ニコニコニュース

話題の記事

「いじめはあった?」「家族へのカミングアウトは?」トランスジェンダーの二人に、気になることをたくさん聞いてみた。

 複数のゲイバーを経営するかたわら、美容家としても活動する藤井ケインさんお送りする、ニコニコチャンネルの生放送『LGBT観察教育バラエティ|藤井ケインの「一本いただきます」』。毎回、様々なゲストを呼び、LGBTのリアルな世界を紹介しています。

 前回の放送では、「第0回」と称し、LGBTの世界の入門編となるような話題が繰り広げられました。そして今回、いよいよ本放送が開始となり、4名のバラエティに富んだLGBTのゲストが登場。この記事ではその前半の模様を紹介します。

 前半のゲストは、女性から男性になったショーダンサーであるATSUSHIさん。そして、見た目は完全に女性、かつては男性だったそら(神谷宙)さん。
 トランスジェンダーであるお2人に、藤井ケインさんがちょっとフザけたことからマジメなことまで、気になることをとことんツッコみます!


LGBT目線で選ぶイケメン、美女ランキングベスト3

ATSUSHI:
(コースターのトークテーマフリップをめくりつつ)「LGBT目線から選ぶイケメン&美女ランキングベスト3」

藤井ケイン:
 じゃあ、そらちゃんの中のベストイケメン第3位!

そら(神谷宙):
 え~!待って~!じゃあ第3位、玉木宏さん。

藤井ケイン:
 キレイ系!上から目線になっちゃうけど、カッコよすぎて行けないわ……。

そら:
 第2位、AAAのNissy(西島隆弘)です!

ATSUSHI: 
 今どきのイケメン!

そら:
 第1位はずっと変わらないんですよ!
 ブラッドリー・クーパー。最近、ガガの映画(『アリー/スター誕生』)で相手役だった方。

藤井ケイン:
 でも分かった気がする、全体的に美形ね。
 じゃあATSUSHIさんが選ぶ美女ランキングベスト3は?

ATSUSHI: 
 美女とイケメン混ざってもいいですか?こうなりたいっていうイケメン。憧れの人。
 第3位は普通に女性で、北川景子さん。

藤井ケイン:
 おぉ~!キレイキレイ!私、北川景子を目指してたわ。

ATSUSHI: 
 第2位は、自分よくボディービル大会に出てるんですけど、金子賢さんがカッコいいんです。
 第1位はずっと断トツなんですけど…、ウィル・スミスさん。

藤井ケイン:
 ジーニー!(実写版『アラジン』より)

ATSUSHI: 
 ジーニーになりたいんですよー!何でも出来る。踊れるし歌えるし。演技も上手。

藤井ケイン:
 共通してるのは、金子賢くんもウィル・スミスさんも、筋肉がムキムキでカッコいいような人だよね。

くま。:
 憧れなんだね。普通エッチな目でしか見れないもんね。

藤井ケイン: 
 私、生まれ変わるなら女のほうがいいかも。

くま。: 
 僕は、生まれ変わってもゲイがいい。

藤井ケイン:
 あ、そう?じゃあ、ゲイで良かったじゃない。
 私、今の人生ってイヤじゃないけど、「なってみたかった」のは女ばっかりね。可愛いアイドルとかに憧れるの。菊池桃子とか。

そら:
 アイドルに憧れるゲイの方って、多いですよね。

藤井ケイン:
 よく見ると、ゲイはお花畑を持ってるのよ。ゲイの心のなかにフワッとね。

くま。:
 胸毛じゃなくて?

藤井ケイン: 
 胸毛じゃない!胸毛は、お花畑じゃなくて森林よ。
 森林の、その奥の奥の方に、アナルローズっていうお花が咲いてるわ。

一同:
 (笑)

気になる、家族との関係は?

藤井ケイン:
 ぶっちゃけ今、家族とはどんな感じ?

そら:
 昔から私の家族は、私がゲイってことは知ってたんですけど、やっぱり自分の中で家族と接する時に「男らしくしなきゃ」、「演じなきゃ」っていうのが凄くあったんです。素直になれないというか。
 いまの方が、素のまま家族と接することが出来るようになったので、もう凄く仲良しです。はい。

藤井ケイン:
 本当の姿になれたから、心も本当に解き放たれたんだろうね。

一同:
 (拍手)

そら:
 だから、凄く楽になりましたね。

藤井ケイン:
 カミングアウトはどんな風にしたの?

そら:
 16歳の時、私に出来た初めての彼が家によく遊びに来てて。「男友達だよ」って紹介してたんですけど、母はそれを見抜き、「あの子ホントはお友達じゃないんでしょ?」ってことを聞いてくれたんです。
 ここでウソついちゃったら一生ウソをつき続けることになるなと思って、「実はあの人とお付き合いしてます」ってことを伝えて。
 その時、母は「そうなのね」って放っておいてくれたので、凄いカミングアウトしやすかったなと思いますね。

藤井ケイン:
 まあね。私もそらちゃんのお母さん知ってるんだけど、全然そういう偏見とかのない人。

そら:
 ちょっと稀だと思いますね、うちみたいなのは。

藤井ケイン:
 ATSUSHIくんは?

ATSUSHI:
 18歳くらいの時に家族に言いました。
 それまでも、ボーイッシュと言うか、ずっと髪の毛も短いし、スカートもはかないんで。前兆は全然あったんですよ。それでも一応振り絞って言ったら、「うん。わかってた。」って言ってくれて。

そら:
 家族って、言わなくてもわかってるんですよね!

トランスジェンダーのいじめ事情

そら:
 すごいの来ました。「学校ではいじめられましたか?」って。

くま。:
 このコメントくれた方は、今いじめられちゃってるみたい。

ATSUSHI:
 小学校の2~3年くらいまではありました。でも、いじめって言うより冷やかしみたいな。そこでクラス一丸となって自分の方に矛先を向けてとかはなくて。

藤井ケイン:
 スポーティーだし、ハッキリしてるからATSUSHIさんはいじめられさなさそう。
 逆に、ゲイの子の方がいじめ被害は多いってイメージ。やっぱりイジイジっとなっちゃうじゃない。
 オナベの子はどっちかって言うと「イェ~!一緒に遊ぼうぜ!サッカーやろう!」みたいなノリだもんね。ところで、活発じゃないオナベっているの?

ATSUSHI:
 あんまりいない気がしますね。

そら:
 私も、「オカマ~」って呼ばれたりとかは、しょっちゅうあったんですけど、酷いいじめはなかったです。私の場合、からかわれてること自体、なんとも思ってなかったですね。

藤井ケイン:
 あ、「今は幸せですか?」ってコメント。

そら:
 幸せで~す。

ATSUSHI:
 幸せですね。

藤井ケイン:
 じゃなかったら番組に出ないわよね!「今から自殺します~」とか言われたら、私も「帰って」って言うわよ。そりゃそうだ!

男性になる手術、女性になる手術って何するの?

ATSUSHI:
 胸を取って、子宮と卵巣を取るっていう手術をタイのバンコクでしたんですけど。胸を傷がわかりにくいところで切開して。

藤井ケイン:
 ATSUSHIさんは女性の体だった時、胸はEカップだったのよね。胸を取った後の肌はどうなるの?

ATSUSHI:
 最初は、たるんでましたね。

藤井ケイン:
 筋肉鍛えると皮膚と馴染んでくるのかしら。胸の脂肪を取るの?

ATSUSHI:
 乳腺を取り出すんですよ。
 あ、これボディビルの大会に出たときの写真なんですけど。

藤井ケイン:
 すごい、これは私ヤレるわ~!ボディビルの大会は男性として出場したの?

ATSUSHI: 
 そうです。骨格とかは、やっぱり普通の男性より不利ですね。

 子宮と卵巣の手術は、腹腔鏡で子宮を引きはがして、下から出産するように出すんですよ。

藤井ケイン:  
 どうして子宮と卵巣を取る必要があるの?

ATSUSHI: 
 卵巣がついたままだと、女性ホルモンが出てしまって、注射を打たないと生理が戻ってきてしまうんですよ。

藤井ケイン: 
 そらちゃんがお金玉を取ったのと一緒ね。

ATSUSHI: 
 そうですね。

藤井ケイン: 
 そらちゃん、胸はどうしたの?

有料会員限定放送では、そらさんがトップレスになるセクシーな一幕も。

そら:
 これはシリコンを入れて。乳首の色は自前ですね。

藤井ケイン: 
 すごいわねー。女性から見ても分からないぐらいのキレイなおっぱいで、科学が進化してるのよね。だから悩んでる人は思い切って手術したほうが……。

そら:
 思い切って手術した方がいいと、私は思います。

生まれ変わっても、この性別で!

藤井ケイン:
 
最後の質問!「生まれ変わるなら、どっちの性別で生まれたい?」

ATSUSHI:
 もう一回、この性別のままでいいです。

藤井ケイン:
 あ、男に生まれ変わりたいとかじゃなくて、このままでいいのね。

ATSUSHI:
 なぜかと言うと、たぶんこの性別じゃなかったら出会えなかった出会いが無茶苦茶ある思うので。

藤井ケイン:
 素敵だわ~!

ATSUSHI:
 こんな面白い世界も知らなかっただろうと思うし。
 当事者にしかわからない世界が、今ここにあるんで。ご縁だなと思っています。

藤井ケイン:
 今まであった苦労とかも「良かったな」に変えられたんだよね。

ATSUSHI:
 そうです!そうです!

藤井ケイン:
 すごい!じゃあホントに幸せね!そらちゃんはどう?

そら:
 私も、今の性別にもう一度生まれたいなと思います。
 辛いことも多かったですけど、それを経験したからこそ他人にも優しく接することが出来るというか。普通の人が味わうことのない苦しみとかも知っているので。

藤井ケイン:
 すごい、ずっと応援してます!こうやって強く生きられるって人が2人もいて、なんだかよかったわ~!

そらATSUSHI
 ありがとうございました! 


 トランスジェンダーとして生きることの魅力や困難が明かされた今回の放送。マイノリティに生まれても前向きに楽しく活躍される姿に、勇気をもらった視聴者も多いのではないでしょうか。

 この放送の後半のゲストには、バイセクシャルのダンサー2名が登場!バイセクシャルならではの人生の楽しさや大変さを大いに語っていました。また、有料会員限定放送では、ストリップをしながらのダンスパフォーマンスも披露しました。

 藤井ケインの「一本いただきます」の次回放送は8月22日(木)20時。ゲストには、ドラァグクイーンの方が登場予定です。
 藤井ケインがお送りするLGBTの世界、どんなゲストが登場するのか、今後も目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「生活」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング