えない味と食感に「これはだめ」「やっぱり誰も食べないのは理由がある」

 今回紹介するのは、may(メイクインちゃん) さんが投稿した『【思い詰めて野草を食べてみよう】#01 アメリカオニアザミさんで「地獄」!』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

野草きりたんリスペクト動画です(本人了承済み)
せっかくなのでらむさんがやらないようなことをしました。私ももうやりません。


 投稿者さんが外来種の「アメリカオニアザミ」を食す動画が投稿されました。場面は河川敷でアメリカオニアザミを採取するシーンからはじまります。

 ガッツリ採取してお持ち帰りしたアメリカオニアザミを、たっぷりと沸かしたお湯で茹でていきます。

 茹でること数分……このあたりで投稿者さんは「茹でて柔らかくなるタイプじゃない」と察した様子。とりあえずザルにあげます。

 このあとはひたすらハサミでトゲを取り除きます。

 蕾は包丁で半分にカット。アザミといえばここの部分です。これはアーティチョークの可食部と同じだそうです。さあ、お皿に盛り付けて、いざ実食です。

 醤油とからしをつけて食します。投稿者による品評がこちら。細かい毛が気になるものの、許容範囲だそう。

 部位によっては美味しいところもあり、また逆に全く食べられない部位もあったようです。アメリカオニアザミを採取する様子や調理の過程をご覧になりたい方はぜひ動画を参考ください。

視聴者コメント

うわぁ……
メチャメチャトゲトゲしてんね
食害で有名な日本のシカですら食わない雑草らしい
これはだめみたいですね・・・
やっぱり誰も食べないのは理由があるんすねぇ

▼動画はこちらから視聴できます▼

【思い詰めて野草を食べてみよう】#01 アメリカオニアザミさんで「地獄」!

―あわせて読みたい―

【真似しないで】トリカブトを丸かじり! リアルサバイバーの体を張った“春の食べられる野草講座”が危険すぎる「この一株で二人殺せます」

野菜は用水路産の野草、ソースはいつものドブ汁、さらにはパンツマン乱入。カメ五郎のワイルド肉料理がトラブル祭だった(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「料理」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング