話題の記事

声優・三森すずこ、人生の分岐点には『ミルキィホームズ』のメンバーとファンがいた。アニメに詳しくない宝塚オタクが今日まで”声優業界”を駆け抜けてこれた理由【人生における3つの分岐点】

 「声優」のイメージは、ここ10数年で大きく変わった。
 かつてのように、キャラクターのアフレコに徹するだけではなく、声優自身がステージに立って歌い踊ることは、今日では当たり前になっている。

 声優の三森すずこさんは、ミュージカル俳優だった経歴を活かし、『ミルキィホームズ』や『ラブライブ!』、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』などのアニメ作品に出演してきた。これらの作品は、作品に関連した楽曲を、キャスト自身がキャラクターに扮し、ライブや舞台、各種メディアに出演して歌い踊ることが大きな特徴となっている。
 三森さんは、ミルキィホームズのメンバーとして、武道館単独コンサートに出演。また、『ラブライブ!』から飛び出したユニット・μ’sとして紅白歌合戦に出演、東京ドームコンサートも成功させている。「歌って踊る声優」を代表するひとりだと言えるだろう。

三森すずこさんの主な出演作品や関連ニュース情報はこちら 

 ニコニコニュースオリジナルで連載中の、人気声優たちが辿ってきたターニング・ポイントをトコトン掘り下げる企画、人生における「3つの分岐点」。
 今の自分を形成するうえで大きな影響を及ぼした人物や出来事は?
 声優人生を変えてくれた作品やキャラクターとの出会いは?
 など、人気声優たちの人生における分岐点に迫る。

 第1回の大塚明夫さんに続き、第2回となる今回は三森すずこさんにインタビューを実施した。

 三森すずこさんは宝塚音楽学校受験をし、声優になるまではミュージカル俳優をしていたことは、これまでも本人より語られてきた。
 本インタビューでは、さらに踏み込んで幼少期にどのような流れで宝塚やミュージカルにハマり、それが現在の三森さんにどのような影響を与えているのか、たっぷりと伺うことができた。

 三森さんはデビュー直後から人気声優の仲間入りを果たしたが、それは単純なシンデレラストーリーではなかった。
 多忙すぎるなかで「“三森すずこ”が何なのか分らなくなった」というほどの、混乱や葛藤があったことが赤裸々に語られた。

 そしていま、三森さんは30代になり、人生で最も“声優としての演技”を追求する気持ちが高まっているという。
 幼少期から現在まで、彼女を魅了し突き動かす“お芝居”は、「声優・三森すずこ」にとってどんな存在なのか。人生に迫るロングインタビュー、彼女の素直な言葉の数々にぜひ触れてみて欲しい。
 

文/前田久(前Q)
編集/金沢俊吾
撮影:金澤正平

分岐点1:帝国劇場で『レ・ミゼラブル』を観てビビビッときた

──今日は三森さんの人生の「分岐点」というテーマでお話をうかがわせてください。早速ですが、いま振り返ってみて、最初の分岐点だったと思う出来事はなんですか?

三森:
 まずはやっぱり、「ミュージカルを観たこと」ですね。子供の頃からバレエを習っていて、ずっと漠然と「バレリーナになりたい」と思っていたんです。
 中学2年生のとき、帝国劇場で『レ・ミゼラブル』という東宝の有名なミュージカルを生で観たときにビビビッときて。そこからミュージカル俳優を志したんです。 

──『レ・ミゼラブル』のどこに「ビビビッ」ときたのでしょう?

三森:
 バレエは「踊り」と「音楽」でみなさんを魅了するじゃないですか。ミュージカルにはそのふたつの要素に、さらに「歌」がプラスされる。『レ・ミゼラブル』にはダンスの要素はないんですけれど、セリフがほぼ歌の作品なんです。「こんなに歌の力って、心に刺さるんだ!」というのが、衝撃的でした。

 島田歌穂さんという有名なミュージカル女優の方がいらっしゃるんですけど、その方が「エポニーヌ」という花形の役を演じていて。もう、その歌の音圧がバリバリッ!! と。

──舞台の音響で聴く、生歌ならではの衝撃ってありますよね。

三森: 
 この日の衝撃は、それで終わりじゃないんですよ! 
 終演後に近くの帝国ホテルで家族とご飯を食べていたら、隣の席にさっきまで舞台でマリウス役を演じていた役者さんがいらっしゃって。その姿がまたすごく輝いていたんですよね。「スターだな!」って感じ(笑)。

 ラッキーが重なったというか、ミュージカルを生で観ただけでも感動してドキドキしているのに、さっきまで舞台に出ていた役者さんがすぐ近くにいる経験も同じ日にして、ドキドキが止まらなくなってしまったんです。
 それまでにもミュージカルにまったく触れたことがなかったわけではないんですけど、「ミュージカルってこんなに面白いんだ!」って、完全に虜になってしまいました。

──ちなみに、どうして家族でミュージカルを観に行くことになったんですか?

三森:
 もともと妹がミュージカル好きで、両親に「本物のミュージカルを観に行きたい!」とおねだりしたんですよ。私はただ、それに付いていっただけなんです(笑)。
 妹は私と違って、子供の頃からいろいろなことにすごくアンテナを張っていました。いま思えば、妹の好きなものからずいぶん刺激をもらったなと思います。

──たとえば、ミュージカル以外だと何かありますか?

三森:
 妹は声優も好きだったんです。飯塚雅弓さんのファンだったんですよ。だから飯塚さんの出演されていたミュージカルも観に行ったことがあったし、飯塚さんがよく載っていた『声優グランプリ』も定期購読してたんです。
 あと、当時は姉妹で部屋が同じだったんですけど、深夜になると飯塚さんのラジオが掛かるように設定されていて、自然と声が聞こえてきました。 

 私は妹の影響でミュージカルにはハマりましたけど、声優さんにはそこまで当時は興味を持たなかったんです。でも、そうした形で雑誌やラジオが身近にあって、なんとなく声優さんの存在を意識するようにはなっていました。

ミュージカル部に入り、宝塚のオタクに

──ミュージカルにハマってからは、どんな行動を起こされたんでしょう?

三森:
 中学校のミュージカル部に入りました。それまでは毎日バレエのレッスンに行くのに一生懸命で、部活をやっている時間がもったいないと思っていました。だから、中学2年生までは帰宅部だったんです。 

──それはかなり環境が変わりますね。いかがでした?

三森:
 まわりの友達も、先輩も、みんなミュージカル好きなので、「なんだここは、天国か!」 と思いました(笑)。
 それで、その先輩のひとりから、「今度『ベルサイユのばら2001-オスカルとアンドレ編-』を宝塚でやるから、絶対観たほうがいい」と勧められて、観にいって。それがきっかけで、宝塚受験を決意するんです。

ベルサイユのばら2001 オスカルとアンドレ編 [DVD](画像はAmazon.co.jpより)

──三森さんが宝塚好きで、宝塚音楽学校を受験されたこともファンにはよく知られていますけど、そうやって流れが繋がるんですね。 

三森:
 そうなんですよ。正直にいえば、最初「宝塚ってなんだかキラキラしていておもしろいな〜」ぐらいのテンションだったんです。
 でも観てみたら、とてつもなくおもしろくて! 

 それから『ベルばら』の漫画全巻を教科書のようにじっくり読み、和央ようかさん花總まりさんが主演の『ベルサイユのばら2001-フェルゼンとマリー・アントワネット編-【※】も観に行きました。
 あとは過去の宝塚のビデオや、『タカラヅカ・スカイ・ステージ』【※】も録画して、天海祐希さん涼風真世さん、それよりももっと前の世代の方たちの『ベルばら』も見比べて、すっかり宝塚のオタクになりました。「涼風さんのオスカルは、このセリフのときにこういう間の取り方をしている!」みたいな、細かいところをチェックして(笑)。

※『ベルサイユのばら2001』
「オスカルとアンドレ編」と「フェルゼンとマリー・アントワネット編-」の2つの公演が、東京宝塚劇場と宝塚劇場で入れ替わりに同時上演された。

※タカラヅカ・スカイ・ステージ
スカパー! で放送されている宝塚歌劇専門チャンネル。

──ただ楽しむだけじゃなく、そうした演出の差、同じ役を演じる役者さんたちの個性の違いに注目する、解像度の高い見方をされていたんですね。

三森:
 仕草とか、めちゃくちゃ研究してました。
 あとは『宝塚おとめ』という、劇団員全員のプロフィールが載っている毎年発行される雑誌があるんですけれど、それが当時の愛読書だったんです。名前を言われたら、その人のあだ名や出身地がパッと答えられるくらいのハマりようでした。

──それはすごいです!もともと凝り性だったのでしょうか? 

三森:
 実は小学校のときから、ハマっていた趣味があったんですよ。小5、小6くらいのときかな。クラシック音楽ばかり聴いていたんです。
 父がオーディオ好きで、クラシックのレコードやCDをいっぱい持っていたんですよね。それで父の部屋に入っては、同じ曲のいろいろな交響楽団のバージョンを聞き比べて、「このバージョンはここのフレーズをこういうテンポでやってるぞ!」とかチェックしたりして。

──小学生でクラシックの音源マニアのような聴き方をされていたんですね。

三森:
 友達にも理解されないと思って、学校では恥ずかしくて言えなかったんですけどね(笑)。 

「すずこには、めちゃくちゃ投資した」

──宝塚音楽学校への進学を考えたときのお気持ちはいかがでした? あそこは15歳から18歳のあいだだけ受験資格があって、合格すると通っていた学校を辞めて、少し特殊な道へと進むことになるわけですよね。

三森:
 勉強がそんなに得意でもなかったので、宝塚への進学を考える前から「早く学業から解放されて、朝から晩まで芸事のレッスンばかりをする、舞台のことだけを考える生活がしたい」と夢見ていたんです。それには宝塚受験をするのが一番の近道だな、という感じでした。

──なるほど。宝塚を受験するとなると、そのための特別なレッスンを、学校の外で受ける必要がありますよね。

三森:
 そうですね。学校のミュージカル部のコーチもサポートしてくださったんですが、いつも部活を18時までやって、その後でバレエや声楽のレッスンに通っていました。
 バレエは隣の県の先生に教わっていたんです。

──県外まで行っていたんですね。それはまた大変な。

三森:
 宝塚のことをよく知っている劇団関係の知り合い伝手に教えてもらった先生で、週3〜4のペースで通っていました。
 そこから家に帰ってくると、地元の駅に着いた時点で23時くらいなんです。で、次の日は朝6時くらいに起きて学校に行かなきゃいけないから、高校時代はとても過酷でした。

 でも、ある日体を壊してしまったんです。10日くらい学校を休まなきゃいけなくなって、そこで「無理はいけないな」と思いましたね。

──でも、受験のためのレッスンは必要ですよね。どうされたんですか?

三森:
 勉強を犠牲にする……(笑)。

──なるほど(笑)。将来を見据えた努力を優先されたということですね。

三森:
 担任の先生も理解があって、「お前は頑張ってるから、授業中に寝てても俺は怒らない!」って言ってくれたんです。本当に、先生方は優しかったですね。委員の活動をちゃんとやっていたのもあったんですけど、「ただ、その代わりに体だけは壊すなよ」と言ってくれて。先生だけじゃなく、まわりの友達も、「すずこ頑張れ!」みたいに応援してくれていました。

──周りの方々にとても恵まれていたんでね。それに、ずっと一貫して、ご家族の理解も深いですよね。 

三森:
 そうなんですよ!
 親からは 「すずこには、めちゃくちゃ投資した」って、いまだに言われます(笑)。「女優になるかもしれないから……」と、子どものころにいいお医者さんを探して歯の矯正をしてくれたこともありました。
 バレエを習っていたときも、帰りが夜遅くなるから迎えに来てくれて。娘のために自分たちの時間を費やしてくれて、本当にありがたかったです。

来た……! 私の人生、来たぞ……!

──学校卒業後、すぐに舞台俳優生活がスタートしたのでしょうか?

三森:
 卒業してすぐに受けたミュージカルのオーディションが、自分がその道を選ぶきっかけになった帝国劇場のものだったんです。『ミー・アンド・マイガール』の、役名のないアンサンブルでした。

 『ミー・アンド・マイガール』は宝塚でも上演されている作品で、その宝塚バージョンがとても好きだったんです。ビデオが擦り切れるくらい観ていました。
 そんな思い入れのある作品で、帝国劇場のミュージカルに受かったということは、「来た……! 私の人生、来たぞ……!」みたいな感じでしたね(笑)。

『ME AND MY GIRL』(’95年月組) [DVD](画像はAmazon.co.jpより)

──おお、それは運命を感じますね。 

三森:
 そのあとも、ポンポンと順調にオーディションに受かったんです。
 『ミー・アンド・マイガール』の次は、立て続けに同じ帝国劇場で『ルドルフ 〜ザ・ラスト・キス〜』に出演させていただけて。

──スムーズにキャリアを積まれたんですね。

三森:
  楽しかったですね。だけど、いま思えばそれは仕事ではなく、学生時代の「ミュージカル好き」の延長でしかなかった気がします。
 ただただ「好き」という気持ちだけでワーッと進んでいただけというか……。

──なるほど。 

三森:
 そこから次の道に進むきっかけになったのは、主演した舞台に、ブシロードの木谷高明社長(現在は代表取締役会長)が来たことですね。当時、私の叔父がブシロードに勤めていた縁で観に来てくれたんですけど、そのあとで「ミルキィホームズというプロジェクトでデビューする声優を探しているんだけど、来てくれませんか?」と声をかけてくれたんです。
 うん、2つめの大きな分岐点は、やっぱりこれですね。

分岐点2:ミルキィホームズの声優に誘われた

──人生の第二の分岐点は、「舞台を観たブシロードの木谷さんに、ミルキィホームズに誘われたこと」。もはや伝説のように語られているエピソードだと思いますが、あらためてうかがってもいいですか?

三森:
 最初は叔父から「うちの社長が観に来てくれたんだから、菓子折を持ってご挨拶に行きなさい」って言われて、正直尻込みしていたんですよ……(笑)。

  でも、たしかにお礼はちゃんというべきなので、ひとりでお菓子を持って、当時は東中野にあったブシロードのオフィスに行ったんです。そこで、お礼をするだけで終わると思ったら「ミルキィホームズの声優を探してるんですけど、どうですか? 向いてると思うんですよ」って。

──三森さんの素質を見抜いたんですね。

三森:
 うーん、どうなんでしょうか……でも最初は、「歌って踊れるからね」みたいな感じだったと思いますよ(笑)。
 「これからは歌って踊れる声優の時代だから、どうですか?」と。私としてはびっくりですよ。「声優さんって歌って踊るの? 私の読んでいた『声優グランプリ』に歌ってる声優さんは載っていたけど、みなさん踊ってたかな?」みたいな感じでした。

──いまと全然、世の中での声優さんの立ち位置が違いましたよね。

三森:
 そのとき、ミルキィホームズのキャラ絵を見せてもらったんですけれど、「眼が大きい~! 髪がピンク色ですね~!」と言ったら、キョトンとされたのを覚えています。

(画像はミルキィホームズ公式アーカイブサイトより)

──でも、そのほとんど未知の世界に踏み出していくわけじゃないですか。お気持ちはどうだったんですか?

三森:
 ミュージカル熱はまだ残っていたものの、このまま続けていても、アンサンブルやバックダンサーその他大勢のひとりで終わってしまいそうな危機感を覚えていたんです。もちろん、そうした方々も舞台にとっては重要で、アンサンブルやバックダンサーのプロフェッショナルを目指すのも、すばらしい道なんです。
 でも、私は野心的な部分も持っていたので、もっともっと自分の可能性を試してみたいなと思ったんです。

──野心ですか。

三森:
 声優さんの仕事に興味はあるし、これをやることで、私を知ってくれる人が増えるかもしれない。野心であり、好奇心ですね。
 その頃に所属していた事務所の社長さんにも、「声優としてのお芝居は舞台のお芝居に通じるものがあるから、勉強になると思うし、やってみたら良いんじゃない?」と言われて、そうだよな、と。

──となると、最初は声優業をやりつつ、舞台にも立つという活動のイメージだったんですか?

