話題の記事

『Besiege』虫型兵器最強を決める戦い「蟲毒王者ムシヘンキング」開催 昆虫型、虫っぽい生物型、虫ということにした兵器などが繰り広げる熱い戦いを見逃すな!!

 目標などを達成のため、さまざまなパーツを組み合わせプレイヤーが思い思いの兵器を開発する物理演算系シミュレーションゲーム『Besiege』

 本作は中世ファンタジーのような世界の中で用意された城などの突破を目標に、投石器のような兵器から戦車や戦闘機など、プレイヤーの発想次第で多彩な兵器の開発を楽しむもの。

 ニコニコ動画でもオリジナルの兵器によるプレイ動画はもちろん、その自由度の高さからアニメなどの架空兵器の再現、車や鳥型航空機をはじめ兵器以外の開発などさまざまな作品が公開されている。

 今回紹介するのは攻城兵器はもちろん、兵器以外の開発も楽しめる『Besiege』で独特の戦いを披露した動画。たらちゃん(英国面)さん投稿の『【Besiege】蟲毒王者ムシヘンキング前編 VOICEROID実況』だ。

 この動画は一部界隈でカルト的人気を誇るパンジャンドラム開発でお馴染みのたらちゃん(英国面)さんが主催する対戦企画で、虫(っぽい、あるいは主催が虫と判断した)型の兵器でトーナメント戦を行うというもの。

 今回は切り株の上で虫のような兵器が熱い戦いを繰り広げた「蟲毒王者ムシヘンキング」をご紹介する。

―あわせて読みたい―
「完全に鳥やん…」試作を重ね『Besiege』で作られた「鳥型飛行機」。鳥そのものと化した完成度の高いフォルムがカッコ良すぎる

ガンタンクとパンジャンドラムの制作者がコラボ!? 『Besiege』でふたりの巨匠が生み出す砲塔マシマシ兵器が激しすぎる

虫(みたいな)型兵器最強を決める「蟲毒王者ムシヘンキング」

 今回紹介するのは前述の通り、イギリスの珍兵器として知られるパンジャンドラムの再現や、パンジャンドラムによるレース企画「P1グランプリ」の主催でも知られるたらちゃん(英国面)さん主催の『Besiege』対戦企画。

 本企画では主催のたらちゃん(英国面)さんを含む参加者が開発した虫っぽい兵器でトーナメント戦を実施。

 対戦の舞台となる切り株の上で独断と偏見で選出された虫型兵器たちが最強の座をかけた戦いを繰り広げるというものだ。

 なお、本稿では虫型兵器としたものの本企画では「蟲毒王者ムシヘンキング」ということで、虫型以外にも「虫っぽい」、あるいは「主催が虫であると判断した」というような一見虫のようには見えない兵器も登場する。

投げに押し出し、膝蹴りまで。三者三様のスタイルが魅せる熱い戦い

 さまざまな虫型兵器が最強の座をかけて戦う「蟲毒王者ムシヘンキング」。ここからは1回戦の様子が収録された前編の様子をご紹介しよう。

 たらちゃん(英国面)さんの選抜により切り株のステージに登ったのはこの8機。

 記念すべき第1試合では世界最大のカブトムシとしても知られる「ヘラクレスオオカブト」と、昆虫ではないもののムシの名を持つ「ダンゴムシ」が登場。

 虫をテーマとした戦いにふさわしい第1試合に続く第2試合では鎌のような前脚が特徴的な肉食昆虫「オオカマキリ」と、名前に虫が入っているからと採用された「テツワンテヅカオサムシ」が対峙。

 人型と巨大なカマキリが戦うという異常ながら、どこかで見たことがあるような光景を披露した。

 異色のマッチに続く第3試合では巨大なハサミが特徴的な淡水のヤバいやつ「キョクセンビノウマミザリガニ」と、どこかで見たことがある巨大なヤドカリ「マゴウコトナキヤドカリ」が登場。

 第2試合に続いて明らかに虫ではないものの、どこかの虫相撲でもザリガニとヤドカリは秘密兵器だったし、虫対決ではセーフというところだろうか。

 第4試合では風の谷から虫っぽい巨大生物「王蟲」が登場。対戦相手には主催者のたらちゃん(英国面)さんも参戦し、攻撃に特化させたという「タラノデビルクワガタ」を投入している。

 王道の虫型から昆虫の枠を外れた甲殻類型、果ては人型まで登場した「蟲毒王者ムシヘンキング」。各試合では驚きの展開が続いていたものの、ここからは主催者参戦の第4試合の様子をピックアップし、ご紹介する。

 防御型の兵器「王蟲」と攻撃特化型の「タラノデビルクワガタ」の組み合わせとなった第4試合。

 矛×盾勝負となったこの試合、先に仕掛けたのは「タラノデビルクワガタ」。

 撮影の都合から操作を託されたふるすろさんは、開発者のたらちゃん(英国面)さんも想定していなかった巨大なアゴによる大振りでけん制するものの、鉄壁の防御を誇る「王蟲」には効果がない様子。

 大振りは効果がないと判断したのか、「タラノデビルクワガタ」はアゴを大きく広げて「王蟲」をホールド。

 「タラノデビルクワガタ」の大技である投げ攻撃は強力である代わりに、使えば自壊のリスクもある諸刃の剣だ。

 操作担当のふるすろさんは焦らず確実なタイミングを待って巴投げ。見事「タラノデビルクワガタ」圧倒的なパワーで、重量級の「王蟲」を場外へと投げ飛ばしてみせた。


 独断と偏見で選ばれた虫型兵器から最強を決める「蟲毒王者ムシヘンキング」。第1回戦4試合を収録した前半では、紹介した以外にも多くの視聴者を驚かせる戦いが続いていた。

 通常のプレイでは決して見ることのできない変わった虫型兵器による熱い戦いをぜひチェックしてみてほしい。

文/富士脇 水面

【Besiege】蟲毒王者ムシヘンキング前編 VOICEROID実況

―あわせて読みたい
「完全に鳥やん…」試作を重ね『Besiege』で作られた「鳥型飛行機」。鳥そのものと化した完成度の高いフォルムがカッコ良すぎる

ガンタンクとパンジャンドラムの制作者がコラボ!? 『Besiege』でふたりの巨匠が生み出す砲塔マシマシ兵器が激しすぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング