ニコニコニュース

話題の記事

「チョコ、溶けちゃうけど、また作ってくれよ」DAIGOとゴールデンボンバー喜矢武が考えたバレンタインデーのチョコに負けない甘いセリフ

 ロックバンドBREAKERZのボーカルにとどまらず、タレント、俳優などさまざまな分野で活躍中のDAIGOさんが、視聴者発案の企画にチャレンジするニコニコ生放送番組『DAIGO P』。

 2月14日の放送では、ゴールデンボンバーのエアギタリスト喜矢武豊さんをゲストに迎え、視聴者のバレンタインエピソードをスイートかビターかに判定する、バレンタインならではの企画へ挑んだ。


左からDAIGOさん、喜矢武豊さん。

DAIGOから喜矢武へプレゼント「恥ずかしいよ(笑)」

DAIGO:
 今日ハッピーバレンタインじゃん! ハッピーバレンタインということで、本命チョコ、義理チョコとか、友チョコとかあるじゃん。

喜矢武:
 女性があげると女性にあげるのは友チョコだけど、男性が男性にであげるとホモチョコ?

DAIGO:
 で、俺ね。そのホモチョコを買ってきたのよ!

喜矢武:
 マジすか!? いいんですか!? やったー!

DAIGO:
 恥ずかしいよ(笑)。

DAIGOさんからバレンタインデー限定ポッキーの『Ganbacky(ガンバッキー)』のプレゼント。

喜矢武:
 これは、女性が男性にあげたら恥ずかしいかもしれないですけど(笑)。恥ずかしいですか? これよくあるやつじゃないですか。

DAIGO:
 俺が大好きなやつ。ほらメッセージもついてる。

喜矢武:
 「頑張って下さい」って、マジすか! じゃあ僕もいいですか? 一応用意しておいたんです。

DAIGO:
 まじでいいの? ありがとう、でもキャンサー【※】、自分で袋から出してよ。

※キャンサー
喜矢武豊さんの愛称。

楽屋のお菓子をこっそりプレゼントとして仕込んでおいた喜矢武さん。

喜矢武:
 自分で出したらガチで恥ずかしい(笑)。

DAIGO:
 何も打ち合わせしていないのに、各々仕込んでるのね。

喜矢武:
 これ楽屋に置いてあったお菓子なんですけど、ポケットに入れておいたらこんな展開になるとは。

DAIGO:
 ぬかりないね(笑)。

キャンサーだけだったもん。嬉しかったな。

DAIGO:
 この前の2月5日のさいたまスーパーアリーナ(にて開催されたゴールデンボンバーの公演)を見させていただいて。あれ盛り上がったね 。

喜矢武:
 DAIGOさんも来て頂いて。

DAIGO:
 めちゃめちゃ盛り上がったし、トロッコに乗った演出の時に目があって、ウィッシュしてくれたじゃん? あれさ、俺があそこにいると知らなかったでしょ。偶然でしょ?

喜矢武:
 違いますよ、ちょうど『毒グモ女』っていうウィッシュの振りがある曲で。やっていたら、その辺にDAIGOさんにいるんじゃね? って。

DAIGO:
 マジ!? でもメンバーで4人中1人だけだったもん、(こっちを)見てくれたの。キャンサーだけだったもん。嬉しかったな、あれ。

喜矢武:
 (ウィッシュを)やったら、すぐDAIGOさんも。めっちゃ笑顔で(笑)。

DAIGO:
 やっちゃったよ俺も。ああいう時って、やっぱりちょっと恥ずかしいじゃん! 正直、周りにお客さんもいるし、「なんかあいつ、でしゃばってた」とか思われたくないじゃん(笑)。ウィッシュをやってくれたから、やれたし。だからあの時、ウィッシュしてくれて本当に嬉しかった。

喜矢武:
 そんなに恥ずかしがってましたっけ?

DAIGO:
 ぶっちゃけそうでもないけどね(笑)。

キャンサーはモテたでしょ?

DAIGO:
 皆さんからいただいたバレンタインデーのエピソードを、甘い「スイート」か、ちょっとほろ苦い「ビター」で判定していくのですが、これを喜矢武さんと判定していきたいと思います。(視聴者からのメールを読む)僕の学校はチョコを持ってくるのが禁止なのですが、女子が男子にチョコを渡していて、その渡していた女子が、僕が小4から好きだった子でした。告白してもいないのに、振られた気持ちです。見たくないところを見てしまった日でした。

喜矢武:
 いやキツイなぁ。これだいぶキツイっすね。

DAIGO:
 じゃあ早速判定しちゃおう。これは……。スイート! こういうエピソード自体がスイートじゃん! もう自分が40近いじゃん? こういうエピソードがスイートだ、ってことを教えたいのよ。

喜矢武:
 そういうこと!? これ普通にほろ苦い話だから、ビターって言おうとしてました(笑)。

DAIGO:
 キャンサーはバレンタインデーの思い出とかある? モテたでしょ?

喜矢武:
 まぁ、モテと言えばモテたし、モテなかったと言えばモテなかった。たぶん中学校くらいが一番モテてたかな。

DAIGO:
 チョコレートは結構もらった?

喜矢武:
 そうでもないですよ。2、3個くらい。

DAIGO:
 あ、そう……。普通か(笑)。

喜矢武:
 普通ですね(笑)。

そのチョコレートみたいな瞳。それを舐めたい。

DAIGO:
 (視聴者からのメールを読む)今日はバレンタインデーなので、カメラに向かってファンのみなさんに、チョコに負けない甘いセリフを言ってください。

喜矢武:
 おぉ!

DAIGO:
 どう? バレンタインっていうシチュエーションを使ってもいいんじゃない? 言っちゃおうよ、甘いやつ!

喜矢武:
 甘いやつね……。なかなかの無茶振りだな。思いつきでいきます。

DAIGO:
 じゃ、お願いします!

喜矢武:
 君の……そのチョコレートみたいな瞳。それを舐めたい。

DAIGO:
 おぉ、いいね。今のは甘いね。瞳が茶色かったの(笑)?

喜矢武:
 瞳って、チョコレートみたいな綺麗なものですから。特に好きな子は、スイートチョコレートに見えますね。

DAIGO:
 いいじゃん! よかった。じゃ、このコーナーはこれでOKということで……。

喜矢武:
 ちょっと待ってくださいDAIGOさん。このコーナーは、「DAIGOさんと喜矢武さん」ってことですから。

DAIGO:
 いや、俺はいいでしょ!

喜矢武:
 これは言っちゃわないと!

DAIGO:
 じゃ、キャンサーがチョコレートを渡す役やってよ。

喜矢武:
 いきますよ。「DAIGOさん、あの、これ……。作ってきたんで、受け取ってください!」

DAIGO:
 え、マジで!? マジ……めっちゃ嬉しい。ありがとう。

喜矢武さんがDAIGOさんにチョコレートを渡すというシチュエーションでの一幕。

DAIGO:
 チョコ、溶けちゃうけど、また作ってくれよ。

リアクションに困って固まる喜矢武さん、その反応を見て笑うDAIGOさん。

喜矢武:
 ……。

DAIGO:
 (笑)

喜矢武:
 ……え、どういうこと?

DAIGO:
 以上、やってみたでしたー(笑)。

「芸能」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング