ニコニコニュース

話題の記事

「6万枚売り上げたプリキュアスーパースターズ! は、ある意味国民的映画」プリキュア大好きおじさんが作品の歴史を新人声優に講義

 3月17日(土)より全国公開される『プリキュア』シリーズの劇場版最新作『映画プリキュアスーパースターズ!』の公開に先駆け、発売された前売り券が映画シリーズ歴代1位の初動販売枚数を記録しています。

 ラジオパーソナリティーのおたっきぃ佐々木さんと、声優の天海由梨奈さんが出演する番組「やっぱ、アニメでしょう」では、このニュースをピックアップ。プリキュア好きのおたっきぃ佐々木さんが独自の目線から最新作の人気について分析をしました。

『映画プリキュアスーパースターズ!』
(画像は公式Twitterより)

―人気記事―

【恋は雨上がりのように】女子高生と恋愛関係になる中年男に「やばいと受け止める倫理観がいい」アニメ好き芸人・ハライチ岩井が第7話の見どころを語る

『だがしかし』男性声優が語るハジメちゃんの魅力「あれはやばいね。ワイシャツとかすごくいい」


今期のプリキュアアニメ『HUGっと!プリキュア』は最高!

左から天海由梨奈さん、おたっきぃ佐々木さん。

おたっきぃ佐々木:
 メールでもいろいろ来ていたのですが、『HUGっと!プリキュア』もはじまりまして。みなさま、あけましておめでとうございます(番組放送時は2月18日)。「今年もいいプリキュアをよろしくお願いいたします」みたいなね(笑)。

天海:
 (笑)。

おたっきぃ佐々木:
 プリキュア歴から言うと、ある意味、2月第一週の朝8時半に年が明ける感じですから。

天海:
 今回のプリキュアもめちゃくちゃかわいらしくて……。

おたっきぃ佐々木:
 毎回「最高! 最高!」ってボジョレーヌーボーのワインの出来みたいな感じ【※】で言ってるんですけど、本当に今期は最高なんじゃないかっていうのが今から。

※ボジョレーヌーボーのワインの出来みたいな感じ
1998年「10年に1度の当たり年」。2001年「ここ10年で最高」。2002年「1995年以来の出来」。2003年「100年に1度の出来、近年にない良い出来」。2005年「ここ数年で最高」。2009年「50年に1度の出来栄え」。

天海:
 はじまって一カ月経ってないんですけど……?

おたっきぃ佐々木:
 今日は3話(2月18日放送当時)だったんだけど、最高でした。

天海:
 私も最高だなって思いました。

おたっきぃ佐々木:
 今回、佐藤順一【※】さんが総監督みたいな立場でやっておられるんですけど、『おジャ魔女どれみ』シリーズとかで、さんざん泣かされてきた身としては「くそう、泣かされるんだろうな」とか思いながら、どきどきしながら朝8時半に見る。

※佐藤順一
アニメーション監督。代表作に『美少女戦士セーラームーン』、『おジャ魔女どれみ』、『ケロロ軍曹』などがある。

天海:
 なるほど、そういう見方もあるんですね。

おたっきぃ佐々木:
 いつ泣かされるかわからないんですけど、見終わるじゃないですか。うちは娘がまだ幼稚園で、キリスト教の幼稚園なんですよ。キリスト教の幼稚園って日曜日でも礼拝っていうのがあったりするんですよね。プリキュア終わった瞬間に連れて行かなくちゃいけないんですよ。

 プリキュア終わった瞬間に連れて行くのに、目をバァーっと濡らしてたら嫌だなっていうのを毎回、礼拝がある週に泣く回がぶつからないことを祈りながら、毎週見ている今日この頃なわけですけど(笑)。

天海:
 いいですね。一週間の終わりに、プリキュアを見て、だ~っと泣く、と。そして月曜日を迎える。

『映画プリキュアスーパースターズ!』の前売り販売数が歴代最高記録を樹立!

天海:
 3月に公開される『映画プリキュアスーパースターズ!』の前売り券が発売開始され二日間で約6万枚を売り上げ、全24作の中で歴代最高となりました。

おたっきぃ佐々木:
 プリキュアがんばえ~!

天海:
 がんばえ~!

おたっきぃ佐々木:
 はい、これが困ったおじさんです(笑)。

天海:
 流石です(笑)。

子供は新作が一番好き!? 今作の人気の理由は?

おたっきぃ佐々木:
 これ、意外だったのが、『ふたりはプリキュア Max Heart』の映画が4万3000枚でトップだったのから、今回いきなり6万枚を売り上げた。ある意味国民的映画。毎年変わるんだけど、シリーズの根幹というものがあって、何がすごいんだろうなっていうのは不思議なんですよね。ある意味『HUGっと!プリキュア』の放送がはじまってすぐじゃないですか。

『HUGっと!プリキュア』
(画像は公式サイトより)

天海:
 そうですね、はじまってまだ今月ですもんね。

おたっきぃ佐々木:
 3月の末に公開だから、そんなに前売りを売っている期間っていうのはどこで判断するか難しいところなんですね。その中でこれが判断されたってことは、今作が良くて判断されたのか、前作の最後がすごく良かったのか、どっちなんだろうなって。

 あとは、魔法使いが懐かしくてまた見たいとかという考え方もあったり。

天海:
 なるほど!

おたっきぃ佐々木:
 だから、どの辺なんだろうなと。お子様たちに聞いているんだけど、「プリキュアがんばれ~」だからね。

天海:
 そうなっちゃいますよね。

おたっきぃ佐々木:
 でもやっぱり子供って恐ろしいもので、一番新しいのが好きになるんですよね。

天海:
 それこそ新しいのを出てくるたびに「このプリキュアかわいい」って思ったんですけれど、もう「このプリキュアかわいい」って思っていますよ。応援してもらいたいと思いながら。

おたっきぃ佐々木:
 俺はハグしてもらいたいと思いながら(笑)。今回、キャラクターショーってあるじゃないですか。その一話目が流れたあとの横浜でやっていたキャラクターショーに娘たちを連れて、俺が見たいから見に行ったんです(笑)。今回は『HUGっと!プリキュア』じゃないですか。今までは握手会だったんですね。でも今回はちゃんと、着ぐるみさんが娘たちをハグしてくれるのね。

天海:
 え~!

おたっきぃ佐々木:
 ハグして写真撮って。何これ!? って。俺、本当に娘になりたい! と思いながら(笑)。

天海:
 そんな感じだったんですね。

おたっきぃ佐々木:
 ヤバイ、ハグしてもらえているって。素晴らしいなと。

天海:
 私もハグされたい。

おたっきぃ佐々木:
 「よし、俺も」っていうコメント。たぶんおじさんはダメだと思いますよ(笑)。でもそういう感じでハグプリって本当にハグされているんだって思いながら。

天海:
 アニメのほうも毎週楽しみです。

おたっきぃ佐々木:
 来週あたりにキュアエトワールさんが出てくるのかなとか思いながらね。楽しみでございます。

―人気記事―

『だがしかし』男性声優が語るハジメちゃんの魅力「あれはやばいね。ワイシャツとかすごくいい」

【恋は雨上がりのように】女子高生と恋愛関係になる中年男に「やばいと受け止める倫理観がいい」アニメ好き芸人・ハライチ岩井が第7話の見どころを語る

「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング