ニコニコニュース

話題の記事

女装男子&男装女子が伝授する“異性装のイロハ”――「サラサラのウィッグで女性感を」「涙袋のメイクが大事」

 近年増加傾向にある異性装。今回の「ニコニコワークショップ」は講師にお笑い芸人の本日は晴天なりさんを招き、配信者のやみんさんの司会で女装・男装の魅力と魔力、その真髄に迫ります。

 スタジオには“男の娘”タレントの大島薫さん、女装配信者の西男さんばるたんさん、レイヤー配信者のmi-ya.@完全体ニャースさん、配信者のらむねさんが登場。メイクのこだわり、親バレしたとき反応、最近の恋愛事情などを語りました。

左からやみんさん、本日は晴天なりさん。右側前列左から大島薫さん、西男さん、らむねさん、後列左からmi-ya.@完全体ニャースさん、ばるたんさん。

―関連記事―

元セクシー女優の男性タレント・大島薫さんが明かす男子トイレでの恐怖体験「隣のおじさんから耳元で、◯◯◯◯ついてるの? って言われて」

―人気記事―

【ザ・新興宗教】セックス教団『リトル・ペブル同宿会』潜入レポート。教団責任者が唱える″償いのセックス”に密着


男装はシャドウ、女装はハイライトが重要

やみん:
  「女装・男装はここが大事」ということで、こだわりと言ってもいろいろあると思うのですが、お化粧の仕方や衣装、話し方だったり所作、「こんなことは絶対にしない!」とか「これはおすすめ!」とか、いろいろとお話を伺わせていただけたらと思います。お化粧とか気になりますね。

大島:
 僕は濃くしないので。

西男:
 すごく薄いですね。

大島:
 濃くすると男っぽくなっていくというか、陰影が強調されて精悍な顔になっちゃうから、薄くという感じです。

mi-ya.@完全体ニャース:
 参考にさせていただきます。

西男:
 元がいいからね。

mi-ya.@完全体ニャース:
 涙袋がぷくっとしていて可愛いですね。

大島:
 そこだけ塗り込んでいます(笑)。

mi-ya.@完全体ニャース:
 でも女の子のメイクはそこが大事ですよね。

大島:
 目の大きさが変わりますよね。

mi-ya.@完全体ニャース:
 最近は、女装男子ではない男の子でもやったりするらしいです。

大島:
 メイクする男性は多いです。メイクで結構変わるんですよね。ちょっと塗っているだけで肌質とかもよく見えたりする。「あれイケメンになった?」みたいな感じになるんですよね。

やみん:
 ぜひそれは皆さんやってみてください。ばるたんさんはお化粧はどっちかって言うと、大島さんに比べたら濃いめかと思うのですが、ポイントはありますか。

ばるたん:
 塗りすぎたらやばいので塗れないんだけれど、でも41歳と言うとしみそばかすが大変ですよね。何が一番大事かって、年齢です。

mi-ya.@完全体ニャース:
 しわとかを消すためにっていうことですか。

らむね:
 整形してるんだっけ。

ばるたん:
 ほうれい線はいじりました。これはとても深いテーマですよ。若い時は可愛いくてチヤホヤされて年を取ってくると、みんな見向きもしなくなってリスナーも減る。この年になったら女装をやめれないから、どうしたらいいですかっていう……。

やみん:
 女装はやめたいんですか。

ばるたん:
 やめたくない! どうしたらいいかわからない!

本日は晴天なり:
 でもそれを利用して、「40歳なのにこんなに可愛いんだ!」っていうのはあると思う。

西男:
 それこそ、その格好で会社行っちゃえばいいんだよ。

ばるたん:
 西男さんできる?

西男:
 できない(笑)。

ばるたん:
 はっきり言うけど、女装なんかやらない方がいいからね。年を取った時の着地点を考えてから始めようっていう話。こうなりますよ! わかりますか!

やみん:
 らむねちゃんはお化粧は?

らむね:
  濃いんです。私、すっぴんの方がいいと言われるんですけれど、自分の顔があまり好きではないから塗りたくりがちになって、濃くなってしまうんです。リスナーが「濃いからキモい」みたいなコメントをすごくしてくるから、不安だったんで、ちょっと薄めにしてきたつもりなんですけど。

ばるたん:
 でもすごく可愛いよ。

本日は晴天なり:
 若いからそんなに化粧はする必要ないからね。

やみん:
 mi-ya.さんはどうですか。

mi-ya.@完全体ニャース:
 男装のメイクは、手が止まらなくなっちゃうんですよ。いつもの感覚でやると、「まつげ塗るところだった!」とか。今はまつげは塗っていません。塗っちゃうと逆にオカマみたいになっちゃう。難しくって、シャドウ入れたりとか眉を太くしたりとか。今映っているものよりも、もっと太く描いています。

やみん:
 男装のメイクは難しそうですね。

本日は晴天なり:
 女性のメイクの方がごまかせますよね。

mi-ya.@完全体ニャース:
 可愛いは作れますから。カッコイイはなかなか難しい。

大島:
 唇とかも色を抑えたりするんですか。

mi-ya.@完全体ニャース:
 何も塗ってないです。

大島:
 そこだけで結構変わったりしますからね。

mi-ya.@完全体ニャース:
 あとはシャドウで顔の影を作ったり、特に鼻とか。

本日は晴天なり:
 絵を描いているみたいな感じですね。

やみん:
 先生はどうですか。

本日は晴天なり:
 それこそ影。普段こんなに濃くはしないんですね。影を大事にやっています。

大島:
 女装はむしろ光の方が大事です。頬とか男性はこけがちなので、ちょっと膨らませるようにハイライトを入れたりとかしたりしますね。

サラサラ髪のウィッグでより女性感を

やみん:
 西男さんはいかがですか。

西男:
 僕はウィッグですね。一番変わると思うんですよ。

やみん:
 これはウィッグですか。

西男:
 ウィッグです。メイクとかより、男って髪短いじゃないですか。大島さんは長いですけど。長い髪をつけるだけで、それが女装に若干なる。

やみん:
 髪が大事なんですか。

西男:
 大事。

本日は晴天なり:
 あと、サラサラのウィッグがより女性感が出るんですよ。

mi-ya.@完全体ニャース:
 二人とも偽物感がないんですよね。ばるたんさんもウィッグですよね。

ばるたん:
 ウィッグですね。Amazonで2000円くらいですよ。だけどウィッグを買うなら女装の通販山田屋さんで買ってください。

(画像は女装通販『山田屋』公式サイトより)

大島:
 でもウィッグをつけた状態で致すことがある人からすると、ウィッグはすごい気になります。

やみん:
 揺れたりすると……。

大島:
 僕はそれが原因で地毛を伸ばそうと思いました。

西男:
 最初はウィッグだったんですか。

大島:
 ウィッグの時もありました。でも実用的じゃないなと思って。

本日は晴天なり:
 する時前提じゃないですか(笑)。

大島:
 やっぱりそこが大事ですね。

「生活」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング