ニコニコニュース

話題の記事

早指しすぎて記録係が中断の申し出。田村康介七段の“マッハ指し”エピソード。持ち時間「3時間」で消費したのは……?

 将棋の対局において、与えられた持ち時間を十分に消費する棋士がいる一方で、持ち時間をあまり消費しない“早指し”スタイルの棋士もいます。

 ニコニコ生放送の『第30期竜王戦 七番勝負 第5局』に、棋界一の早指しとも称される田村康介七段が解説として出演。

 田村七段は、記録係が中断を申し出るほど超マッハ指しとなった過去の櫛田陽一五段(当時)との対局について、当時を振り返って「慎重に指せば絶対負けない将棋だったんですけど、やっぱり粗さが出ちゃうんですよね(笑)。10分考えてしっかり勝ってもこれは意味がないことだと思っていたんで」と自身のスタイルを貫いた理由を語りました。

左から、本田小百合女流三段、田村康介七段

■関連記事
佐々木勇気六段と藤井聡太四段、どちらが足速い? 永瀬六段が語るエピソードが微笑ましい

「豊島? 強いよね」当時のエピソードを佐藤紳哉七段が語る。「本当は撮りなおしたかった」

■ノータイムの早指しで記録係がギブアップ

本田:
 神奈川県の男性からのお便りです。「以前、全日本プロ将棋トーナメント(朝日オープン将棋選手権)の田村康介四段対櫛田陽一五段戦(段位は当時のもの)、これぞ究極の早指し対決として話題になった一番について質問です」

 「櫛田先生の先手三間飛車に対し、田村先生は居飛車穴熊。この勝負、なんと終盤の70手目まで双方ノータイムの指し手が続き、それも1手3~4秒という指し手がほとんどで、記録係の上野1級(当時)は棋譜の略号をメモにしながら記録を取っていたが、あまりの速さについていくことができず、ついに対局中の中断を申し入れるという異例のハプニングまで起きた、という記事を何かで読みました」

 「ちなみに櫛田先生の消費時間5分に対し、田村先生の消費は2分だけで、終局後の田村先生は感想を聞かれて一言、『時間だけは負けたくなかったんです』と言ったそうです。この対局で何か当時の思い出とか、他にも同じような対局がありましたら教えてください。また、自分より早指しの棋士を挙げるとしたら誰がいますか」ということですね。

田村:
 これ本当にあったんです。70手目ぐらい? 40手目ぐらいでもうギブアップしたような気がするんですけど。

本田:
 ギブアップ(笑)。どういうギブアップですか?

田村:
 記録の上野君が「ちょっと書き切れませんので」っていう。確かに1手3~4秒もかかっていない。1手1秒で駒も持たないでただ押すような感じで(笑)。

本田:
 早指しの将棋でしたけど、持ち時間は3時間でしたよね。

田村:
 櫛田さんにはもう、それこそ何十番何百番と練習将棋も含めて教わっていて……。

本田:
 櫛田先生も結構早指しの将棋ですもんね。

田村:
 もうめちゃくちゃ早いですよ。たぶん櫛田さんの方が私より早いんじゃないかな。3秒も考えたら「まだかよ」って感じですね(笑)。

本田:
 すごいですね(笑)。これ記録係が「対局中の中断を申し入れる」ということは……?

田村:
 もう無理なの。

本田:
 「もう棋譜書けないんで」と言って?

田村:
 このままどこかで(指し手が)止まると思っても止まらないわけ。終局まで行っちゃったらもう覚えていられない。私だったらもう全部見て頭に叩き込んで、最後に棋譜をつけるということをしていますけど。当時の上野君ではそこまで気が回らなかったんでしょうね。普通にしていれば、10分ぐらいしたら勝負は終わっているわけで。

 本田:
 中断して1回整理をしてそこまでの棋譜を書いてからどうしたんですか?

田村:
 20分ぐらい経って「大丈夫です」みたいな感じだったんで戻って指しました。それでも10時40~50分には対局が終わっていたと思います。

本田:
 対局開始が10時ですよね。20分の中断があったから40分(笑)。すごいですね。
 でも結果はちょっとあれだったんですね。

田村:
 70手目ぐらいまで必勝だったんですけど、中断でおかしくなりました(笑)。たぶん120~30手で負けたんですけど、95手目ぐらいまでは慎重に指せば絶対負けない将棋だったんですけど、やっぱり粗さが出ちゃうんですよね(笑)。

本田:
 そうなんですか(笑)。それは早指しの影響ではないんですか?

田村:
 早指しの影響なんですけど、そこで私が10分考えてしっかり勝ってもこれは意味がないことだと思っていたんで。

本田:
 時間で負けちゃうっていうことですか?

田村:
 直感で勝てないようではしょうがなかった。森先生にも食らったことあるんですね、本当必勝で、だけど向こうがすごいノータイムで指してくるから、くっついていったらだいたい逆転負け。

この記事に関するタグ

「将棋」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

2018 秋アニメ一覧 Nアニメ

アクセスランキング