ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

育休申請の男性に「お前のガキなんか1円にもならない」と発言したうえに転勤命令まで。これってパワハラだし、一発レッドカードのセリフじゃないの?

 『弁護士ドットコムニュース』にて、学習塾を運営する会社に勤務していた37歳の男性が、育児休暇を申請したところ、嫌がらせを受け「お前のガキなんか1円にもならないんだよ、休まないで働けよ」と言われてしまったという内容の投稿が注目を集めています。

 この話題を受け、小飼弾氏山路達也氏が4月3日配信の『ニコ論弾時評』では、「泣き寝入りせざるを得ない構造って、やっぱりあるわけですよ。」とこの問題について語った。


会社は名前出されたら、一発アウトなんじゃないの?

小飼:
 「お前のガキなんか」という時点で、これ立派なパワハラだよね? これ一発でレッドカードのセリフじゃない?

山路:
 この人、結局会社辞めちゃったみたいなんですよね。そこのところで、泣き寝入りせざるを得ない構造って、やっぱりあるわけですよ。

小飼:
 せざるを得ないじゃなくて、泣き寝入りも忖度の一部じゃないの?

山路:
 実際問題として、裁判すると時間もかかるし費用もかかるし、みたいなことがあるわけでしょう?

小飼:
 だけれど、例えば、略式だったら、自分でもできるのにね。

山路:
 それでとりあえず訴えは起こしちゃう?

小飼:
 そうそう。

山路:
 ここまで、なんで会社側が強いんですかね? というのが、正直ちょっと。

小飼:
 強いと思い込んでいるということで、これなんか、明らかに一発で負けのやつですね。

山路:
 例えば、サービス残業というか、賃金の不払いがあった時には、とにかく断れというのが、ひとつの結論としてあったじゃないですか? それやったら、どれくらいダメージをくうものなんですかね? どういうダメージが、具体的にあるんでしょうね?

小飼:
 結局、そこで怖いわけですよ。

山路:
 何が起こるかわからない。

小飼:
 自分の職場にたてつくというのは、怖いわけですよ。でも実際にやってみたら、そうでもなかったという例は、それこそ枚挙にいとまがないので。

山路:
 よく職場で居心地が悪くなるというけれど、「お前のガキなんか、1円にもならない。」という奴がいるんだったら、もう居づらいだろうという。

小飼:
 それだったら、窓際に飛ばされるのは居心地がいいんですか? と。

山路:
 そうですよね。結局、転勤命令を出されているわけだから。訴えても、この人にデメリットなさそうな感じがするんですけどね。

小飼:
 昔に比べれば、こういうのはすぐ表に出ますし、それこそすぐバッと炎上してくれるわけですから。

山路:
 確かに、こういうのが問題になると、みんな、「問題だ。問題だ。」と騒ぐようになってきたということは、まだマシなんですかね? 昔に比べたら。

小飼:
 これは、炎上の正の側面ですね。燃えることによって、古くてダメなものがなくなっていくわけですから。これはもう、バンバン火をつけていいと思います。

 

山路:
 「1円にもならない」というふうなことを言っちゃったらしいんだけど、この前、弾さんが言っていたように、労働者っていうのは消費者でもあるわけだから。これって、会社の名前出されたら、もう一発アウトなんじゃないですか?

小飼:
 だからそういうので、バンバン出すべきなんですよ。

山路:
 そこのところでそれ自体には賛成なんですけれども、風説の流布というか、風評被害みたいなものもあるじゃないですか? 炎上で。

小飼:
 その時は、会社の方で、きちっとエビデンスを出せばいい。エビデンスを出せばいいんですよ。これが言いがかりだと言ったら、うちはこういう風にしましたというのを全部出せばいいんです。これは、ありとあらゆる組織に言えることですよ。

「生活」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング