ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

「当時のキャラは損だと思った」 Tehu氏、炎上の実体験&“調子こき時代”から目が覚めた理由を語る

 前回の対談で『怒涛のクソメディアラッシュ~1年を振り返る~』、『そろそろ決着したいPR問題』、『ネット記事のギャランティー』などをテーマに、ウェブメディアを斬りまくったネットニュース編集者の中川淳一郎氏と、ウェブライターのヨッピー氏

 二回目の対談となる今回のテーマは“なぜ人々は炎上するのか”。Tehu氏をゲストに迎え、炎上の実体験を独白。灘中学校の在学中にiPhoneアプリ「健康計算機」でAppStore世界総合ランキング3位に輝くや、その後、調子に乗りまくる発言を繰り返していたTehu氏も今や22歳。当時を振り返り、「謝罪したい」と語るその胸中に、中川・ヨッピーが鋭く迫ります。

■関連記事
ヨッピー&中川淳一郎、ネットにクソメディアが氾濫する理由を語る「ちゃんと取材して記事を書いたら大赤字なんですよ」

「炎上して集めたアクセスって、どこまで身になるの?」 個人・企業で相次ぐ炎上を徹底討論【ヨッピー&中川淳一郎&Tehu】

浦和レッズ挑発で炎上の上西議員、ゆくゆくは“総理大臣”に? 「そりゃ立候補したからには一生政治家ですから」

左から、中川淳一郎氏、ヨッピー氏、Tehu氏

Tehu氏の懺悔「調子に乗った発言を繰り返し、反省しております」

ヨッピー:
 本日は「なぜ人々は炎上するのか」と題して放送をお送りしたいと思うんですけど、開始早々、Tehu君から言いたいことがあるんですよね?

Tehu:
 はい。私、Tehuは、これまで13歳でインターネットの世界に名前を出させていただいた後、さまざまな調子に乗った発言などを繰り返してしまいまして……。

ヨッピー:
 ははは!

Tehu:
 みなさまに大変ご迷惑をおかけし、大変反省しております。その教訓を、この場でみなさんにお伝えできればなと思いますし、今後、私自身が気を引き締めて活動していけるように、この場でビシバシと叩いていただきたいなと思っております。

ヨッピー:
 (笑)。Tehuさんのことを知らない方もいらっしゃると思うんですけど、彼は過去何度も炎上してらっしゃる方なんですね。Twitter上で調子をこいた発言を繰り返して炎上したり、10歳のフリをして衆議院解散を批判するサイトを作って安倍総理から怒られたりして、長きにわたって、インターネット上でイジられ続けているわけです。

Tehu:
 はい……。

ヨッピー:
 個人的にお話したときにすごく面白かったので、これはぜひ公の場でやりたいなということで、今回お招きしたわけです(笑)。

中川:
 俺とは初対面なんだけど、Tehuさんはまだ22歳でいらっしゃるんですよね?

Tehu:
 22歳です。

中川:
 22歳に至るまでで一番日本で叩かれている方じゃないですか?

ヨッピー:
 ははは!

Tehu:
 そうかもしれないですね。少なくともこの時点では……(苦笑)。

中川:
 (AKB48選抜総選挙で)結婚発言をした元NMB48の須藤凛々花さんの次くらいに叩かれているんじゃない?

Tehu:
 あの方はものすごく短期間でしたけど、僕は長期間ですね。

ヨッピー:
 「Tehu君がニコ生に出ますよ」って、僕がTwitterで発信したら、Tehuウォッチャーの人たちから、人格を否定するようなリプライが飛んできましたからね(笑)。

中川:
 ほうほう、どんな内容の?

ヨッピー:
 「あんな性犯罪者を出していいのか?」みたいなリプライで。Tehu君って性犯罪者なんですか!?

Tehu:
 ……記憶にはないですね。

ヨッピー:
 記憶にはない!? そこはちゃんと否定しておこうよ!(笑)

Tehu:
 違います! 性犯罪はしてません!

ヨッピー:
 こんな感じで、性犯罪者とかものすごい言われようで。でも、そのTehuウォッチャーたちをブロックしていないんですよね?

Tehu:
 していないですね。

ヨッピー:
 それってすごくないですか? 僕だったら、あんだけ毎日言われ続けたら、さすがにブロックするけどなぁ。

Tehu:
 いやもう、ウォッチしていただいているので(笑)。

中川:
 むしろその人たち、ファンなんじゃないですか? 

Tehu:
 そういう風に友達からも、「ポジティブに捉えなよ」って言われるんですけど……。

過去の炎上発言という名の“焦げ付いた十字架”を背負い続けるしかない

中川:
 さっき「ジャイアンはいないの?」みたいなコメントが(生放送中に)あったけど、ジャイアンっていうのが熱心なファンなんですか?

Tehu:
 ファンかどうかは分からないのですが(苦笑)。ジャイアンさんという方が、僕のTwitterでリプライをする中で、チームを組んでいるような状況になっていまして。

中川:
 チームとは?

Tehu:
 僕のツイートが上がる度に、誰が一番上手い返しができるか? 要するに、誰が一番上手くディスれるか? みたいことが始まるんですよ。その中で、「それ面白い」「座布団何枚!」みたいなのがあって。

ヨッピー:
 ツイートするたびに、ディスり大喜利が始まるってすごいな(笑)。

中川:
 一番上手かった人に、Tehuさんが賞を与えればいいじゃないですか?(笑)

Tehu:
 僕も正直あんまり見ていないところもあるので(苦笑)。

ヨッピー:
 逐一チェックしてたら落ち込むもんね。

Tehu:
 はい……(うなだれる)。

ヨッピー:
 ブロックしていないこともすごいし、よくこれだけ叩かれていて発狂しないなって思いますよ。「どうして解散するんですか?」の件は置いておいたとしても、そもそもTwitter上で調子に乗る発言なんて珍しい話じゃない。しかもTehu君の場合は、中学生で天才と騒がれ、茂木健一郎さんやホリエモンなどと対談までしている。そりゃあイキリますよね。

中川:
 普通は、「すごい子がいるなぁ」で終わりだけどなぁ。

ヨッピー:
 僕が、もし同じような中学・高校時代を過ごしていたら、絶対にイキってますもん。すごい毛皮のコートを着て「俺やぞ!」みたいな(笑)。

中川:
 だろうね(笑)。

ヨッピー:
 つくづく高校生のときに、「Twitterがなくて良かったな」って思いますもん。

中川:
 僕もそう思う!

ヨッピー:
 僕、中高生の頃にTwitterがあったら100%バカなことしていますよ。

中川:
 俺だったら、絶対「SEXなう」とか書いてる!

Tehu:
 (笑)

ヨッピー:
 僕は多分、アイスケースに入るタイプだな。

中川:
 あとは、大学の研究室で小便を一升瓶とかに入れて、大学の庭にばらまいたりしていたと思う。

ヨッピー:
 あはは!

中川:
 「小便いっぱい出た~大学の庭にばらまいてるなう」って書いたら、今だったら炎上。バカッター認定ですよ!

ヨッピー:
 調子乗るべくして乗っちゃう時期ってあるし、Tehu君の場合は、周りの大人たちも悪かったんじゃないの? と思いますけどね。

Tehu:
 そういう側面もあったかもしれないですけど、僕自身は背負っていかなきゃいけないものがあるというか。過去の発言が、毎度スクリーンショットで送られてくるので(苦笑)。

ヨッピー:
 きついなぁ、それ!

この記事に関するタグ

「IT・科学」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング