話題の記事

元ミスド店員による「オールドファッション」レシピ! キレイな溝を作る秘訣もわかりやすく解説

 今回紹介したいのは、ゆっくり管理栄養士かりん さんが投稿した『【マル秘】元ミスド店員の魔理沙がつくる超☆簡単ザクザクミスド風オールドファッションの作り方【料理】【ゆっくり実況】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

元ミスド定員によるオールドファッションの解説!大人気で定番のオールドファッション! あのみぞの秘密もおしえるよ!ミスタードーナツのおいしい時間帯など裏話も紹介! 手作りすれば食べ放題!

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 元ミスド店員というゆっくり管理栄養士かりんさんが、ロングセラードーナツ「オールドファッション」を作ります。

 材料です。ただしミスタードーナツでは生地は工場から送られてくるため、配合は不明です。そのため一般的な材料で、特にバターやきび砂糖はオリジナル要素となっています(本家はおそらくマーガリンかショートニング)。

 まずは粉類とバター&砂糖は別のボウルに分けました。これで後の作業が楽になります。

 次にバターの入ったボウルを500Wのレンジで40秒温め、ゴムべらで混ぜます。

 卵&バニラオイル、牛乳、粉類の順に入れてそのつど混ぜるのですが、粉類を混ぜる時はサックリと切るようにします。また、バニラオイルは無くても作れますが、あるとミスドの風味に近付くそうです。

 できた生地をまとめたらラップで包んで冷凍庫で30分冷やします。形は両手で作った輪の中に入るくらいの棒状です。

 よく冷やしました。

 ミスタードーナツのオールドファッションの生地はドロドロで、それを専用の型に流し込んで揚げていたとのこと。生地の状態は異なりますが、お店でも生地はしっかり冷やしていました。冷たい生地をアツアツの油に入れることで、ドーナツ生地を破裂させて溝を作るためです。そのため熱い夏場はキレイな溝ができないことがあるとか。

 ドーナツの形作りです。よく冷やした生地は1cmの輪切りにしてから、指でこじあけるように穴を開けました。こうするとドーナツ型を使わず手軽に作ることができます。綺麗に穴を開けたい場合はペットボトルのキャップを使うといいそうです。そしてミスタードーナツのオールドファッションの穴はペットボトルのキャップをより大きいとかりんさん。

 型を使わなくてもちゃんとドーナツの形になりましたね。生地は膨らむので、気持ち大きめの穴にする方が近付くそうです。

 揚げるのは180度で片面3分。長めに揚げるとよりザクザクの食感に仕上がります。

 しっかりめに揚げて、ミスタードーナツ風のオールドファッションの完成!

 本家と比べてみました。右がミスドのオールドファッションです。大きさは違いますが、よく似ていますね。そして確かに穴が大きい。

 食べ比べてみると、手作りの方がザクザク感では本家を越え、ミスドのものはふんわりしていました。

 かりんさんによると、ミスドは朝から昼くらいのドーナツが一番美味しいそうです。毎日継ぎ足してはいるものの、だんだん油がくたびれてくるからです。

 そしてやはり揚げたてが一番美味しいから。その点では手作りは強いですね。今回のように贅沢にバターを使ったり、好みの砂糖に替えるアレンジもできます。

 ミスタードーナツの裏話と共に完成したキレイな溝の入ったオールドファッション。特別な道具を使わず作れるレシピです。動画を参考にぜひお試しください。

視聴者のコメント

・そーなのかー
・オールドファッションだいすき
・んまそー
・おいしそー
・いいね

▼動画はこちらから視聴できます▼

【マル秘】元ミスド店員の魔理沙がつくる超☆簡単ザクザクミスド風オールドファッションの作り方【料理】【ゆっくり実況】

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

元ミスド店員が「エンゼルクリーム」の作り方を解説。“先輩からの口伝”まで登場するレシピの再現度が高い!

カントリーマアムを“ちょっと大きめ”に再現! 懐かしのサイズ感を前に「おいしそう」「そっくり!」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「料理」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング