話題の記事

佐藤天彦名人に勝利した最強将棋AI『Ponanza』開発者・山本一成が語る強さの秘密

『Ponanza』の強さは、開発者にもわからない

やまだ:
 対局前は対戦者に『Ponanza』を貸し出しているそうですが、例えばコンピュータ将棋ソフトウェアを作ってるプログラマーの人たちにプログラムを解析してもらったりしてもいいんですか?

山本:
 プログラマーって中身を見てもなんで動くかは分かってないんですね(笑)。実はブラックボックス化がだいぶ進んでいて……。

やまだ:
 中身を見てもわからないんだ。じゃあ対戦者は『Ponanza』を何度もやり込むしかないんだ。

山本:
 コンピュータ将棋が強くなったのもプロ棋士の棋譜を使って強くなったのでお互い様ですね。

やまだ:
 プロの技術をコンピュータも学んで強くなったんだからコンピュータの将棋を強くしたのは人間だったんだよね。

山本:
 棋士の叡智を借りて抽出して将棋プログラムって作られていますからね。

やまだ:
 すごいよね。対局って中盤終盤はもつれこむんですか?

山本:
 間違いなくもつれこみますね。ピュータは中盤終盤が強いですから。

やまだ:
 コンピュータは疲れたり思考も低下しないしブレないからね。

写真は『Ponanza』の開発風景。

山本:
 読める指し手の量が秒間700万とか読めるので、人間は1秒1手ぐらいなのでそこら辺はコンピュータのほうが強いですね。

やまだ:
 対局中に山本さんが「Ponanza、なんでそこ指しちゃったんだよ!」って思うこともあるんですか?

山本:
 大抵そういうときは私のほうが間違ってますね(笑)。『Ponanza』はプロ棋士と戦えるすごいレベルにいるので私ではわからないですね。基本的に指し手は理解不能です。

やまだ:
 じゃあ開発者を超えてるんだから『Ponanza』が当日対局に来ないこともありうるね(笑)。「師匠を超えてんだから俺もう行きたくねーよ」と(笑)。

山本:
 素直な子だと思うので大丈夫です(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「将棋」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング