ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

プレミアムフライデーの矛盾に投資家が言及。「消費税上げると言っている奴らが、消費にお金を回せって、どこの戯言ですか?」

 月末の金曜日に仕事の終業時間を午後3時に早めることで、低迷する個人消費の拡大を狙う『プレミアムフライデー』

 3月6日配信の『ニコ論壇時評』では、小飼弾氏山路達也氏が「そもそも、暇になったら金を使うのか?」と政府推奨のキャンペーンについて疑問を呈した。


プレミアムフライデーと消費拡大の矛盾点

山路:
 あまりプレミアムフライデーを満喫した人って、身の回りで聞かないんですけどね。

小飼:
 暇ができれば金使ってくれると思っているの?

山路:
 弾さんもが言ったように、暇になったら金を使うのか? みたいな、そもそもの話があるかどうかですよね。

小飼:
 そうそう。なんでお金配ってないのに、時間配ろうとするんですか? そんなにお金使って欲しかったら、消費税やめろと。消費税上げるとか言っているやつらが、消費にお金を回してくれって、本当どこの戯言ですか?

山路:
 弾さんは、消費税はむしろドンドン減らしていくべきだと。

小飼:
 最悪の形態の税だね。

山路:
 それよりは、所得税とかをもっと増やすなりとか?

小飼:
 その方がまだマシ。

山路:
 どうして、消費税というのが、良くないんですか?

小飼:
 消費に対する罰として機能しちゃうから。消費税って一番節税が簡単な税なんですよ。買うのを辞めたらいいんだから。消費を罰しているのは政府なの。

山路:
 それなのに、金を使えというという矛盾にあるという。

小飼:
 そういうことです。

「経済」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング