ニコニコニュース

話題の記事

知られざる『マリオ』誕生の秘密を解説「ポパイの代わりに作られた」「昔はジャンプマンと呼ばれていた」

ヒゲ、帽子、オーバーオール……すべての起源は“ドット絵の限界”にあった

 ところで、マリオには帽子やヒゲなど、多くの代名詞的な特徴がありますが、それらはどのようにしてマリオに付けられたのでしょうか。

 その秘密は、マリオのドット絵にありました。ドット絵のマリオは16×16ドットで描かれていますが、宮本茂氏が最初にマリオをデザインした時、顔を8×8ドットで描こうとして、目、鼻、口を描こうとしたところ、ドット絵が圧倒的に足りませんでした。そこで、鼻の下にヒゲを描いたら、口を描く必要がなくなり、ドット数を稼ぐことができました。それで、マリオにはヒゲが付いているのです。しかも、マリオがどっちを向いているのかわかりやすくもなります。

 帽子についても、髪の毛を描き切れず、その上髪の毛をアニメーションにするのも難しかったので、ドット数を抑えつつ、帽子をかぶせることになりました。

 そして、残りのドットで体を描くのですが、これに「走らせる」というアニメーションを付ける必要がありました。しかし、当時はアニメーションは3パターンしか作ることが出来ませんでした。そこで、走るときに動きをわかりやすくするために、服と体の色は違った方がいいと考えた結果、オーバーオールを着せることになりました。さらに、ジャンプした時に、動きがよくわかるように白い手袋がはめられました。

 このように、ドット数を抑えつつも、いかに見やすいデザインになるかを考えて、マリオはこのように特徴の多いデザインになったのです。ちなみに、現在では赤色だったオーバーオールは青色になっています。

 多くの苦悩と、そこからくるアイデアと工夫によりマリオは誕生し、そして今のマリオがある、ということなのです。


マリオ初心者向け講座 第1回「マリオ誕生秘話」


―あわせて読みたい―

任天堂 VS エポック社の一騎打ち。『ファミリーコンピュータ』『カセットビジョン』など、家庭用ゲーム機の誕生と競争の歴史をまとめてみた

『スマブラ』最新作にみられるキャラクターの“原作再現”シーン5選をご紹介 気づいたあなたはゲーム通

突然ブーム到来の“クッパ姫”イラストまとめ20枚 『スーパーマリオ』シリーズの悪の親玉クッパってこんなに可愛かったっけ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング