ニコニコニュース

話題の記事

飛び降り自殺が多いマンションの特徴とは…? “事故物件の見分け方”を、多数の内見をしてきた事故物件住みます芸人・松原タニシが語る

飛び降り自殺が多いマンションとは

松原:
 これも事故物件のパターンが多いってことですね。こちらはとても飛び降り自殺が多いというマンションです。

 ここ、実は坂道になっているんですよ。それで目の錯覚が起きて、建物自体がピサの斜塔っぽく傾いているように見えるんですよね。だからなのか、外から飛び降りに来る人がすごい多いマンションです。次の写真、実は壁に隙間が開いているんですよ。

大島:
 これ、デザインでよく見ますけど、どういう理由なんですか。

大熊:
 これもおしゃれや風通しとかですよね。ただ、これは柵がないので、やっぱりそういった……。

松原:
 不安になりますよね。

大熊:
 怖いですよね。

松原:
 はい。「入ってはいけませんよ」と書かれていますが、ここの右上の部分見てください。屋上の柵が取りはずされているんですよね。それを鎖か何かで入れないようにしています。つまり、屋上に行きたがる人がすごく多いと。飛び降りるために侵入するんですね。だから入っちゃだめと書かれているわけです。

 次にいきましょう。隙間から足を出すと、もうこんな状態。

大島:
 うわー、怖い。

松原:
 もう浮いてる感じなんですよ。これを、客観的に見てみると、ラピュタ状態。

松原:
 空飛ぶマンションですね。怖いですよね。クロックスとかやったら落ちちゃうかもしんないですよ。

大熊:
 色が屋根と合ってますね。

松原:
 もうちょっと足長ければ、屋根と僕が一体化してましたね。次の写真お願いします。落ちたらこんなふうになるよっていう感じで、ここは何か死にたくなるとか、死ねると思っちゃうんじゃないかなってところですね。

大島:
 高所恐怖症なので、だめですよね。

▼記事化の箇所は1:05:30から始まります▼

事故物件ラボ

「事故物件住みます芸人」の松原タニシ、初の書き下ろし単行本
事故物件怪談 恐い間取り】 好評発売中!

―あわせて読みたい―

「間違いなくレジェンド事故物件です」首吊り自殺、住人同士で傷害致死、あげくに大家は刺されて死亡…悲惨すぎる事故物件を大島てるが語る

事故物件住みます芸人が実際に住んだ部屋を紹介。家賃7.5万円の物件がわずか“3万円”で借りられたその理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「生活」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング