話題の記事

将棋と同様に、どんな質問も丁寧に受ける佐藤天彦名人「“貴族”っぽく振る舞っている?」「女流棋士との結婚はある?」

中学生棋士、藤井聡太四段は高校に行くべき?

田丸:
 藤井聡太四段が高校に行かないとか言って、もめているらしいんですが、僕はぜひ、気象予報士の資格を……(笑)。

森田:
 将棋の勉強をした方がいいと思いますよ(笑)。

田中:
 そうですよ! 一番頭の柔らかい今の時期に将棋の勉強をするべきですよ。教科書を渡して、あとで大検を受験したらいいと思うんですけどね。

森田:
 学歴はホントに実力のある人にとっては関係がないですからね。ただ、社会生活、友達を作るために学校に行くとか、若いときにそういうのも大切かなとも思いますが。ただ単に将棋が強くなるということだけを考えると、高校に行かないということになるのかな……。

田中:
 彼は将棋だけじゃないんですよ! インタビューでは、僕らが知らないような言葉を自然に使いながらスラスラっと受け答えをしていて。

佐藤:
 僕も藤井くんが使っている言葉とか扇子に書いている文字が難しくて、検索しないと分かりません(笑)。

田中:
 学校の先生が調べていたというのも(笑)。新聞の読み方もすごいですし、目の付け所が違って、なにかレベルが違うなと感じましたよ。

森田:
 彼はもともとの頭がいいですよね。

あだ名は「貴族」、佐藤天彦名人へ逆質問

画像は『理想を現実にする力』Amazonより。

田丸:
 天彦名人の「天」の文字はどういう由来なのですか。

佐藤:
 「天に轟く山彦となれ」という由来で付けてもらった名前ですね。

田中:
 天彦名人は「貴族」と呼ばれていますよね。ご自分でも貴族っぽく振る舞っておられる?

佐藤:
 そんなことまでご存知なんですね(笑)。もともとクラシックや洋服やインテリアなど西洋の文化が好きだったんです。でも、呼ばれ始めてから自然とそっちのほうに趣味がいってしまったかもしれませんけど(笑)。

山口:
 貴族のエピソードに関しては出版された本に書かれていましたね。面白かったです。どんなタイトルでしたっけ?

佐藤:
 新書として『理想を現実にする力』を出版させて頂きました。メインは将棋について真面目に書いているんですが、コラムで趣味の話などを書いています。偏った趣味なので需要があるのかは不安なのですが(笑)。

森田:
 では、天彦名人の好きな女性のタイプは?

佐藤:
 どうでしょう……小動物的な可愛らしい方が好きかもしれません。あと、自分と価値観が合うかどうかは大きいと思います。

森田:
 将棋の先生は女流の方と結婚することがよくありますよね? 女流棋士とそういうことはないの?

佐藤:
 僕に関してはないですよ、仮にあっても言いませんが(笑)。この辺は僕も丁寧に受けていきますので(笑)。

一同:
 (笑)

「将棋」の最新記事

新着ニュース一覧