ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

マンガの表現規制をすると「性的に異常になる?」 10年間女性と接点のなかった男性の性的異常行動とは

 性犯罪を誘発? 少女にいたずらする漫画、 作者や出版社は表現に配慮するべき?

 強制わいせつと住居侵入の疑いで男性が逮捕された事件。「成年向け同人誌を模倣して行為に及んだ」と男性が供述したことから、少女にいたずらをする表現が含まれる同人誌の作家に対して、埼玉県警が配慮と注意喚起を求めました。この件に関して、ネットでは「これは表現の自由を奪う行為である」 という声が挙がったことは記憶に新しいところです。

 このニュースに対して、雑談配信者・野田草履さんは、女性との接点がなかった10年間を振り返りましたが、その奇妙な内容に周囲がドン引きする一幕もありました。

編集/ノダタケオ(@noda

引きこもって女性と何も話さないと、性的に異常になる?

野田草履さん

野田草履:
 10年間、ずっと引きこもっていて、女性との会話が一切なかったんですよ。でも、ボクは性犯罪に走ろうと思ったことは、一回も無かったんです。

西村博之(以下、ひろゆき):
 (普通、善悪は)わかるんだよ。

野田草履:
 ただ一回だけ、女子高生の背後をずっと付いて行ったことがありますけど……。

ひろゆき:
 やってるじゃん。

まろん:
 えー、怖い。

野田草履:
 それ、一回きりです。

横山緑:
 やばいな、それ。

野田草履:
 でも、ずっと引きこもって女性と何も話さないと、ちょっと性的に異常になるのは間違いないです。

左から、よっさん、野田草履さん

よっさん:
 それでも、やって良いことと悪いことはわかるでしょ。

野田草履:
 付いて行った”だけ”だから……。

よっさん:
 別に、女子高生が何も言わなければ大丈夫なんでしょ?

野田草履:
 そうだよ。女子高生が歩くの速くて見失っちゃったから。

ひろゆき:
 もし見失わなかったら、付いて行ってどうしようとしたの?

野田草履:
 寂しかったから……。野良犬が人に付いて行くじゃないですか。ああいう感じ。

ひろゆき:
 え、じゃあ、女子高生の家まで付いて行く気だったんだ?

野田草履:
 家まで行くかは……。それは未知数ですよね。

ひろゆき:
 それは自分がどうなるかわからない。

野田草履:
 うん。

ひろゆき:
 本物だね。

横山緑:
 本物ですよ。上達者ですよ。

ほなちゃん:
 あのー。その話、女性陣みんな引いてます。

一同:
 (笑)

NER:
 だから、マンガの表現規制とか配慮すべきという話ではなくて、野田くんみたいな人間をこの社会から規制すべきなんだよ。

百花繚乱:
 「規制の対象が違う」と。

野田草履:
 でも、オレも生きる権利があるわけだから、こういう人間を救うために、やっぱり(マンガの表現)規制はすべきではないと思いますね。

「生主」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