ニコニコニュース

話題の記事

電撃で自分にダメージ! ロンロン牛乳! 『スマブラSP』登場ファイターの原作再現ポイントを『DX』から参戦したファイター中心にご紹介

 今回ご紹介するのは、みるみるさんが投稿した『【スマブラSP】新たに追加された原作再現を比較してみた Part3』という動画です。

 任天堂ゲームのキャラクターが一堂に会し(最近は他社のキャラクターも盛り沢山だが)、ド派手な乱闘を繰り広げる『大乱闘スマッシュブラザーズ(以下、スマブラ)』シリーズ。その最新作である『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(以下、スマブラSP)』の発売が、12月7日に控えています。

 本作の発売まで、残すところいよいよ10日を切りました。公式ツイッターでは「#スマブラカウントダウン」というハッシュタグによるツイートも行われ、盛大なゲームのお祭りの始まりまで、大きな盛り上がりを見せています。

 今回は、そんなスマブラSPに登場するファイターの「原作再現」の要素についてまとめた動画を、前回記事より引き続きご紹介いたします。


『【スマブラSP】新たに追加された原作再現を
比較してみた Part3』


あのピカチュウの“進化前”のポケモン「ピチュー」

 『ポケットモンスター』シリーズに登場する「ピチュー」。ピチューは『大乱闘スマッシュブラザーズDX(以下、スマブラDX)』以来、17年ぶりのカムバックを果たしました。

 「こねずみポケモン」のピチューは、ピカチュウの進化前。逆に言えば、ピチューはピカチュウに進化します。電気を溜めるのが下手で、自身の電気で痺れてしまうという設定があります。

 スマブラではその設定が拾われており、電気技を使うと、自らもダメージを受けてしまいます。「かみなり」などがそれに当てはまります。

“声変わり”したアリティアの王子「マルス」

 『ファイアーエムブレム』シリーズに登場する「マルス」。初登場のスマブラDXから、スマブラSPの前作である『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U(以下、スマブラfor)』まで、ずっと使い回しだったボイスが遂に新録されました。

 声優は、自身も熱心なファイアーエムブレムファンである緑川光氏ですが、氏が初めてマルスの声を当てたのはスマブラではなく、1996年に発売されたOVA『ファイアーエムブレム 紋章の謎』でした。その5年後の2001年にスマブラDXに参戦し、緑川氏は同様にマルスを演じる事になりましたが、この時収録された音声は、2014年のスマブラforまで使い回され続ける事になります。

 では、スマブラSPまで新録が一切無かったのかと言われると、そうではなく、2015年の『ファイアーエムブレムif』で、緑川氏は14年ぶりにマルスの声を演じました。そして今回、久々にボイスが新録されたのは、そういった背景があったからではないでしょうか。

“リンク”の子供時代「こどもリンク」

 『ゼルダの伝説』シリーズに登場する「こどもリンク」。ピチューと同様、こどもリンクも17年ぶりに帰ってきました。

 スマブラSPにはリンクが3人も並ぶ事になりますが、それぞれ原作となったゲームが異なります。

 こどもリンクの装備品は『時のオカリナ』と『ムジュラの仮面』の2作品に準拠した物となっています。手に持つ剣は「コキリの剣」。リンクが住むコキリの森の唯一の件です。こどもリンクはこの剣しか持てないため、序盤から終盤までお世話になります。

 盾は「デクの盾」です。炎攻撃を受けると燃えてしまいますが、こどもリンクには「ハイリアの盾」は重くて掲げられないので、使い分けが重要となります。

 そしてお待たせしました。満を持してロンロン牛乳アピール復活です。

 その他、「フックショット」や「炎の弓矢」など、原作を準拠したアイテムを数多く使用します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング