ニコニコニュース

話題の記事

『ポケモン』60分以内に1000m走ってからゲームクリア? RTAと“中距離走”が合体した奇抜すぎる動画シリーズがスタート!

 さまざまな投稿者によって趣向を凝らした企画が投稿される実況プレイ動画。

 それぞれが違った魅力を生み出すため、同じゲームをプレイしていてもプレイ方針が少し違うだけで全く別物な動画が生まれる。

 ニコニコ動画でも多くの実況プレイ動画が投稿されているが、中には趣向を凝らした結果、普通ならば決して交わることのない要素が交わってうようなものも存在する。

 今回紹介するのは普段ならば絶対に交わることがないであろう陸上競技の中距離走とRTA動画が合体した動画

 佐藤ひろし(バイ)さん投稿の『【実況】1000m走ってからポケモン初代RTAを合計60分以内にクリアpart1(ゼニガメチャート編)』だ。

 この動画は1000mの中距離走を行った後に『ポケットモンスター青』のRTAを行い、合わせて60分以内のクリアを目指すというもの。

 今回はあまりにも特殊すぎるRTA動画。多くの視聴者が困惑した驚きのRTAの様子をご紹介する。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『ポケモン銀』ドーブルだけでクリアを目指す縛りプレイ動画がスタート! アイテム使用禁止に野生ポケモンでの経験値稼ぎ禁止…これは伝説の予感

『ポケモンスナップ』かわいすぎるウパーとヌオーを激写!! 構図にこだわり抜いたキュートなアルバムを公開

1000m走と『ポケモン』を合計60分でクリアするRTA

 前述の通り陸上競技のひとつである1000m走とゲームクリアまでのタイムを競うRTAを合体させた特殊すぎる本動画。まずは基本的なプレイスタイルからご紹介しよう。

 本プレイは特殊ではあるもののベースとなるのはRTAということで、動画によれば基本的なルールは以下の通りだ。

・1000mのスタートからTHE ENDが出るまでの時間を計測する
・ポケモンスタジアム金銀GBビルの4倍速機能を使用
・ピッピ人形によるガラガラ突破の禁止
・裏技・バグ技の禁止 

 普通のRTA動画では決して見ることのない文言も記載されているが、プレイの基本的な流れとしては1000m走のスタートからタイマースタート

 ニンテンドー64で発売された『ポケモンスタジアム金銀』で使用できる4倍速機能で『ポケットモンスター青』をプレイし、クリアまでの時間を計測する。

 RTA部分は倍速機能こそ使用しているものの、バグ使用を禁止していたりとルール自体は比較的スタンダードであり、やはり気になるのは1000m走の部分。

 あまりにも謎過ぎるルールだが本プレイでは『ポケットモンスター青』のプレイ前に1000mを全力疾走し、そのままノンストップでゲームプレイに移行する。

 画発表時には「1000m走とポケモンを合わせて60分以内にクリアします」という発言に対し、視聴者から困惑の声が多く寄せられていた。

夜道を全力疾走。息切れしながらゲームに挑むハードなRTA

 中距離走と『ポケモン』RTAが合わさった本動画。その特殊なプレイ方針をご紹介したところで、プレイの様子をチェックしてみよう。

 動画をチェックして一番に飛び込んでくるのは暗い住宅地の映像。いきなり屋外からのスタートだ。

 タイマーのスタートと同時にダッシュ。住宅地を駆け抜けていく。

 『ポケットモンスター青』のプレイ時間を増やすためにも1000m走部分は可能な限り早く走破したいのだろう、動画では社会人としてはかなりのペースを保った走りが残されている。

 安全にも気を付けながらハイペースで走り続け、1000mを走り切ったのは2分56秒。大人としてはかなりの好タイムを記録した。

 コメント欄ではこの好タイムに対し、「100m18秒で走れないやつ普通におるだろ」とペースに感心する視聴者が多く、驚きの声が多く寄せられていた。

全力疾走の疲れも抜けぬまま「ポケモンしなくちゃ」とプレイを開始

 大人になってからの中距離走はだいぶハードな運動と言えるはず。そんな1000mを3分の好タイムで走り切った疲労感はかなりのもの。

 動画では恐らく半分を過ぎたころから息が上がりはじめ、1000m走破後には呼吸も激しくなっている。

 筆者なら酸欠でぶっ倒れていてもおかしくなさそうな息切れだが、これはRTA休んではいられないのだろう。 佐藤ひろし(バイ)さんは疲労の中でも「ポケモンしなくちゃ」と使命感を感じさせる声を漏らし、プレイ環境に戻っていった。

 ゲームの操作が始まったのは4分ほど。まだまだ呼吸も整っていないが、ゲーム部分の計測区間などを解説しながらプレイ開始。

 ニックネームの入力でミスをするなど1000m走の疲れは見られるものの、「苦しい、でも3分切れた」と好タイムを振り返る余裕はある様子。

 Part1ではニビジムのタケシに挑む様子が収められているが、道中を含めゲームプレイ時は細かな解説を交えた本気のプレイを収録。

 中距離走を全力で走り切った後に解説まで行う過酷なプレイには「解説入れるのキツすぎて大草原」、「全力で走った後に解説しながらRTAするのヤバい」といった声が寄せられていた。


 1000m走と『ポケットモンスター青』のRTAが合わさった本動画。普通のRTA動画では決して見ることができない特殊なプレイの様子をぜひご覧いただきたい。

文/富士脇 水面

【実況】1000m走ってからポケモン初代RTAを合計60分以内にクリアpart1(ゼニガメチャート編)

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたたい―
『ポケモン銀』ドーブルだけでクリアを目指す縛りプレイ動画がスタート! アイテム使用禁止に野生ポケモンでの経験値稼ぎ禁止…これは伝説の予感

『ポケモンスナップ』かわいすぎるウパーとヌオーを激写!! 構図にこだわり抜いたキュートなアルバムを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング