話題の記事

高級魚・マハタをカヌーで釣って、すぐさま鍋に! 上品で口当たり良し、プルップルの身が堪能できる絶品マハタ鍋に「美味いに決まってる」の声

 今回紹介したいのは、ABSsuperさんが投稿した『釣った魚は最後まで #77 マハタ鍋【VOICEROIDキッチン】』という動画です。


 投稿者のABSsuperさんが、高級魚として知られている「マハタ」を釣り上げて調理します。

 今回、カヤックで沖に出た投稿者さん。どのような釣果になるのでしょうか。そして使用する仕掛けは、おもりに針だけを付けた「オモック」という変わり種のルアーです。リーズナブルでお財布にも優しいようです。

 さっそくなかなかの引きが。

 釣れたのは40センチ弱の「マハタ」です。幸先のよいスタートです。

 その後はカサゴ2匹、ブリ似のメジロが釣れました。その後、お昼になったため納竿。投稿者にとって、2月の時点で今年初の好釣果となったようです。

 釣った魚はきちんと最後までいただくということで、今回も手際よく調理をはじめていきます。まずは鱗を取り、お腹を開いてエラごと内蔵を取り出します。

 水気を拭いたら頭を落とし、2枚おろしにしていきます。

 中骨がついているほうの身を3枚におろします。アラは捨てずにとっておきます。

 血合い骨を抜き、そぎ切りにしていきます。

 マハタの下準備ができあがったので、いよいよ鍋にしていきます。昆布をベースに、白菜、白ネギ、水菜、しいたけ、人参などの野菜を準備します。

 まずはアラを入れて火にかけると、とても美味しそうな出汁が出てきました! あとは具材を入れて煮込みます。

 しばらく煮込んだら完成です! 

 マハタの切り身は、あっさりと上品で口当たりがよく、甘みと相まって絶妙なバランスになっています。

 身をしゃぶしゃぶにして軽く火を通し、紅葉おろしとネギと一緒にポン酢でいただきます。柔らかくクセがない分、そのものの旨味をしっかりと味わうことができます。

 マハタのアラからでた出汁で、野菜もおいしくなり、アラ自体も美味しいので、鍋にうってつけのお魚のようです。最後のシメはやはり出汁がおいしい雑炊でフィニッシュ。大満足の釣果&食事になりました。

 釣りの様子や詳しい調理工程をご覧になりたい方は、ぜひ動画をご視聴ください。

視聴者のコメント

これ絶対美味いヤツ
これはギルティ
どんどん腹が減ってくる
飯テロすぎるww
これは卑怯だwww美味いに決まってるw

▼動画はこちらから視聴できます▼

釣った魚は最後まで #77 マハタ鍋【VOICEROIDキッチン】

―あわせて読みたい―

船釣りでカワハギを狙ってきた! 肝醤油でいただく絶品のお刺身やお寿司に「飯テロ」「釣り人の特権だなあ」の声

イカダで旬の魚「サヨリ」釣り! 「閂(かんぬき)」と呼ばれる大きなサヨリで作った透き通る“押し寿司”に「釣り人の特権」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「料理」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング