ニコニコニュース

話題の記事

マンガ家的に2017年盛り上がったアニメ・漫画界の出来事を総ざらいしてみた【上半期の巻】

 2017年もいよいよ大詰め。世間で話題になっているニュース、エンタメ、サブカルチャ―の情報について語り、2017年最後の配信を迎えた山田玲司氏の「ニコ論壇時評」。

 12月13日の放送では、これまで取り扱ってきたニュースを総ざらい。大ブームとなった『けものフレンズ』や、昨年に公開され、なおもヒットを記録し続け、遂に東宝過去最高益を打ち出した『君の名は。』など、話題となったタイトルについて、漫画家の山田玲司氏が、乙君氏しみちゃん氏とともに振り返りました。

※当記事では【前編】と称して、1月~6月のニュースを振り返りました。7月~12月を振り返る【後編】はこちら

左から山田玲司氏、しみちゃん氏、乙君氏。

―関連記事―

「“けもフレ”はヘロイン」漫画家が力説する「ダウナーな漫画・アッパーな漫画」って?

現役漫画家が答える「人気漫画を実写映画化すると失敗する3つの理由」って?


1月・『けものフレンズ』『君の名は。』など、話題作のメガヒットが連発

乙君:
 まず1月。もうかなり前ですね。『けものフレンズ』が大ヒットしました。

『けものフレンズ』。画像は公式サイトより

山田:
 これ、今年だったんだね。

しみちゃん:
 なんか随分昔の気がしてきたな。

乙君:
 さらに同時期に、東宝が『君の名は。』で過去最高益に。

『君の名は。』。画像は公式サイトより

山田:
 『君の名は。』は去年夏ぐらいだったんじゃない? 『シン・ゴジラ』とぶつかったでしょ。

乙君:
 それが1月までずっとロングランだったっていうのが、まずすごいですよね。

山田: 
 そうね。

乙君:
 更に、漫画界では、田中圭一先生の『うつヌケ』といううつ病脱出漫画が大ヒット。

『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』。画像はAmazonより

山田:
 実は、これが今年のトピックのひとつですね。

2月・宮﨑駿監督が引退を撤回、山田玲司『CICADA』第1巻を発売

乙君:
 そして2月は、スタジオジブリの宮﨑駿監督が長編新作アニメ『君たちはどう生きるか』を発表。引退すると言っていましたが、それをまたしても撤回し、長編アニメを作るという発表がありました。

山田:
 毛虫じゃないのね、毛虫やめたのね。

乙君:
 毛虫って。

山田:
 毛虫、CGとかやるのかなと思ったら。

 毛虫がどう生きるのかって言ったら、面白いけどね。毛虫が喋ってる! とかいうのを見たいけど、本当はね。

乙君:
 王蟲じゃないですか。

 そして、山田玲司『CICADA』第1巻が、なんと2月に発売していました。

※CICADA
山田玲司原作の漫画が2017年2月10日に発売。

『CICADA』。画像はAmazonより

山田: 
 そうですね。滅びゆく漫画の世界。違う漫画の世界が滅んでから150年のSFを描いていますけど、作品の中で、いろいろなことが重なります。

乙君:
 そうですね。

山田:
 『君たちはどう生きるか』というテーマですけど、これと同じタイトルの漫画が大ヒットしてますね。あれは恐らく100万部はいくんじゃないかという。

『漫画 君たちはどう生きるか』。画像はAmazonより

山田:
 それは、宮崎さんがやろうとした本の岩波新書の元ネタが、2年前からすでに漫画でやっていたんですよ。

乙君:
 ああ、たまたま2年前に出してたものを、宮﨑駿さんが。

山田:
 後追いの形になってます。

乙君:
 へえ!

山田:
 しかも、この『君たちはどう生きるか』というのを仕掛けたのは、我らが柿内芳文くんですから。

※柿内芳文
星海社新書編集長。書籍『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』『ウェブはバカと暇人のもの』などの編集を担当。

乙君:
 なるほど、編集者の柿内くん。

山田:
 柿内くんが仕掛けたもののプロモーションを、宮﨑駿がする、みたいな感じ。

しみちゃん:
 (笑)

乙君:
 すごい大御所。Amazonでベストセラーになっているって。

山田:
 そうそう、今一番売れてる本なんだよ。実は『CICADA』のテーマはまさに「君たちはどう生きるか」について描いてある漫画なんで。

乙君:
 元は小説なんだ。

山田:
 そうです。『CICADA』も、ぜひ読んで貰いたい。

「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング