ニコニコニュース

話題の記事

『スマブラ』参戦で話題の『バンジョーとカズーイの大冒険』“日本一”RTA動画が常識破りのテクニック連発で見応えバツグンな件

 多彩なアクションと豊富な謎解き要素から「NINTENDO 64」ゲームソフトの名作として高い人気を誇る『バンジョーとカズーイの大冒険』。

 1998年に発売し、現在まで非常に多くのゲーマーに親しまれたきたタイトルですが、先日開催されたE3【※】にて、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』への参戦が発表。

※E3
世界最大のコンピューターゲーム見本市「エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ(Electronic Entertainment Expo)」の略称。

 それにより、関連ワードがTwitterの世界トレンドにランクインしたことからも、その人気がうかがえます。

参戦発表当時のニコニコ生放送の様子。視聴者も大歓喜。
(画像はNintendo Direct | E3 2019より)

 『バンカズ』という略称で親しまれるこのタイトルですが、かなりの頻度でランキングの変動や記録の更新が行われているRTAが盛んな作品でもあります。

 今回ご紹介するのはサケノミさん投稿の『【バンジョーとカズーイの大冒険100%RTA RBAチャート】part1 2時間16分50秒 (日本版日本一位(暫定) 世界33位 )』という動画。

 『バンジョーとカズーイの大冒険』の動画を多く投稿するサケノミさんによる日本版RTA暫定1位の動画をご紹介します。

―あわせて読みたい―

登山でRTA、遭難でラップ人生。リリックを刻みながら山道を進む“ラッパー兄貴”の「ラップ登山アタック」動画が面白くてココロオドル

絶対歩けない『バイオハザード4』動画が苦行すぎると話題に。唯一の移動方法は「マグナムを構える」こと!?


日本版暫定1位!マイナーリージョンではあるものの世界でも上位に

 今回サケノミさんが挑戦しているのは『バンジョーとカズーイの大冒険』の100%RTA、ゲーム内に散りばめられた「ジグソーピース」、「オンプ」、「ハニカム」を回収しゲームクリアすることが目標となります。

 『バンジョーとカズーイの大冒険』には日本版、北米版、PAL版と3種類のソフトが存在し、ソフトの仕様上RTA記録のほとんどは北米版のマークが付けられています。

 今回の記録は2時間16分50秒、マイナーリージョンではありますが現段階での記録としては1位。そして仕様の違いがあるにもかかわらず世界の記録としても30位台という上位にランクインしています。

 また今回はReverse Bee Adventure。変身が解けるイベントとワープ用の鍋を起こすムービーを重ねることで、変身を解くことなくハチになった状態で他エリアに移動することができるバグ技を一部利用したRBAチャートです。

 なぜそうなるのかはわかりませんがこの技のすごいところはジグソーピースをはめることなくステージに入ることができるとのこと。そもそも飛べることが想定されていないためステージ上部から壁を越えることができるようです。

日本版と北米版、リージョンの違いでルートが変化

 先述の通り仕様上RTAの主流は北米版になっている『バンジョーとカズーイの大冒険』ですが、今回は仕様の異なる日本版での挑戦。仕様の違いからRTAのルートは変化します。

 その影響を受けるひとつが最初のステージ「マンボまうんてん」です。

 ステージ突入後すぐにルートに違いが表れた日本版。北米版は日本版と違いマンボまうんてんにあるティッカーの塔が登りやすく白アリに変身する必要がありません。

 比較として右上に流されている北米版では白アリに変身することなくカズーイダッシュで急な坂道を越えています。日本版でも登ること自体は可能なようですが、坂が滑りやすいためかなりの時間がかかったという話もあるとのこと。

 北米版のRTAが10個目のジグソーピースを取得している頃、別ルートの日本版ではティッカーの塔を白アリで攻略中。変身中はジグソーピース取得時のダンスが発生しないため、出現させておいたジグソーピースを白アリで回収することで遅れを短くしているようです。

タイムを縮める華麗な技の数々

 RTA動画で見たいのは、やはり“タイムを縮めるテクニック”ですが、『バンジョーとカズーイの大冒険』日本版RTAにも当然華麗なテクニックが多く収録されています。

 例えばPart3のクランカーのどうくつ、背中から入ることのできるクランカーのお腹の中では高速で刃が回転するトラップを当たり判定を受けない場所を使いつつ突破。

 ダメージを受けることなくオンプとジグソーピースを回収し、そのままダメージを受けずに戻ってくるプレイはまさにスゴ技。

 同じくPart3の終盤ではくちばしミサイルを使った壁抜けのテクニック。非常に難易度が高く、失敗すれば30秒はロスが付くというRTAの難所です。

 失敗すれば大きくロスが生まれる難所、丁寧かつ時間をかけないように位置を調整。

 見事一発で壁抜けテクニックを成功させたサケノミさん。次のステージのフローズンズンやまへ進む入口まで一気に進むすご技にコメントも驚きが隠せない様子でした。


 『バンジョーとカズーイの大冒険』100%RTA RBAチャート。日本版の暫定1位、全リージョンで見ても上位にランクインするサケノミさん。仕様の差をカバーするテクニックの数々をぜひご覧ください。

文/富士脇 水面

【バンジョーとカズーイの大冒険100%RTA RBAチャート】part1 2時間16分50秒 (日本版日本一位(暫定) 世界33位 )

―あわせて読みたい―

登山でRTA、遭難でラップ人生。リリックを刻みながら山道を進む“ラッパー兄貴”の「ラップ登山アタック」動画が面白くてココロオドル

絶対歩けない『バイオハザード4』動画が苦行すぎると話題に。唯一の移動方法は「マグナムを構える」こと!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング