ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

北朝鮮に行ったら「喜び組」と遊べたが「ハニートラップ」にかかりそうになった話

サービス精神旺盛な『喜び隊』。

ニポポ:
 僕がちょっと、ご飯イマイチだしつまんなさそうにしていたりすると、ツアーガイドさんが「喜び組」を呼んでくれたのよ。そして、喜び組とカラオケとかやったりしたのね。

撮影:ニポポ


ニポポ:
 画面見て向って左手にお姉さんっぽい人いるでしょう? このお姉さんが指導員ね、向かってちょっと若い右手の女の子が、研究生みたいな感じの喜び組の方々。

 喜び組の方って、普段何やっているかというと、例えば、宮廷にいてお抱えの感じで何かやっているのかというと、実はそうではなくて、みんな観光客相手のドライブインで働いていたりとか、あとはカラオケスナックにいたりとか、結構あっちこっちに仕事があるんですよ

深夜3時に押し入り『性的サービス』を強要!?

ニポポ:
 僕は、その当時はまるっきりわからなかったんだけど、初日だよ。北朝鮮の初日に、へとへとだし怖いしでホテルに戻る。明日も早いし、寝るかと思って布団をかぶる。そしたら3時くらいかな、ガチャッてドアが開いて、女の子が入ってきた

ニポポ:
 それで僕、それがいわゆる「性的サービスだ」ということがわからなくて、その時、完全に強盗だと思ったから叫んだら、バーッとその子は逃げて行っちゃったのだけど、あとで北朝鮮の人にその話をしたら、「それあなた、完全にサービスだよ。サービスと言っても有料だけど」みたいな話をされて。ハニートラップなんじゃないかと思うけど、完全にそれなんだって。

 結局、入ってきて僕がそっち系好きだったら、抱くじゃないですか? そうなったら、じゃあ昨夜のサービス、これ払って下さいということなんだって。だから強盗と勘違いして良かったよね(笑)。本当に恐ろしい。

関連記事

シリーズ第一章
 盗聴・監視は当たり前、旅客1人にお付3人の安心安全(?)な北朝鮮の旅に行ったらやっぱり色々ぶっ飛んでた

シリーズ第二章
 北朝鮮へ実際に行ってみたら日本で報道されてる以上に生活水準が高かった件

シリーズ第三章
 北朝鮮に行ったら「喜び組」と遊べたが「ハニートラップ」にかかりそうになった話

シリーズ第四章
 「北朝鮮の若い人は合コンして楽しんでる」元・朝鮮総連の職員に人民の暮らしについて色々と聞いてみた

シリーズ第五章
 日本人が北朝鮮で現地民とボウリング対決した結果、ブチギレられた挙句ぼったくられた話

この記事に関するタグ

「ニコ論壇」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング