ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

ドン・中矢・ニールセンが逝去(享年58)「前田日明さんがカリスマ的存在になる要因を作った人ですよね」吉田豪らが過去の試合をふり返る

 日本の総合格闘技ブームのルーツとなった日系三世の元キックボクサー、ドン・中矢・ニールセンさんが8月15日、バンコクにて亡くなりました。

 これを受けて、久田将義さん吉田豪さん、そしてゲストのターザン山本さんが『タブーなワイドショー』にてニールセンさんと前田日明さん藤原喜明さん山田恵一さんとの激闘を振り返りながら、故人を偲びました。

ドン・中矢・ニールセンさん。画像はニールセンさんの弟が開設したFacebookファンぺージより。

総合格闘技ブームの立役者となったニールセン

左から久田将義さん・ターザン山本さん・吉田豪さん。

吉田:
 山本(ターザン)さんはニールセンと接点はあるんですか?

ターザン:
 僕はない。ただ、先日発売された本で、たまたまタイでカイロプラクティックをやっていたニールセンに誰かがインタビューしたんですね。それに書かれていた内容を見て、俺はびっくりしたんですよ。

久田:
 こちらですね。

画像は『逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 』Amazonより。

吉田:
 正直、かなり死相が出ている感じの表情なんですよね。

ターザン:
 「リアル・ビジネス・ファイト」と書かれているでしょ? 俺が聞いた話によると、前田日明戦はリハーサルがあったと聞いていたんだよね。

吉田:
 そういう定説ですね。

ターザン:
 それを俺も信じていたんだよ。リハーサル指導をしたのは、プロレスと作りがうまい藤波辰爾さんだと。藤波さんが全部絵を描いたと言っていたんだけど、ここには「リアル・ビジネス・ファイト」と書かれているわけですよ。

吉田:
 要するに「KOするな」とだけ言われて、結末は決まってなかったという言い方をしている。リアルファイトではないけど、ただのビジネスファイトでもない。「リアル・ビジネス・ファイト」だという。

久田:
 難しいですね。リアルではない。

吉田:
 プロレス心のある答え方をしている感じがありましたね。

ターザン:
 ニールセンは大学を出ているんでしょ? やっぱり、頭がいいというか、終わったことをうまく処理する能力が抜群にいいよね。

久田:
 柳澤健さんの『1984年のUWF』という本でしたっけ。

画像は『1984年のUWF』Amazonより。

吉田:
 それでもいろいろニールセンとジェラルド・ゴルドーのコメントが出てたじゃないですか。

久田:
 前田さんもね。

吉田:
 それでは、こういう含みのある言い方ではなかった気がするよね。

久田:
 ズバリ、みたいな言い方でしたけどね。

吉田:
 前田日明がカリスマ的な存在になるきっかけを作った人ですよね。

ターザン:
 ちょうどその前田日明戦のときに、両国国技館でアントニオ猪木の大きなイベントがあって。

吉田:
 猪木対レオン・スピンクス。

ターザン:
 それは、もうしょっぱい、つまらない試合になったわけですよ。

吉田:
 なにがひどいってレフェリーがガッツ石松だよ。

一同:
 (笑)

吉田:
 機能がずれはじめていた時代なんだよね。「猪木さんだ」ってことで、レフェリーがガッツさんって(笑)。

ターザン:
 猪木さんの株がドーンと落ちたのに、前田日明がニールセンと……。

吉田:
 たいした情報もないキックボクサーと、緊張感のある良い試合をやったと。

久田:
 僕は、レオン・スピンクスは、やったなくらいしか思い出ってないんですけど、前田さんの前田さんたるものは、ニールセン戦ですよね。

吉田:
 猪木、スピンクス戦で一番笑ったのが、バンテージチェックとかあるじゃないですか。一応あれをやっていたっぽくて、スピンクスの拳に「ガッツ」と書いてあるんですよ。ギャグじゃないですか、もうこれ(笑)。

ターザン:
 見るからに、来た瞬間に「これだめだな」と。

吉田:
 スピンクスですか。

ターザン:
 要するにさ、遊びに来てるようなもんだよ、日本に。

吉田:
 ただのビジネス。

ターザン:
 ビジネス以下の観光に来てるようなもんだ。

「スポーツ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング