ニコニコニュース

話題の記事

とある”混浴温泉”潜入レポート 女性の背中を勝手に洗う「ボイラーおじさん」の正体とは

 潜入ライターとして活躍するニポポ氏が、5月28日放送の「ニポポのニコ論壇時評」にて、埼玉県比企郡吉見町にある混浴温泉「百穴温泉」に潜入したレポートを公開しました。

 潜入アイドルのみづきあかり氏とともに、目的地の温泉にたどり着いたニポポ氏は、温泉に潜む妖怪「ボイラーさん」の話を耳にすることに。その妖怪は、なんと利用女性客の背中を流しに来るという。

 本記事では、“謎の混浴温泉”潜入シリーズの【前編】として、百穴温泉の様子や、泉内に出没する妖怪ボイラーさんの生態について、ニポポ氏が体験したエピソードをお届けします。

左からニポポ氏みづきあかり氏

―関連記事―

関東某所の心霊スポットに寄ったら、とある「レジェンド声優」が訪れた痕跡を発見した件

【ザ・新興宗教】心霊スポット化した山奥の宗教施設に潜入したら500円払って修行体験することになった話「みなさんめちゃくちゃ親切でした」

【ザ・新興宗教】セックス教団『リトル・ペブル同宿会』潜入レポート。教団責任者が唱える″償いのセックス”に密着


謎の混浴温泉「百穴温泉」とは

ニポポ:
 それでは、「百穴温泉 春奈」のご紹介をしましょうか。

 はい。こんな感じですね。

みづき:
 7年前ぐらいですかね。

ニポポ:
 ここ、営業許可はちゃんと取られてますけれども、これが実は曲者であって。

 現状、「男女が全裸で一緒に入れるっていう混浴の温泉を作ろう」と言おうものなら、通常は許可が降りないんですよ。じゃあ、現状を維持していくしかないと。ということになるんですけれども、現状の維持をするには、どうするか。

 例えばですけれども、ボイラーがある。風呂桶がある。屋根がある。これ、どうしなきゃいけないでしょうか?

みづき:
 温泉やらなきゃいけないじゃないですか?

ニポポ:
 そう。だから、整備しなきゃいけない。これ、建て替えもリフォームもできません。

 ちょっと前に問題になったけれども、大宮の風俗街が全部建て替えができなくて、しかも、消防法に引っかかるような建物ばかりなんだけれども、それも改築できない。そこで大火事が発生して、人が亡くなるということがありました。で、火事になってどうなるかと言ったら、それ、取り壊すしかないんですよね。

みづき:
 うん。再築できないということですもんね。

ニポポ:
 そう。再建築不可。なので、同じように、混浴温泉も、今あるもののみ。で、あとは、増やすことができないので、維持管理がギリギリやっていけるものが、なんとか運営し続けていられるっていうような状況にあるわけです。

みづき:
 ピンチ。

ニポポ:
 ピンチでございますよ。という中で、百穴温泉がどのぐらいのクオリティを保っているのか? 次の画像に行ってみましょうか。

 はい。いい写真ですね。

みづき:
 (笑)

ニポポ:
 廃校になった小学校の体育館みたいなところが温泉になっています。これが、そこに向かうための唯一の廊下ですね。で、この画面をご覧になっていただくと、コカ・コーラの自販機がありますね。

みづき:
 自販機。

ニポポ:
 この自販機を超えた右手に入口がございますけれども、ここを入ったところに、5メートルから7メートルぐらいの廊下がありまして。そして、脱衣所があって、その奥が、いわゆる温泉になっているということでございます。

みづき:
 はい。

荒れ放題な中庭

ニポポ:
 で、これが中庭、かな (笑)?

みづき:
 (笑)。廃墟ですけどね。完全に。

ニポポ:
 完全に廃墟。そして、あの廊下に流しがありましたよね。その流しの上の窓をガラガラって開けたら、見える景色がこれです。

みづき:
 (笑)。別に見なくてもいい感じのクオリティの庭ですけどね。

ニポポ:
 で、この左手奥に、スプレーでぐにゃぐにゃと描かれた窓ガラスがある。

スプレーで白く塗り潰された窓ガラス。

 これによって、中が覗けないようになっている。要は、この中が温泉なんでございます。雑ですよね。

みづき:
 (笑)。ムラもめちゃめちゃありますからね。

ニポポ:
 そして、この入り口に入って、右手のちょっと上の方。ここが、いわゆるボイラー室。ここに、この百穴温泉の“妖怪”が住んでいると。


この記事に関するタグ

「ニコ論壇」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング