ニコニコニュース

話題の記事

衝撃的な開幕トラックで最初からクライマックス! 『ゾンビランドサガ』全12話一挙放送盛り上がったシーンTOP10

5位:登校準備をするさくら

(画像は「ゾンビランドサガ」 全12話一挙放送/NICONICO IDOL&STAR FESTIVAL 2019の第1話より)

 5位は第1話より、さくらが自室で出掛ける準備をしているシーン(00:21ごろ)

 本作の放送が始まると、さくらが自室でアイドルの歌を聞きながら学校へ行くための支度を進めている様子が映し出される。

 この時、部屋の壁に掛けられていたカレンダーを見るや、「2008」「はじまた」などのコメントが書き込まれるのだった。

4位:おーはようございまーす!

(画像は「ゾンビランドサガ」 全12話一挙放送/NICONICO IDOL&STAR FESTIVAL 2019の第12話より)

 4位は第12話より、歌い終わったさくらが会場に「おはようございます」と挨拶するシーン(5:05:24~5:05:35)

 EDテロップとともに歌い続けていたフランシュシュの歌がひと段落すると、さくらが観客席に向かって「おはようございます」と叫び出すのだった

 このシャウトに便乗した視聴者達は「おはようございます」「88888」などのコメントを送っていた。

3位:ゆうぎりの理不尽ビンタが炸裂

(画像は「ゾンビランドサガ」 全12話一挙放送/NICONICO IDOL&STAR FESTIVAL 2019の第3話より)
(画像は「ゾンビランドサガ」 全12話一挙放送/NICONICO IDOL&STAR FESTIVAL 2019の第3話より)

 3位は第3話より、さくらがゆうぎりに思いっきりビンタされるシーン(59:27~59:33)

 諦めなければ必ずできることをみんなに語ろうとしたさくらだったが、その場に現れたゆうぎりから強めのビンタをお見舞いされる。

 その後、さくらは語ろうとした内容を全部ゆうぎりに言われ、団結力が高まっていく仲間達を見て理不尽さを感じてしまうのだった。

 ここでは、ゆうぎりの勢いあるビンタに「!?」「理不尽ビンタ」などのコメントが流れていた。

2位:純子、幸太郎にひかれる

(画像は「ゾンビランドサガ」 全12話一挙放送/NICONICO IDOL&STAR FESTIVAL 2019の第7話より)
(画像は「ゾンビランドサガ」 全12話一挙放送/NICONICO IDOL&STAR FESTIVAL 2019の第7話より)

 2位は第7話より、純子が幸太郎の運転する車にひかれてしまうシーン(2:45:10ごろ)

 幸太郎の運転する車でサガロックへと移動を始める面々。そこへ、車の前に立ちふさがる形で純子が遅れて登場する。

 しかし、彼女のとった行動に対処できなかった幸太郎は、立ちふさがる純子を車でひいてしまうのだった。

 プロデューサーがアイドルをひいてしまうという交通事故に「あ」「知ってた」「1話で見た」などのコメントが見受けられた。

1位:開始1分弱でさくらが交通事故に!?

(画像は「ゾンビランドサガ」 全12話一挙放送/NICONICO IDOL&STAR FESTIVAL 2019の第1話より)
(画像は「ゾンビランドサガ」 全12話一挙放送/NICONICO IDOL&STAR FESTIVAL 2019の第1話より)

 1位は第1話より、家を出たさくらが車にひかれてしまうシーン(01:15~01:25)

 出掛ける支度を整えたさくらは、これから始まるかもしれない新しい毎日を想像し、笑みを浮かべながら登校を開始する。

 だが、さくらが自宅の門を出た次の瞬間、かなりのスピードで走っていた車に思いっきりひかれてしまうのだった。

 開始わずか1分弱での交通事故案件に対し、「!?」「あああああ」「いってきまあああ」などのコメントが数多く投下された。

―あわせて読みたい

ママキャラ成分足りてる? 夏アニメ『お母好き』で“母親萌え”に目覚めたので“母性溢れる魅力的なママキャラ”たちを集めてみた

『ダンまちⅡ』のワクワクが止まらない! 激アツの“戦争遊戯”、かっこよすぎる戦闘描写、ベルくんの成長、すべてに心躍る

SF! ミステリ! コメディ! ジャンルドカ盛りの俺的覇権アニメ『彼方のアストラ』。すべてが伏線に見える演出で、あふれ出す脳汁の海に溺れろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「アニメコメント分析」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング