ニコニコニュース

話題の記事

「直木賞作家になれました!」受賞会見で記者席に紛れた同級生からの質問に会場が大爆笑

 第156回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、ニコニコでは各賞受賞と受賞者記者会見の模様を生放送しました。芥川賞は山下澄人さん(50)の『しんせかい』(新潮7月号)に、直木賞は恩田陸さん(52)の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)に決まりました。

 恩田陸さんへの記者会見では、ニコニコ運営がユーザーからの質問を投げかけました。「ニコニコ動画は見ていますか?」という質問には、「見てます!」と即答でにっこり笑顔。「受賞作品『蜜蜂と遠来』で一番好きな登場人物はいますか?」という質問には、「書いてて一番楽しかったのは、マサル・カルロスという子が出てくるんですけど、彼の師匠であるラサネール・シルバーバーグですね」と語りました。

 恩田さんと水戸一高時代に同級生だったニコニコ運営から「水戸の同級生の間でも、盛り上がっているんですが。水戸一高の同級生に一言」という超個人的な質問に会場は盛り上がり、恩田さんも笑顔で、「直木賞作家になれました!」と受賞の喜びを素直にコメントしました。

 また、「選ぶ側と選ばれる側という形で、恩田さんご自身も作品を選ぶ側に立つことがあると思いますが、そういった経験が今回の作品に、具体的に影響はありましたか?」という質問に対しては、「私も選考員をやるようになって“選ぶ”って恐ろしい、難しい事だなっていうのを年々ひしひしと実感している」「少なからず、今回の作品のテーマには影響しています」と言葉を選びながら慎重に語りました。

 最後に一言と司会に振られると、「これまで長い間、書く場所を与えてくれた出版社と編集者の皆様にお礼を言いたいと思います。ありがとうございました」と会見を締めくくりました。

「報道」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング