ニコニコニュース

話題の記事

「ポプテピはアニメじゃない」アニメ大好き芸人・ハライチ岩井が『ポプテピピック』大絶賛の風潮に反論

「シュールをやりにいったら、ネタとか劇とかできない」

二ノ宮:
 同じセリフで同じ絵に声をあてるって、声優さん同士だと割とシビアと言うか、戦々恐々っていう感じで、実力が出ちゃいますからね。

──それで言うと実力もわかるけれど、実は声優さんたちも守られていて、これが『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のヴァイオレット・エヴァーガーデン役を何人かで交代でやっていたら、完全に実力の差が出ていると思うけれど、たかが『ポプテピピック』だからっていうところでの、ちゃんと役者さんも守られている。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン。
(画像はTVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイトより)

二ノ宮:
 しかも、筋書きがしっかりしているコントとかではなくて、ただの理不尽。シュールっていう、よくわからないオチなしのやつ。

岩井:
 シュールをやりにいっちゃいけないんですよ。シュールをやりにいったら、ネタとか劇とかできない。

 たとえば舞台があります、何時に劇場に集合してくださいって言って、みんなでそこの劇場に行かずに、蕎麦屋で蕎麦を食べている。これがシュールです。そこに行って、演劇をやっている時点でシュールじゃない。

二ノ宮:
 なるほどね。枠にはまってる。

岩井:
 枠にはまっちゃいけないんです。

二ノ宮:
 本人の中に意図と納得できるものがあってやっていて、周りにそれがシュールに見えているというのはいいけれどっていうことだよね。

岩井: 
 そうそう。

二ノ宮:
 だから「シュールなことをやります」って言ってやっても、もう何でもよくなるじゃんってこと。

岩井:
 むしろ「シュールなことをやります」って言って、めちゃめちゃ真面目なことをやっているほうがシュール。そういうことです。

―関連記事―

『ポプテピピック』須藤Pが語る制作秘話。「オンエア前は社内で見向きもされなかった」「毎週、“電話かかってこないで”と祈ってやっと解放される(笑)」

蒼井翔太が実写介入でタイムリープするわ歌って踊るわカオスな展開! ニコ生コメントと振り返る『ポプテピピック』第12話盛り上がったシーン

「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ
公式Twitterをフォロー

アクセスランキング