三森:
 そうですね。舞台俳優をやりながら声優もやられている方々がたくさんいらっしゃったので、舞台俳優と並行し、声優としての演技も学んで、自分の引き出しを増やしたい。みたいな感じで飛び込みました。
 飛び込んでみたら、声優としてのお仕事にどっぷり浸かった感じですね。 

──世界を広げてみようと思ったら……。

三森:
 いつの間にか、すっっっごい広がっていきました……(笑)。いやぁ、カルチャーショックの連続でした。
 前の事務所の契約が切れると同時に、いまもお世話になっている声優事務所の響に所属したんです。そのころは徳井青空さん橘田いずみさんしか所属声優がいなくて、ふたりと一緒にミルキィホームズとしてのデビューに向けてレッスンを受けることになりました。
 絵に合わせて声のお芝居をする練習だとか、ゲームのための音声収録の仕方とか、毎週集まってやっていました。

アニメファンの人たちにもっと早く会いたかった

──声優として表舞台に立つための準備をしていたんですね。 

三森:
 そうこうしているうちに、徐々にイベントで人前に出る機会も増えてきて。そこでまた、スゴい衝撃がたくさんあったんですよね。

 そら(徳井青空)が、とにかく私のまったく知らない世界をたくさん教えてくれるんですよ。イベントで特技を披露するコーナーがあって、「私、バレエが特技なんだけど、どうかなあ?」って相談したら、「ダンスなら『ハレ晴レユカイ』を踊った方が喜んでくれるよ!」と。
 いやもう、私は「『ハレ晴レユカイ』ってなんぞ!?」という状態で。でもアドバイスどおりにやってみたら、ドカンと盛り上がったんです。

 それまでの私がいたのは、「難易度の高い技をやればウケる」世界だったんです。でもそのとき、この世界は何かが違う! と、はっきり理解できたんです。このカルチャーにはやく溶け込むために、そこからは必死でしたね。

──必死になったのは、どういうお気持ちだったんでしょう? 

三森:
 とにかくおもしろかったんです。そして、なんか悔しかった。

──悔しい?

三森:
 いままで自分が、こんなすばらしい世界を知らなかったことが悔しくて。
 来てくれたお客さんたちから、その当時はまだ全然知られていなかったミルキィホームズのことを、私のことを、「知りたい、受け入れよう」みたいな気持ちを感じたんです。
 
 アニメファンの人たちって、私のパーソナルな部分を受け止めてくれるところがところがあるんです。そういう温かさに触れて、「何、この人たち! もっと早く会いたかったよー!」と思ったんです。

──すごい、温かいアニメファンに出会ったことが三森さんの心を動かしたんですね。  

三森:
 ああ、ホントにそうですね。アニメファンのみなさんとの出会いが、私を大きく変えてくれたと思います。
 声優の世界に入って、ファンの方たちに応援してもらえるようになってから、言動にも気をつけるようになりました。

──言動って、例えばどういうところですか? 

三森:
 「ブログに、ご飯の写真ばっかり載せなくていい」って、そらが教えてくれたんです(笑)。
 クリスマスにミルキィのメンバーと集まってご飯を食べたこととかは載せていいんです。ファンのみなさんが知ってうれしい、見たいことをちゃんと考えながら、「声優・三森すずこ」としてSNSやブログで発信する。
 そうしたファンのことをちゃんと考えることを、そらちゃんときっちゃん(橘田さん)に教わりながら身に付けていきました。
 
 あとは、木谷さんからも少しそういう話はありましたね。

──どんなことですか?

三森:
 舞台に立っていたときは、髪色を明るくしていたんです。舞台ではウィッグを被ることも多いので、地毛がはみ出たときに目立たないように。
 でも木谷さんから、「イメージを変えましょうか」といわれて、事務所に所属したときに黒髪に変えたんです。

──なるほど。でも、いまは明るめの髪色ですよね。

三森:
 ミルキィに加入して一年くらい経ったときかな? タイミングを見計らって提案したんです。
 「ユニット全員が同じ髪型だけど、ひとりくらい違うのがいてもいいんじゃないですか?」って。ときどき、変なところにこだわってしまうんですよ(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「声優」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング