ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

北朝鮮観光で撃ち殺されそうになった話。記念撮影だからって兵隊の腰に手を回しちゃダメ、絶対

 スーパーマリオブラザーズをフィーチャーした曲『B-DASH』でスマッシュヒットを飛ばしたトンガリキッズのニポポ氏。潜入ライターとしても活躍するニポポ氏が北朝鮮へ取材旅行へ行った詳細を語る『ガチ潜入してみた 北朝鮮の真実』がニコニコ生放送で配信されました。

 今回は”第十二章“として、北朝鮮出身の父と在日韓国人二世の母を持つライター・安宿緑氏と共に、北朝鮮の軍事境界線やナイト遊園地など、北の観光地を解説しました。

左からニポポ氏、安宿録氏。

―オススメ北朝鮮行ってみたシリーズ―

【北朝鮮の車窓から】盗聴・監視は当たり前、旅客1人にお付3人の安心安全(?)な北朝鮮の旅に行ったらやっぱり色々ぶっ飛んでた

北朝鮮に行ったら「喜び組」と遊べたが「ハニートラップ」にかかりそうになった話


水しか置いていないドライブインに隠された軍事的役割

ニポポ:
 韓国との軍事境界線に行く道中の画像をお届けしちゃいましょう。

撮影:ニポポ

ニポポ:
 この建物をよく見ると真ん中がくり抜かれているでしょ? このトンネルみたいになっているところが道路なんです。道路が中央にあって、その上に歩道橋みたいな感じでドライブインがあります。こういうのが道路沿いに何個もあるんです。さあ、ここで問題です。なぜ北朝鮮のドライブインはこういった形になっているのでしょうか?

 正解は……柱を爆破したら、ドライブインがゴツンと道路に落ちるでしょう、一気に道路を封鎖できるんだよね。そんな役割があるんですよ。

撮影:ニポポ

ニポポ:
 これがドライブインの中の様子です。見てください、商品棚の中には何もない(笑)。水しかないような状況でございまして……。ここに受付の女の子がいて、その人が相手をしてくれたりします。北朝鮮はべらぼうに寒いですから、温かいコーヒーとかを出してくれたりしました。

 僕と通訳さんと運転手さんとコンダクターさんのみんなにコーヒーを出してくれるんですけれど、帰るときに「コーヒー代を払ってください」と言われて、僕が全員分を払わされるんですね(笑)。そうなんですよ、これは金は俺が出すという、北朝鮮のマナーなんです。

撮影:ニポポ

ニポポ:
 これがドライブインから眺めた道路です。この片側4車線みたいな馬鹿でかい道路が、まっすぐ北朝鮮を貫いて韓国まで続いています。これを統一道路というんですね。これは、飛行機が離着陸できたり戦車が走ることができるようになっているから、とにかく馬鹿でかいんですよね。

軍事境界線で撮影した奇跡の一枚「これはピューリッツァー賞ですよ!」

撮影:ニポポ

ニポポ:
 これは板門店【※】に着いて、説明を受けている状況です。この人が何を丁寧に説明しているのかというと、「軍事境界線の北朝鮮側にでかい木があったんだけど、その木を韓国・連合国側が監視に邪魔だからって北朝鮮の目を盗んで折ってしまった」ということを説明していました。彼はそのことに激怒していましたね(笑)。

※板門店
朝鮮半島中間部に位置する朝鮮戦争停戦のための軍事境界線上にある地区。北側の朝鮮人民軍と南側の国連軍の停戦協定が1953年に調印され、同年10月以降は停戦を監視する「中立国監視委員会」と「軍事停戦委員会」が設置され、停戦協定遵守の監視を行っている。

ニポポ:
 この画像は停戦合意をした部屋で、中国人観光客と一緒にお写真を撮ったりしている場面です。

撮影:ニポポ

安:
 ニポポさん、めっちゃいい顔してないですか(笑)!?

ニポポ:
 これ、めちゃくちゃ怒られた後なんだ。僕さ、ドクロのTシャツを着てるのね。「ドクロのTシャツでここに来るとは何事だ!」 みたいなね(笑)。この後に僕は、金日成国家主席が座ったという椅子に、この服で座ってるのよ。なので、「本当は、こんなの絶対だめだよ?」って言われました。怒られながら座ったというね。では、次の写真に行ってみましょうか。

撮影:ニポポ

ニポポ:
 連合国がこんな感じで調印したそうです。金日成国家主席がここに座っていたようですね。

安:
 この建物は二日で作ったんですって。

ニポポ:
 マジ? 超、速いね!

安:
 人間の力はすごいと思いました。私はその話は70%くらいしか信じてないんですけど、そう言われたから、「へぇ~」みたいな(笑)。

ニポポ:
 板門店のあたりに、いきなりお互いに監視塔を作ったり、お互いを監視するための部屋を作ってるよね? あれってやっぱり、一斉に作ったわけでしょう? それがどういった、せめぎあいで作られたか……しかも、建物は的になる所にあるわけだよ。

安:
 プライドもありますしね……。

ニポポ:
 この、空き缶を建物だとすると、ここから半分が連合国側で、こっちが北朝鮮側という作りなのよ。全部で7個の建物があるんだけど、その建物の画像もあるので見ていきましょうか。

撮影:ニポポ

ニポポ:
 これが、いわゆる軍事境界線があるところです。向こうに屋根がバンク状になってる建物がありますよね。あれが韓国側の監視塔です。僕が立っているのは北朝鮮側の監視塔。中央にある建物、これ全部で7棟あるんですけれども水色の建物が連合国側の建物です。

 縦長の建物が横に並んでいますが、この中央に建物を分断するように境界線が走っています。なので、建物の両サイドに入口があって、両方から真ん中まで進むのはお互いに許されている、というようなラインになっているんですね。

撮影:ニポポ

ニポポ:
 そして軍事境界線は、やっぱり怖いんだなっていう1枚がこれです。なんてことはない、記念撮影風景に見えますけれども、僕はうっかり友好の気持ちを込めて、みたいな感じで兵士さんの腰に手を回しちゃったんですね。そうしたら、後ろの人が完全にピストルを構えてるんだよね(笑)。やっぱり、迂闊なことをしちゃいけないよ。軍事境界線はちょっとピリピリしてんだよね……。

安:
 銃を構えてるんですか!

ニポポ:
 完全に銃を抜きにかかってるんだよ(笑)。

安:
 この写真は出来過ぎ! ピューリッツァー賞ですよ(笑)。

ニポポ:
 兵士さんに触ったりしちゃいかんぞ、ということがわかる1枚ですね。マジで撃たれる5秒前でした。

この記事に関するタグ

「政治」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング