ニコニコニュース

話題の記事

声優・花澤香菜は“少年役”を演じても最高だった! 中国で大ヒットしたアニメ映画の吹き替えでみせた新境地を語る【『羅小黒戦記 (ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』インタビュー】

 花澤香菜さんと言えば、『化物語』の千石撫子、『ニセコイ』の小野寺小咲、『五等分の花嫁』の中野一花など、これまで多くの人気作で主要女性キャラクターを演じ、その可愛らしい声で視聴者を魅了してきた。
 そんな花澤さんが、11月7日より公開される劇場アニメにおいて黒猫の妖精である少年を演じることになったのだ。

 その作品のタイトルは羅小黒戦記 (ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来
 中国発の劇場アニメの日本語吹き替え版だ。

(C) Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

 本作は中国国内で興行収入49億円という大ヒットを記録した。
 2019年秋に小規模ながら日本語字幕版が公開されると、SNSで徐々に話題になり、映画館は軒並み満席。公式グッズは発売されるやいなや、すぐ完売。2020年夏まで映画館で上映が続いたという、異例のロングヒットとなった。

 そんな『羅小黒戦記』が、主人公のシャオヘイ役に花澤香菜さん、主要キャラクターの2人に宮野真守さん櫻井孝宏さん。脇を固めるキャストに松岡禎丞さん斉藤壮馬さん杉田智和さん水瀬いのりさん大塚芳忠さん。音響監督には「サイコパス」シリーズ、「ガルパン」シリーズを担当した岩浪美和監督と、超豪華な布陣で日本に再上陸することとなった。

 今回、映画の公開に先駆け、主人公・シャオヘイを演じた花澤香菜さんにインタビューを行い、本作の魅力についてお話をうかがった。
 これまで多くのヒロイン役を演じてきた花澤さんがどのように“黒猫の妖精の少年”キャラクターを作り上げていったのか。演技の幅を広げて進化を続けている花澤さんの力強い言葉に、ぜひ触れてみて欲しい。

 

取材・文:金沢俊吾
撮影:桐山来久


──本日はよろしくお願い致します。

花澤香菜: 
 よろしくお願いします!

──『羅小黒戦記』はすごく中国で大ヒットした作品で、日本でも字幕版が上映され話題を呼んでいました。本作は元々ご存知でしたか?

花澤: 
 話題になっているのは知っていました。なので、お話いただいたときに「ああ、あの作品か!」って。

──この作品は、とにかく主人公のシャオヘイがかわいいですよね。

花澤:
 そうなんです! オーディションもなくシャオヘイ役のオファーを頂いた上で本編の映像を見たんですけど、シャオヘイがかわいすぎて「ハードル高いなあ……」って思いながら見てました。

──あのかわいさの正体って、どんなところにあると思いますか?

花澤:
 シャオヘイって、もう赤ちゃんみたいなんですよ! あの、ぷくーとしたほっぺたとか、やっぱりかわいいんですよね。それにネコ耳がついてるって、もう最強のかわいい生き物です!

(C) Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

黒猫の妖精を演じること

──花澤さんは女性のヒロインキャラを演じることが多いと思うのですが、今回は少年役ということで、演じる上で意識したことはありましたか?

花澤:
 少年っぽく作るというよりは、わんぱくで、純粋で、ちょっと小生意気っていう性格が見てくださる人に伝わればいいなと思って演じました。なので、あんまり「少年」っていうのを意識はしませんでしたね。

(C) Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

──シャオヘイを演じるうえで意識されたことを教えてください。

花澤:
 ネコの姿の声は、ほぼ原音(中国語版)が使われていて、私は必要なところだけを演じた形なので、原音とほぼ同じにしなくちゃいけないっていうところがあって。そこはできる限り寄せることを意識しました。
 シャオヘイのセリフの部分も、例えば、原音のシャオヘイっぽさをすごく真似しましたね。

──原音の真似をしたというのは、日本のアニメ作品を演じる場合とはかなりアプローチが違いますよね。

花澤:
 そうですね。最初から自分だけだったら、絶対出てこないような演技だったと思います。

──本作は、森で暮らすシャオヘイが様々な妖精や人間と関わる中で成長していく姿が見どころですよね。

花澤:
 ムゲンとのやり取りの中で、心の距離感がどんどん変わってくるじゃないですか。最初は突っけんどんに「この人は味方じゃない」って思いながら、でもふとした瞬間にすごい信用してしまったりとか。そういう心の動きは、自分の思ったようにやってみようかなって。マネする部分と、そうじゃない部分とは分けてやってました。

(C) Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

──心の変化といえば、ラストの戦闘シーンのシャオヘイを、とても力強く演じられていますよね。

花澤:
 はい、自分の進む道を決意するシーンなんですけど、そこはとにかく凛々しくカッコよくしようって。彼がどんどん新しい道へ進んでいるっていうのが明確にわかった方がいいんだと思って、そこは強く意識しましたね。

──鳥肌が立つような最高に熱いシーンだと思います。

花澤:
 いいですよねえ……!そこはとにかく、ちょっと勇ましく、男らしく演じてみました。

宮野真守さん、櫻井孝宏さんは「ピッタリすぎる!」と思った

──シャオヘイの“2人の師”とも言えるムゲンとフーシーを演じられた、宮野真守さん、櫻井孝宏さんも素晴らしかったですよね。

花澤:
 そうなんです! 演じられるのが宮野さんと櫻井さんって聞いたとき、「ピッタリすぎる!私もそれがいいと思う!」って思いました(笑)。

──アフレコをご一緒していかがでしたか?

花澤:
 アフレコは、コロナ禍っていうのもあって一人ずつ収録したんですけど、私が一番最初だったんです。

──なるほど、じゃあ誰の声も入っていない状態で演じられたんですね。

花澤:
 でも、吹き替え版で中国語は喋ってくれているので、あんまり難しく考えずにできました。

(C) Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

花澤:
 
宮野さん演じるムゲンって、人生何周目なんだろう? ってぐらい達観してるキャラクターで、一言一言あんまり長くしゃべらないんですけど印象に残るっていうか、引き込まれてしまう雰囲気を出せるのは宮野さんならではですよね!
 一方で、ムゲンはちょっと抜けてるところがあるんですけど、声の柔らかさともマッチしててすごくかわいらしいところもあるのも宮野さんらしさがあるなって思いました。

──クールでかわいらしいムゲンと、シャオヘイのやり取りも本作の見どころだと思います。

花澤:
 あんなに必死に捨て身で戦っている櫻井さんって見たことがなくて。櫻井さんは常に1ミリも動かずに敵を倒してるイメージがあるじゃないですか。だから、すごい新鮮な気持ちになりましたね。これは貴重な櫻井さんのお声を聞いているぞって。

(C) Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

中国語はちょっとずつ勉強している

──中国アニメの吹き替えをする機会ってなかなか珍しいことだと思うんですけど、苦労されたこと、普段と違ったことってありますか?

花澤:
 そうですねえ……でも、私、中国語には結構なじみがあるんですよ。

──中国のテレビ番組に出演されたこともありますよね。

花澤:
 そうなんです。中国でお仕事する機会もありますし、自分で中国語が読めて発音できるように、ちょっとずつ勉強しているんです。
 でも、発音はやっぱり最初すごく戸惑いましたね。

 例えば、「シャオヘイ」という単語ひとつ取っても、中国語と日本語でイントネーションが違うんです。

(C) Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

花澤:
 中国語は子音が多くて早口に聞こえるので、ちょっとのセリフでも鋭く聞こえるんです。なので、そのニュアンスを日本語でやろうとするのは結構難しいと思いましたね。

──ちなみに花澤さんは、中国語を聞いてニュアンスは大体わかるんですか?

花澤: 
 テレビ番組で喋っているのは練習したものを言ってるだけなので、自分で言葉を紡ぐって感じではないんですけどね。あ、でも、なじみのある言葉だったら分かるようになってきました!

どんな経験でも仕事につながる

──今回、黒猫の妖精の男の子を演じたのもそうですが、今後、演技の幅もどんどん広がっていくのだろうなと思うのですが、演じてみたい役ってありますか?

花澤:
 男の子でこんなにたくさんしゃべる役ってあんまりやったことがなかったので、もっとやってみたいですね。

 あとは、最近、先生とかお姉さんキャラを演じることが増えてきたんです。「ちゃんと人間的に深みのあるキャラを演じられるポジションにならなきゃいけないな」っていう想いはありますね。そこはもう自分自身の経験値が活きてくると思うので、これからいろんなことを体験・経験したいって思っています。

──花澤さんは声優のお仕事以外にも、CMに出演されたり、それこそ中国のテレビ番組に出演されたり、そういった経験が演技につながっているんですね。

花澤:
 本当にそうですね。『ロシャオヘイセンキ』で言うと、中国にいっぱい出掛けて、中国でお仕事をしてきた経験がすごく活きていると思います。どんな経験もお仕事につながらないことはないんだなって思うので、何でもやってみたい! という気持ちです。


直筆サイン入りチェキ&映画公式グッズをプレゼント!

 取材後、花澤香菜さんにシャオヘイと一緒にチェキを撮らせて頂きました。今回はこのサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントします!

 さらに、抽選で5名様に『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』のオリジナルグッズ、「オリジナル“ネコ”バッグ」をプレゼント!

 プレゼント企画の参加方法はニコニコニュースTwitterアカウント(@nico_nico_news)をフォロー&該当ツイートをRT。ご応募をお待ちしています!

info

『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』
公式サイトはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「声優」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング