ニコニコニュース

話題の記事

「最も良い防衛手段は、その手段を持たないこと」コスタリカに習う平和国家の作り方とは【話者:伊藤千尋】

 コスタリカから私たちは何を学ぶことができるか?
 日本はどのようなビジョンを持って、平和を築いていくのか?
 そもそもあるべき「日本の国防のかたち」とは?

 5名の有識者が”国防”について各々の意見を展開する番組『日本国防論~宮台・白井・伊勢崎・孫崎・伊藤インタビュー集~』がニコニコで配信された。

 1948年に軍隊を廃止したコスタリカは、軍事予算をゼロにしたことで、教育や医療や環境に予算を充て、国民の幸福度を最大化する道を選びました。独自の安全保障体制で平和国家を構築したコスタリカに、私たちが学べることは何なのか。

 そして、「日本の国防のかたち」とは、どうあるべきなのか。ジャーナリストであり、NGO「コスタリカ平和の会」共同代表の伊藤千尋氏へ、日本が目指すべき「国防」のかたちについてインタビューを実施しました。

コスタリカが平和国家を構築するまでの軌跡を描いたドキュメンタリー映画『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』
(画像はAmazonより)

―関連記事―

複雑怪奇なメディア戦争の恐るべき戦略――ドキュメンタリー『クリントン財団の疑惑』がヒラリーに与えた衝撃

「“平和憲法”は残してもいいと思うが戦争状態になった時の“戦争憲法”も必要」日本のこころ党員が『憲法9条と自衛隊』をテーマに議論

「ミサイルは北朝鮮の領土で撃ち落とせる事が理想」——小野寺防衛大臣が、ミサイル防衛について語る


最も良い防衛手段は「防衛手段を持たないこと」

伊藤:
 『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』、いい映画ですよね。アメリカ人が、アメリカ人向けに作った映画。アメリカって、戦争大国、戦争中毒って言われる国だし、そういう国に対して別の生き方、国の別のあり方がありますよっていうのを、極めて具体的な例で教えるいい映画ですよね。

 この映画で思ったのは、僕の知ってる人が4人出ているんですよね。例えば、大統領で言うと、オスカル・アリアス・サンチェスアルベルト・モンへ。アリアスは、1986年に大統領に当選したんだけど、その時に僕は、朝日新聞の中南米特派員だったんですよ。それで大統領選挙の取材に行って、彼が当選して。当選するとすぐに彼は、周りの戦争やってる3つの国を周って、3つとも戦争を終わらせちゃったんですよね。

 それで彼にインタビューして、「なんで戦争終わらせたんですか?」「どうやって終わらせたんですか?」と聞きました。そうしたら、「うちの国は平和憲法持ってる平和憲法国家だから、そういう国は自分ところだけ平和で満足していいんじゃないんだ」「周りも平和にするのが平和憲法国家の役割だ」って言うんですよ。うちの首相に聞かせてやりたいじゃないですか。そんなことがあった。

伊藤千尋氏。

 それからこのアリアスさんも、日本に呼んだことあるんですよ。朝日新聞でシンポジウムをやった時に、彼、ノーベル平和賞受賞者って資格で呼んだんだけど、そのシンポジウムで彼が成田に着いた時に、空港に迎えに行って、成田から空港から都心に帰る、車の中でいろいろインタビューしたことがあって。

 そのシンポジウムの中で、彼は名言を言ったんですよ。それは「最も良い防衛手段は、防衛手段を持たないことだ」と。名言だと思うんですよね。

 それから憲法学者で出ていた、ロベルト・サモラ。彼はあの映画の中では出てなかったんだけど、2003年に、大統領をたった一人で憲法違犯で訴えた人ですよね。

 そして、判決が1年半後の2004年の9月にあって、彼の全面勝利ですよ。その時以来、ずっとメールでやりとりして。彼、何回も日本に来てるんですよ。去年、彼に会った時に、大統領憲法違犯で訴えた時に、なんでそんなことやったのかって言ったら、彼、こう言うんです。「僕を見てくれ」と。

 「今も昔も体重55キロしかない。このヒョロヒョロの僕が、大統領をたった一人で訴えるなんて、とても大それたことなんだ。でも、国民にとって憲法が危機に陥った時、国民には戦う義務がある」。こう言うんですよね。これも名言だと思うんですよ。この言葉って、今の日本にそのまま当てはまるような言葉じゃないですか。

 そういうような人がこの映画に出てて、僕はとても近しい気持ちになりました。

「コスタリカ平和の会」ではどのような活動を

 2002年に、弁護士の「コスタリカ視察団」というのが、日本からコスタリカに行ったんですよ。僕、その時に、コスタリカの2002年の大統領選挙も取材に行ったんですよ。僕、当時のアメリカの、朝日新聞のロサンゼルス支局長をやってて、そこからコスタリカの大統領選挙取材に行って、その時に日本から来た弁護士の視察団と一緒に、コスタリカの仕組みを見て回った時に、コスタリカの仕組みを素晴らしいと思ったんですね。

 そして、それを日本に応用するような、日本の参考になるような、そういった足がかりとなる橋渡しをする、そういうNGOを作りたいと思った。で、その場で作ったんですよ。日本側は、僕と弁護士の人が共同代表になって、コスタリカ側は、コスタリカの国際弁護士という人が共同代表になって作って。そして以来、日本の中でコスタリカを知らせる、という仕事をやってきたんです。でも、この一回の映画にはかなわない。

コスタリカ式は日本に応用できるか

 コスタリカは、平和憲法を持って軍隊を廃止した。そして、日本は平和憲法を持っている。それは同じじゃないですか。何が違うかというと、軍隊を持っているかどうかの違いですよね。でも、日本ってみんな忘れてるけども、1947年に今の日本国憲法ができてから、自衛隊ができる1954年まで、軍隊はなかったんですよ。

 つまり、その7年間はコスタリカに先んじて、軍隊を持たないという平和憲法を持ち、本当に軍隊を持たなかったという、世界最初の国だったんですよね。コスタリカより早い段階でそれを実現してるのが、我が日本ですよ。だから、コスタリカを応用してるんじゃなくて、元の日本に帰ればいいだけの話ですよね。そんなに難しい話じゃないんですよ。


この記事に関するタグ

「政治」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング