ニコニコニュース

話題の記事

『ポケモンXY』を4人同時プレイ! “仲間が捕まえたポケモンはゲット禁止”で図鑑コンプを目指すハードすぎる実況シリーズがスタート

 現在までに多くの実況者によって投稿されてきた実況プレイ動画。突然だが、毎年投稿を楽しみにしている動画シリーズはあるだろうか?

 季節イベントに合わせた実況プレイや、毎年恒例の企画として投稿されているものなど、毎年新シリーズが投稿される実況プレイ動画は多く存在する。

 今回紹介するのは毎年新シリーズが投稿されている実況プレイ動画シリーズ。しもやかさん投稿のポケモン全707匹集めるまで終われない旅シリーズだ。

 本シリーズは4人で同時に『ポケットモンスター』シリーズをプレイし、作品ごとに登場する新ポケモンを「誰かが捕まえたポケモンは捕まえられない」というルールのもとすべてのポケモンの捕獲を目指す実況プレイ動画だ。

 「ポケモン4人旅」と呼ばれる本シリーズは初代『ポケモン』から続いており、今回投稿された新シリーズでは『ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)』、および『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア(以下、ポケモンORAS)』をプレイする。

 今回はポケモンを奪い合いながら図鑑の完成を目指す「ポケモン4人旅」、投稿されたばかりのPart1の様子をご紹介する。

―あわせて読みたい―
『モンスターファーム』4人同時プレイの実況動画が投稿! 全員が同じペース・同じコマンドで育成すると、モンスターの強さはどれだけ変わるのか?

『ポケモンBW&BW2』仲間が捕まえたポケモンは捕獲禁止!? ポケモンを奪い合いながら図鑑完成を目指すポケモン4人旅

ポケモンを奪い合いながら図鑑の完成を目指す実況プレイ

 先述の通り「誰かが捕まえたポケモンは捕まえられない」というルールにのっとり、全ポケモンの捕獲を目指す本シリーズ。

 ゲームをプレイしているのは配信者グループ「S4」のメンバー、「しもやか」さん、「ソイソース醤油」さん、「ショタコンくらげ」さん、「凄いぞ岩切」さんの4人だ。

 本シリーズは今年の8月7日から行われた配信を編集したもので、4人は以下の基本ルールを守りながら全ポケモンを捕まえるまでポケモンをやめることができない。

0.全707種のポケモンを集めるまで生配信を終われない。
1.誰か1人が捕まえたポケモンは捕獲禁止。
2.前作までに捕まえたポケモンは捕獲済みとする。
3.殿堂入りまでは4人で同じルートを共に進行する。
4.ジムごとに捕獲数・ジム突破順・通信対戦で競う。

 注目のポイントはやはり、前作までのポケモンと誰かが捕まえたポケモンは捕獲禁止であることだろう。

 殿堂入りまでは4人で進行を揃え、ジムごとに競い合うというポイントも気になるところだ。

 また、本シリーズでは『ポケモンORAS』に登場するメガシンカポケモンも捕獲対象となる。

 生配信では集め終わるまで終われないため、2人1組になって仮眠をとる時間発生する。その仮眠中に『ポケモンORAS』をプレイし、メガシンカするポケモンを集めるのだ。

 メガシンカ集めでのルールは以下のとおり。

1.メガシンカするポケモンとその進化前ポケモン以外は使用禁止。
 捕獲自体はXYでも可能。ただしXYでの使用は禁止。
2.XYからORASへはジム突破後にLv(バッジ数+1)×5以下のみ転送可。
 殿堂入り後は自由に転送可。

 誰かが捕まえているポケモンや過去作で捕まえているポケモンは基本的に捕獲することができない本シリーズでは限られた手持ちで物語を進めなくてはならないため、ポケモンの争奪戦は4人とも本気だ。

 本シリーズでは通信対戦が行われるほか、過去シリーズでは進行に必須なひでんわざ要員の確保が行われていたが本作では分配が考えられていないため、ひでんわざで詰んでしまった場合は他のメンバーと交換の交渉を行う必要がある。

 誰がどのポケモンを捕まえるのか? 通信対戦ではどんな盛り上がりを見せるのか? 今後の投稿では大きな見どころとなるだろう。

自身のプレイを快適に、誰かのプレイを苦しめる「ポケモン争奪戦」

 本シリーズ見どころとなるのが最初に仲間になるいわゆる御三家ポケモンから野生のポケモンまで、登場するあらゆるポケモンを奪い合うポケモン争奪戦だ。

 御三家のポケモン争奪戦は1匹ずつ4人同時に行われ、ライバルとのバトルに最も早く勝利した人が、そのポケモンの使用権を得ることができる。

 御三家の争奪戦ではキャラクターとの会話をいかに早く突破できるか連打力が試されるほか、急所を引くことができるか否かといった運要素も大きく影響する。

 例えば最初の御三家、水タイプのケロマツのバトルでは連打するあまりポケモンのニックネームを「つける」選択をしてしまい、他の3人から遅れてしまうハプニングが発生。

 ニックネームの選択でやや出遅れたしもやかさんだが、バトルでは急所を当てることに成功し、差を詰めるなどアツいシーンが確認できる。

 3度の御三家の争奪戦で負けてしまったしもやかさんは、最初の草むらで御三家の代わりとなるポケモンを捕獲することに。

 3匹の新ポケモンが出現する草むらに入ると貴重な「そらをとぶ」要員であるヤヤコマが出現。大きく出遅れたはずが、後々を考えると非常に良いスタートを決める結果となった。


 ポケモンを奪い合いながら全707匹のポケモンの捕獲を目指す本シリーズ。Part1では御三家の捕獲と最初の草むらでのポケモン争奪戦の様子が収められている。

 この夏行われたアツく苦しいポケモン実況をぜひご覧いただきたい。

文/富士脇 水面

ポケモン全707匹集めるまで終われない旅 Part1【XY】

―あわせて読みたい―
『モンスターファーム』4人同時プレイの実況動画が投稿! 全員が同じペース・同じコマンドで育成すると、モンスターの強さはどれだけ変わるのか?

『ポケモンBW&BW2』仲間が捕まえたポケモンは捕獲禁止!? ポケモンを奪い合いながら図鑑完成を目指すポケモン4人旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング