話題の記事

暗殺ステルスゲーム『HITMAN』をたのしく実況プレイ! 遠距離狙撃、毒殺、事故に見せかけ……ハチャメチャな暗殺任務の様子をご紹介

 好奇心。ゲームを長く楽しくプレイするためには欠かせないスパイスだ。

 筆者の主観がだいぶ混じるが、好奇心を持ってプレイするのと、ただ流れに沿ってプレイするだけではゲームから得られる体験の質が大きく変わるように思える。

 時には好奇心に従った結果、あまりよろしくない事態を招くこともあるが、ゲームにおいて「こう動いたらどうなるのだろう?」、「この先に進んでみたらどうなるのだろう」といった好奇心からのハプニングは大概笑えるし、それはそれで美味しい体験になる。

 今回は紹介するのは、そんな好奇心に溢れた実況プレイ動画。愛の戦士さん投稿の『【HITMAN:ヒットマン】殺し屋ハゲ、ガバガバ過ぎる初暗殺任務 #1【ICA施設 到着編】』だ。

 本動画は愛の戦士さんが、ステルス要素の強いTPS『HITMAN』をプレイし、暗殺者であるエージェント47として、さまざまな暗殺任務に挑戦するというもの。

 いたって普通な実況プレイ動画ではあるが、好奇心旺盛な愛の戦士さんが生み出す珍プレイは必見だ。

 今回は自身の好奇心に従い、面白可笑しく暗殺任務に挑む本シリーズの魅力をご紹介する。

―あわせて読みたい―
Switch版『マリオ64』で二人羽織プレイをしてみた。Joy-Conの左右を2人で分割操作するワチャワチャ実況が仲良しそうでほっこり!

【遊戯王】高額カードの金額予想に挑戦した動画が投稿。王道の“青眼の白龍”、なつかしの初代“真紅眼の黒竜”、ゲームソフトに付属した伝説の超レアカード…ランキングと高額の理由を一挙公開!

プレイヤーの観察眼が光る暗殺ステルスゲーム『HITMAN』

 愛の戦士さんが挑む暗殺任務の様子をご紹介する前に、『HITMAN』について軽くご紹介しよう。

 先述の通り『HITMAN』はステルス要素の強いTPSであり、変装やステージごとに異なるギミックを駆使してターゲットの暗殺に挑む。

 ターゲットや周辺人物に怪しまれないように変装しながら近づき目標を達成するというのが暗殺任務の基本的な流れとなる。

 暗殺方法は、スナイパーライフルでの遠距離狙撃や毒殺のような王道の手段から、照明機材を落下させたり崖から突き落とすような事故に見せかけたものまでさまざまだ。

 どんな手段を用いてもステージのクリア条件さえ達成してしまえば問題ないという自由度の高さも本作の特徴のひとつ。

 もちろん、怪しまれずにスムーズに暗殺を達成するほど評価は高くなるが、銃火器を持ち込み暴れまわってもターゲットさえ処理できてしまえば問題ない。

 この自由度の高さは無数のやり込みプレイを生み出す本作の大きな魅力であり、今回ご紹介する動画に収録されるハチャメチャなプレイにもつながっている。

気になったことをとにかく試す! 珍プレイ連発の『HITMAN』実況

 愛の戦士さんが暗殺任務に挑む本シリーズの魅力は『HITMAN』と相性抜群の溢れ出るいたずら心と好奇心から生まれるハチャメチャプレイだ。

 『HITMAN』は自由度の高さから、プレイヤーの特徴がプレイに大きく現れるゲームだ。同じステージをプレイしていても、丁寧に観察してから目標達成を目指すプレイヤーもいれば、さまざまな手段をとりあえず試してみながら目標達成を目指すプレイヤーもいる。

 実況プレイではそれぞれ違った楽しみがあるが、愛の戦士さんはどちらかと言えば後者のプレイであり、本シリーズでは好奇心に正直すぎる行き当たりばったりなプレイを見せている。

 例えばチュートリアルを終え、初めての実戦に挑んだPart3では、序盤から変装せずに立入禁止区域に侵入し、人目もはばからず警備員をノックアウト。そのまま大胆にもその場で警備員に変装。

 当然ノックアウトした警備員が発見され、警戒されてしまった。普通のプレイヤーであれば、警戒されてしまった後は慎重に動くのだが、愛の戦士さんは違う。

 「やばい! 見られた!」と焦りながら隠れた展示スペースには「ガラスを割る(ディスプレイケース)」の文字。

 このタイミングでガラスを割るプレイヤーはそうそういないだろうが、愛の戦士さんは躊躇う様子もなくガラスを破壊

 その後も「人きちゃうよ!」と自身の行動を振り返りながら、ふたつめのディスプレイケースを破壊し、さらに近くを歩いていた警備員を、これまた周りを確認することなくノックアウト

 試せることはとりあえず試してみるプレイには視聴者も驚いているようで「ここまで自分に正直なヒットマン実況初めて見た」、「効率目指すと誰もやらないような地雷でも踏み抜いていくスタイル」といったコメントが寄せられていた。

 シリーズを通して好奇心旺盛な行き当たりばったり、気になることをとにかく試してみるスタイルでプレイを進める愛の戦士さん。

 そのスタイル故、ピンチに陥ることも多いのだが、時にはその好奇心から限定的なギミックを発見することもあった。

 『HITMAN』ではひとつのステージの中に、さまざまな暗殺方法が用意されているため、愛の戦士さんもアプローチを変え同じステージに何度か挑戦している。

 Part3と同じステージに挑戦しているPart4では2名のターゲットを同時に処理してみたいと暗殺方法を模索し、テラスから暗殺したターゲットの遺体を落として、階下いるもうひとりのターゲットに当てるという計画を立てた。

 残念ながらこのアプローチは失敗してしまったのだが、実はニアミス。かなり惜しいところまで来ていた。

 というのも、どうにか同時に処理してみたいと同じシチュエーションまで進めた愛の戦士さんが観察しているとチャンス到来。階下にいるターゲットと会話するために、テラスの端までもうひとりのターゲットがやってきたのだ。

 先のプレイでは片方のターゲットを先に処理してしまったために、起きなかった会話が発生し、同時に処理するチャンスが生まれたわけだ。

 このチャンス到来を想定していなかった愛の戦士さんは驚きながらも「ちょっと待ってください! 今しかないでしょオラァ!」とターゲットを突き落し、念願の同時処理に成功。ご機嫌な様子で任務を終了した。

 『HITMAN』ではこのような同時処理のギミックなど、さまざまな暗殺方法が用意されているため、好奇心溢れる愛の戦士さんが、どれだけ発見できるのか注目だ。


 愛の戦士さんが好奇心といたずら心を武器に暗殺任務に挑む本シリーズは執筆時点でPart10まで投稿中。シリーズを通して行われるハチャメチャで笑えるプレイをぜひご覧いただきたい。

文/富士脇 水面

【HITMAN:ヒットマン】殺し屋ハゲ、ガバガバ過ぎる初暗殺任務 #1【ICA施設 到着編】

―あわせて読みたい―
Switch版『マリオ64』で二人羽織プレイをしてみた。Joy-Conの左右を2人で分割操作するワチャワチャ実況が仲良しそうでほっこり!

【遊戯王】高額カードの金額予想に挑戦した動画が投稿。王道の“青眼の白龍”、なつかしの初代“真紅眼の黒竜”、ゲームソフトに付属した伝説の超レアカード…ランキングと高額の理由を一挙公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング