話題の記事

大人と10代の目線の違いを卓越した技術で合わせていく--GW映画のダークホース『スウィート17モンスター』を映画評論家と女優が語る

彼女はこの青春をどう乗り越えるのか

中井:
 主人公にとっては、「なんじゃこりゃ!」っていう世界ですよ。

鈴木:
 (ひどい裏切りをした)親友も親友だけど、お兄ちゃんもお兄ちゃんだよ!

中井:
 そこでひと悶着ですよね。主人公はただでさえ、家庭内で味方がいない。唯一、外界との接点があった親友は自分のお兄ちゃんとデキていて、自分と距離を置いてくる。主人公は、完全に孤独ですよ。「世界 vs 私」みたいなことですね。そんな彼女がどうやって、この青春を乗り越えていくのかを描いた作品です。

鈴木:
 でもさ、青春時代はみんなにそういうことがあるからな。

岡村:
 何かしらの形でありますからね。

中井:
 いずみちゃんは裏切られたりとか、仲間はずれにされたりとかの経験はあるの?

岡村:
 えっ!? 私、友達は少ない方です。割と1人でいることが多い(笑)。

中井:
 友達は多い、少ない、じゃないもんね。

岡村:
 友達の定義は人それぞれ。なんでも話せる子は2、3人はいるんですよ。でも、(この映画は)そういう子に裏切られたっていう話ですよね。そう考えると、もう辛いです(笑)。

10代の目線と大人の目線

岡村:
 (青春時代は)対人関係とかじゃなくても、頑張っていたことで成果が出ないとか、うまくいかないっていう(挫折の)体験ですよね。

中井:
 僕なんかでもそうですよ。10代の物事をよくわかっていない頃って、自分の目線でしか物事を見ることができないから。

鈴木:
 まだ世界が狭い感じよね。

岡村:
 大人になってから、「あの時は……」って。

中井:
 そう、振り返ったときに「あぁ、なんか俺、痛かったなぁ」って(笑)。

岡村:
 中二病ね(笑)。

中井:
 ところが一方で、「大人も大人で(事情がある)」というところがあるわけですよ。

『スウィート17モンスター』予告より。

中井:
 この作品は、その両面から迫っています。今の僕らの目線と、10代の時の目線の違いというものを、うまく合わせていくという、すごく特殊なことをやっているんです。(監督は)非常に卓越した技術があると思いますね。(今までのキャリアは)脚本を書いていて、ほとんど監督としては新人のような女性【※】です。

※本作の監督・ケリー・フレモン・クレイグ氏は過去に女優のデミ・ムーアが監督を務めた『Streak(原題)』や、2009年公開の『恋する履歴書』でも脚本を担当している。

鈴木:
 才能あるね、この監督! これからブームが来るね。

中井:
 今後にも期待したいなと思っております。

『スウィート17モンスター』予告より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「映画」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング