ニコニコニュース

話題の記事

『からかい上手の高木さん』“胸キュン悶絶シーン”ベスト3を主演声優とOP歌手が発表「高木さんの「え~、ずるい」って言う、あの声がずるい!」

 とある中学校で隣の席になった女の子・高木さんに何かとからかわれる男の子・西片くんが、からかい返そうと日々奮闘する“からかいコメディ”として話題を集めているアニメ『からかい上手の高木さん』。

 ニコニコ生放送では「「特番「からかい上手の(生)高木さん」が放送され、高木さん役の高橋李依さんとアニメ主題歌を歌うシンガーソングライターの大原ゆい子さんが出演し、過去放送からおさらいしたいお気に入りシーンを第6話~8話からランキング形式で振り返りました。

『からかい上手の高木さん』
(画像は公式Twitterより)

―関連記事―

アニメ『からかい上手の高木さん』“胸キュンシーン”を出演声優が振り返り――「静かな教室でふたりっきりだとさ、世界にふたりしかいない感じしない?」

高木さんの笑顔がかわいすぎてキュン死確定! ニコ生コメントと振り返る『からかい上手の高木さん』第9話盛り上がったシーン


高橋さんが選ぶ第3位は7話「水着を中井くんから隠すところ」

左から高橋李依さん、大原ゆい子さん。

高橋:
 まずは私が選んだ第3位から発表していこうと思います。第3位はこちら!

大原:
 これはあれですよね。西片にしか見せない。

高橋:
 それそれ! 見せてあげない。水着を中井くんから隠すところです。これ、本当に真野ちゃんグッジョブなんですけれど。めちゃめちゃいいシーンなんですよね。私も好きなシーンだなと思いました。

 一言だけ「中井くん」って呼ぶんですけれども、その中井くんに対する一言だけをとにかく意識しました。ちょっと一言トーンを変えたので、そこを感じ取ってもらえていたら嬉しいなと。

大原:
 それを聞いたら、またそこだけ見たいです。

大原さんが選ぶ第3位は8話の二人乗り完成で「え~、ずるい」

高橋:
 次はゆいこりんが選んだお気に入りシーン第3位。

大原:
 こちらです。

高橋:
 あら!

大原:
 高木さんが「え~、ずるい」って言うというところがあるんですけれども、あの声ずるい! と思って。

高橋:
 ずるい自体がずるい?

大原:
 ずるいです。キュンとかじゃなくて、「もう一回言って!」みたいな。

高橋:
 ちょっとわかんない(笑)。

大原:
 この顔もいいですよね。

高橋:
 確かにこの眉の感じというか、本当にこの顔ずるい。これはあれですよね、二人乗りが成功して、「ちょっと寂しい? それともさっぱりする?」って聞いて、「両方」って。答えにくい質問をしちゃって、「両方」って言ったら「え~、ずるい」って。

大原:
 それです!

高橋:
 そこから「二学期始まっちゃうね」というところまで好きという情報も聞きました。

大原:
 原作でやらなかったんです。そこのシーンをオープニングの前にやるっていうのが……もう最高でしたね。ありがとうございます。

高橋さんが選んだ第2位は7話の西片の部屋にあった「現状維持」

高橋:
 それでは続きまして私が選んだ第2位はこちらです。

 これどうですか? 現状維持です。これは大変じゃないですか。第7話の部屋のシーンでございまして、西片の部屋に行ったときに、なんと壁に「現状維持」がとても綺麗な字で貼ってあると。この「現状維持」の字、西片の字ではない。

大原:
 これもらった?

高橋:
 これもアニメオリジナルの「現状維持」なんですよ。だって「現状維持」が貼られるまでの期間に何があったのか、描いてないじゃないじゃないですか。アニメで描いてないくせに壁に貼ってあるんですよ。何が起きたのか。

大原:
 そこ、やってください! 知りたい!

高橋:
 西片の部屋は「西片っぽいね」って高木さんも言っていて、「別に褒めてはないかな」とか言うじゃないですか、でもあれは褒めるに値するよ! 「現状維持」を褒めるべき。「現状維持」のことで高木さんが見てフッと見てクスっとするところが、どれだけ幸せなことか。高木さんも心臓バクバクだと思います。

大原:
 だって好きかどうかわからないですけれども、好きな人の部屋に自分の字が飾ってあるんですよ。

高橋:
 やばい!

大原:
 やばいですよね(笑)。

高橋:
 高木さん頑張ったね! 高木さんと女子友の気分なんですけれど、友達として、「すごくない? よく西片くんに貼ってもらえたよね」みたいな。「どうやったの高木ちゃん?」みたいな(笑)。

大原:
 「いつ渡したの? 貼ってって頼んだの?」みたいな。

高橋:
 それ聞きたい! ストレートに聞きたい! 高木ちゃん、なんて答えてくれるのかな。でも何か勝負したのかな。勝負した結果、お互い交換するか、それか現状維持を意識させるような、からかい方をしたんじゃないかと思う。現状維持をしなければ、高木さんに負けてしまうぞというくらいの何かを引っ掛けたのではないかと。

 完全にただの一オタクとしての見解ですので、そこはいろいろみなさん、想像していただいて、楽しんでいただければと思います。

「アニメ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング