ニコニコニュース

話題の記事

使えるボタンを3つに制限して『カービィボウル』RTAに挑戦? 有名なTAS動画を人力で再現した驚愕の動画が投稿!

 ニコニコ動画に投稿されるゲーム実況動画の中には「○○学会」というタグやタイトルが使用されている動画が存在する。

 「学会」。学問や研究に従事する人々が、自身の研究成果を公開発表、検討論議する場。

 ゲーム実況とは一見まるで関わりのないような言葉にも感じるかもしれないが、確かにその言葉がぴったりの動画が存在しているのだ。

 学会と呼ばれる彼らの動画を見てみると、自身がやりたいことの最適解が見つかるまでひたすらにプレイを続け、まさに研究と呼べる域までのやり込みを見せている。

 今回は紹介するはそんな学会に仲間入りしたといっても過言ではないやり込みを見せた一本の動画。

 今回紹介するのは有名なTAS【※】動画シリーズ『3つのボタンでカービィボウル』と同じ制限でRTAに挑戦した、美少女さん投稿の『【制限RTA】3つのボタンでカービィボウルRTA 54:30 Part1【ゆっくり実況】』だ。

※TAS
Tool-Assisted Speedrun(またはSuperplay)の略。エミュレータの機能を用いて、通常のプレイでは再現できないようなスーパープレイを作り出すプレイスタイル。

 この動画はツールアシストを用いたTAS動画と同じルール、「上、A、Bボタン」だけを使って『カービィボウル』のRTAに挑戦した動画だ。

 今回は一般的なゲームの腕前では再現できないようなプレイ、人力TASとも言える過酷なRTAに挑んだ動画をご紹介する。

―あわせて読みたい―
『コロコロカービィ』でゲームキューブ本体をぶん回す!? 1kg以上ある機体を持ちあげて、傾けながらクリアする狂気のRTAが誕生

『リングフィットアドベンチャー』運動負荷レベル最大で挑むRTA動画!! 22時間運動し続ける過酷なチャレンジに「前世で何したらこんな罰を受けるんだ」の声

上、A、Bだけでプレイする3つのボタンで『「カービィボウル』RTA

 さて、先述の通りボタンの使用を「上、A、B」だけに制限し『カービィボウル』のRTAに挑戦したこの動画。

 いったいこの制限がどんな影響を与えるのか?

 そもそも『カービィボウル』がどんなゲームかというと、ボールとなったカービィをゴロ、もしくはフライの軌道で打ち、敵を倒しながら最終的にカップに入れることを目的とした、ゴルフのようなゲームだ。

 では、このゴルフのようなゲームで今回の3つのボタンがどんな役割をするのかというと、こうだ。

上ボタン:フライ、ゴロの切り替え
Aボタン:項目の決定、ショットを打つ、がんばれ
Bボタン:キャンセル、スピンパネルを開く、コピー能力の使用

 ショットは打てるし、コピー能力も使える。一見、プレイに必要な操作が揃っているようにも見えるだろう。しかし、実際には使いたい機能が封じられている。

 大きな影響を受けるのは十字ボタンの左右が使えないことで、これにより左右のスピン(カーブ)をかけることもできず、進行方向を調整できる一部のコピー能力も操作不能となる。

 しかし、なによりも問題となるのはショットの方向が変更できないということ。

 左右の操作ができないことにより、ショットの向きを自身の操作で変えることができず、各ショットの初期方向にしか打てないのだ。

 ゴルフゲームなのにショットの方向が変更できない。ではどうやってカップインを狙うのか? それはショット時に一番近い敵キャラクターの方向を向く仕様を活用する。

 動画では位置調整をしながら仕様を最大限活用し、カップインを狙っていく凄腕プレイが確認できる。

TAS動画に影響を受けたスーパープレイ、「サイボーグにならないと無理」と否定した技を再現可能に

 最初に軽く触れたようにツールアシストを用いたTAS動画と同じ制限でRTAに挑戦しているこの動画では、度々元ネタの影響をモロに受けた、人力TASともいえる素晴らしいプレイを見ることができる。

 例えばPart1の1-2ではタイムを求めるため、若干の変更はあるがカップイン目前までTASルートとほぼ変わらないショットを見せているし、Part3の5-4では「練習していたらいつの間にか安定するようになっていた」とTASルートに無理やり乗せる技を見せ、視聴者を驚かせていた。

 しかし、TASと同等のプレイを見せ、特に視聴者を驚かせていたていたのがPart3のおまけパートだ。

 Part2でプレイした3-5コースには3打でカップインするTAS3打ルートというものがある。これは、非常に難易度の高いもので、美少女さんも「サイボーグにならないと無理」と否定していた。

 しかし、夜勤中に美少女さんはふと思ってしまったようだ。

 「意外と練習したらいけるんじゃ?」と。

 どう考えても夜勤で疲れからの発想のように思えるが、映された映像を見てみると……。

 うーん……、確かに3打でカップインしている。しっかりとTASルートを成功させ、まさに人力TAS、めでたくサイボーグ化だ。

 成功したのは50回の挑戦のうち、2回とのことだが結構な成功率。さらに、このルートは失敗しても現行ルートより早くクリアすることができるとのことで、記録更新が期待できるようだ。


 有名なTAS動画をRTAに落とし込んだ過酷な挑戦は現在、新たな短縮方法も発見され、記録更新を狙ってプレイを続けているとこのと。

 まだまだ記録の更新が期待できる、驚異のやり込みRTAの様子をご覧になってみてはいかがだろうか。

文/富士脇 水面

【制限RTA】3つのボタンでカービィボウルRTA 54:30 Part1【ゆっくり実況】

―あわせて読みたい―
『コロコロカービィ』でゲームキューブ本体をぶん回す!? 1kg以上ある機体を持ちあげて、傾けながらクリアする狂気のRTAが誕生

『リングフィットアドベンチャー』運動負荷レベル最大で挑むRTA動画!! 22時間運動し続ける過酷なチャレンジに「前世で何したらこんな罰を受けるんだ」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング