ニコニコニュース

話題の記事

卵黄を溶かして茹でる“鶏卵素麺”の作り方! ポルトガルのフィオス・デ・オヴォスに由来する卵菓子は見た目もきれい

 今回紹介するのは、妄想グルメさんが投稿した『鶏卵素麺を作ってみた』という動画です。再生数は7千回を超え、「料理」カテゴリランキングで最高で1位を記録しました。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

ポルトガルのフィオス・デ・オヴォスが、日本で鶏卵素麺、タイでフォイトーンになったそうです。


 卵の黄身で作った“ソーメン”がきれいです。16世紀にポルトガルから長崎に伝わったお菓子で、卵の香りのあとに甘さが口に広がり、ハラハラほどけるという、今までに食べたことのない味なんだそうです。

 卵黄を用意します。少量の卵白を加えた卵黄をざるでこし、魔法のランプのような道具にいれいます。

 砂糖液を作ります。鍋に砂糖と水を入れ、10分間沸騰させ、煮詰めます。

 魔法のランプには2ミリ程度の穴が開いています。そこから砂糖液に向かって卵黄を入れます。すると素麺のように卵黄が細く固まります。

 

 しばらくして取り出すと、黄色く鮮やかなソーメンのようになります。コメントによると博多で買えるお菓子なんだそう。どんな味なのか気になります。

 

視聴者コメント

きれーい
ふぉわ〜〜
おもしろい
こんなふうにつくるんだー
楽しそう

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

鶏卵素麺を作ってみた

―あわせて読みたい―

食品サンプルみたいなプリンを作ってみた! プリップリの弾力、ツヤツヤの仕上がりに「あーお腹すいた」の声が続出

業務スーパーの「紙パックスイーツ」みたいな牛柄ミルクプリンを作ってみた。牛乳パックをまるごと使った“迫力レシピ”でぷるっぷるに完成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「料理」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング