話題の記事

「火山灰の缶詰」を使って料理! 灰干しならぬ“火山灰干し”で仕上げたサーモンは…うまかった!

 ネットで話題を集めた鹿児島県・桜島の降灰が詰まった缶詰「灰缶詰~ハイ!どうぞ!」。今回はこの缶詰を使い調理をした、たかお@変なキッチンさんの動画『火山灰の缶詰を使って料理してみた【2020缶詰祭】』をご紹介します。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

Twitter:https://twitter.com/syufu_takao
シンガポール在住の主が、現地の食べ物等の写真を上げてるので、海外の食文化に興味のある方は是非!

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 こちらが話題の缶詰「灰缶詰~ハイ!どうぞ!」(100円)です。

 缶の内容説明が、原材料名「桜島の降灰、垂水市の苦悩」や内容量「ありがたくない、空からの恵み 100㏄」だったりと攻めています。

 中身は黒い砂でした。開封には缶切りが必要です。

 メイン食材はコストコのサーモン。

 カットしたら塩水で20分漬け込んでおきます。

 20分経ったら、火山灰→キッチンペーパー→サーモン→キッチンペーパー→火山灰と重ねます。

 ラップをして、冷蔵庫で1日置いたものがこちら。火山灰が湿っていますね。

 水分が抜けて若干サーモンが薄くなりました。

 フライパンで焼いて……

 サーモンの火山灰干しが完成!

 脂がキラキラと輝くサーモンの感想は、「う、うまい!」でした。旨味と脂が凝縮されていて、ホッケの干物のように仕上がっているそう。それでいて後味はしっかりサーモンです。

 作る前は「ペーパーを火山灰が越えてくるかも」と心配していたそうですが、意外と大丈夫だったとのこと。火山灰の缶詰、有効活用できました。

視聴者のコメント

・ありがたくない、空からの恵みwwww
・ちょうど使いみちに困ってたから助かる
・県民だけどこれ買う人おるんやなって・・・
・くっそくだらないがちょっと欲しい
・美味しそう!!
・ご飯が欲しくなる

▼動画はこちらから視聴できます▼

火山灰の缶詰を使って料理してみた【2020缶詰祭】

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

大阪万博ロゴ『ミャクミャク』を模したポンデリングを作ってみた! その出来栄えに「嫌な予感しかしない」「絶対誰かやると思った」の声

・バナナの皮をベーコンの代わりに…? 味はどうなの? BLT(バナナレタストマト)サンドなるヴィーガンレシピに挑戦してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「料理」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング