話題の記事

エジプトの国民食「コシャリ」が日本でも手軽に食べられるぞ!お取り寄せして食べてみたら“あまりにも初体験の味”だった

 今回紹介するのは、砂船MAさんが投稿した『【5分で古代エジプト】コシャリを食べてみた【ゆっくり解説】』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、エジプトの国民食「コシャリ」をカップにした「TikTikインスタントコシャリ」の食レポを紹介します。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


エジプトのソウルフードがカップで登場!

砂船MA:
 エジプトの国民食と呼ばれるコシャリが気になっているのです。

アクエン:
 エジプトで最も有名な名物料理で、日本で言うと焼きそばみたいな立ち位置らしいね。ただ、古代からの伝統料理ではなく、第一次世界対戦あたりに完成した料理らしいよ。

砂船MA:
 伝統料理でなくとも、エジプトの代表料理ですので気になっちゃうのですよね。

アクエン:
 とはいえ、日本の片田舎ではなかなか食べられるものではないよね。

砂船MA:
 そう思っていたのですけどね、なんとインスタントコシャリの通販を見つけたのです!

アクエン:
 コシャリってインスタントになるものなんだ。

砂船MA:
 さっそく購入したのがこちらです。こちらがインスタントカップコシャリです。

アクエン:
 結構大きいね。カップ麺の大盛りタイプくらいあるかなあ?

砂船MA:
 横を見ると、日本語と英語で作り方が書かれていますね。

アクエン:
 ここらへん見るに、輸出用に作られているという感じがするね。

砂船MA:
 中にはトマトソースシーズニング、フライドオニオン、チリペッパーが入っていますね。

アクエン:
 コシャリは米、マカロニ、そら豆などで、炭水化物の塊という感じだね。

砂船MA:
 では早速トマトソースシーズニングを投入。この粉を投入した瞬間、トマトと、からしマヨネーズの匂いがあふれましたよ。お湯を入れてかき混ぜます。

 で、5分経ったのがこちらなのですが、驚きました、カップの半分ほどしかなかったコシャリが、出来上がったらカップ一杯にモリモリになっていました!

アクエン:
 すごい膨張率だ。

砂船MA:
 ストーンで持ち上げて見ましたが、すごくふわふわで軽いです。

アクエン:
 マカロニがメインだから、ごはんとは重みも固まり方も違うよね。

砂船MA:
 そしてここにフライドオニオンと、チリペッパーを半分ほど入れ、完成です! それでは実食です! エジプトの味をいただきます!  

 マカロニも米も凄く柔らかいのですが、オニオンフライがほどよい食感を与えてくれます。日本では味わったことのない味ですね。表現は難しいですが、強いて言えば酸味でしょうか? パエリアみたいなご飯感覚で食べ始めたのですが、食べてみるとオジヤとかおかゆみたいな感じですね。

アクエン:
 それで結局のところ美味しかったのかね?

砂船MA:
 正直な話、あまりに初めての味すぎて判断つかないですね。調べてみると、コシャリにはいろいろアレンジがあって、次食べるときはチーズ乗せをやってみたいと思いました。

アクエン:
 エジプトは憧れても軽々と行けるところでもないし、こうやって食事でエジプトを感じるのも良いかもだね。

 ちなみに投稿者によると、このコシャリはものすごく腹持ちが良いそうですよ。解説をノーカットで聞きたい方はぜひ動画を視聴してみてください。


▼動画はこちらから視聴できます▼

【5分で古代エジプト】コシャリを食べてみた【ゆっくり解説】

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―関連記事―

アメリカ軍の戦闘糧食「MRE」を食べてみた感想は…意外にも美味しい⁉ ミリ飯を食レポしつつ“携行食”の歴史を考えてみた

世界一くさい食べ物と噂の“シュールストレミング”、ドカ食いしてみた。味を伝える渾身の食レポに「なんで食えるの」「人を超えてる」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「料理」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング