ニコニコニュース

話題の記事

中間管理職と化したリムル課長に未来はあるのか? 『転スラ』スピンオフ『転生しても社畜だった件』のブラック社畜生活が世知辛さしかない

 『転生したらスライムだった件』といえば、アニメ化や多数のスピンオフ作品が展開されている大人気異世界ファンタジー小説ですが……。

 今回紹介する『転生しても社畜だった件』は、そんな『転スラ』スピンオフ作品の中でも最高に過酷でぶっ飛んだ内容が魅力のマンガです。

 本作では、なぜかリムルと彼の仲間たちが、現実世界でIT系サラリーマンとして働くことに! ……しかもリムルはスライム姿のまま。

 戸惑いを隠せないリムルと、意外にも会社に溶け込んでいる仲間たちの対比が笑える、ブラック企業コメディをお楽しみください。

ニコニコ漫画『転生しても社畜だった件 』エピソード一覧

転生? なんだ、ただの夢か……?

 スライムに転生し、異世界を冒険していたリムル

 そんな彼がある日、目を覚ますと周囲の風景は一変しており……どころか、現代的なオフィスビルの屋上にいて!?

 よくよく考えてみれば、「あんなゲームの世界みたいな話、実際あるワケねーか」と納得するリムル。

 ……なのですが、突然「課長! こんなとこに居たんすか!!」と部下らしき人物が登場。いまだ寝ぼけ眼の彼を引きずっていきます。

 自分が「課長」と呼ばれたことには違和感を覚えた彼が、ふと水たまりを覗き込んでみると……?

 そこに映っていたのは、異世界生活を送っていたときと何ら変わりのないスライム化した自分の姿!

 しかも自分を呼びにきた部下らしき人物は、どう見てもゴブタではありませんか。

 なんだか相当おかしな状況になっているようです……!

 さて、ゴブタに腕(?)を引かれてリムルがやってきたのは、テンペスト商事なる会社の総合雑務課。

 周囲を見渡せば、シオンベニマルソウエイシュナと、リムルの仲間たちが勢揃いしていました。

 しかも、各々仕事に精を出すでもなく、本を読んだり編み物をしていたりとサボりたい放題。とてもフリーダムでアットホームな職場のようです。

 そしてリムルは、いつの間にかこの総合雑務課の課長になっていた模様。

 これは夢なのか現実なのか、この状況を確かめるため、ゴブタに自分の頬をつねるよう指示を出します。

 痛くない……痛くはないのですが、“痛覚無効”というスキルを習得しているリムルには、これだけで夢か現実か判断できませんでした。便利スキルが仇になろうとは……。

ブラック方針案を引っさげて現れた暴風竜

 困惑するリムルの前にさらなる厄介ごとを運んできたのは、スーツを着たドラゴン……ではなく、暴風竜・ヴェルドラでした。

 彼が持ってきたのは、“あかるい働き方改革(プランB)”なるブラック感溢れる基本方針案。

 何やら現在テンペスト商事は倒産の危機にあるようで、場合によっては総合雑務課の全員がリストラされる可能性もあるのだとか。

 ちなみに、この世界でのヴェルドラは何を隠そうテンペスト商事の社長。業績悪化って、おもにあなたが原因なのでは……?

 ツッコミどころ満載すぎる社内で生き抜いていくべく、まずは人間への擬態を試みたリムル課長。

 しかし、なぜかスキルは不発。現世でも異世界でもないトンデモ企業に押し込められ、そのうえ体はスライム固定なんて罰ゲームもいいところです。

 大賢者によれば、この世界は魔素が不足しているためにスキルが発動できないとのこと。

 かくして、本当に“ただのスライム”に成り果ててしまったリムル課長の社畜生活がスタートしたのでした……!

役職決めでまさかのアクシデント

 結局、ヴェルドラ社長はそびえたつクソのような方針案と、オヤジギャグだけを言い残して課内から去っていってしまいました。

 残されたリムル課長は、しかたなく「各々仕事に戻ってくれ……」と部下たちに指示を出すのですが……。

 おずおずと手を挙げたシュナが「仕事って言われましても、いったい何をすれば良いんでしょうか?」と爆弾発言!
 
 さらにはほかのメンバーたちも、「確かにわからん」と言わんばかりにうなずくではありませんか!?

 そもそも、この総合雑務課には役職という概念すら存在していなかった様子。そりゃ会社も傾きますわ……。

 そんなわけで、ここはリムル課長直々に彼らの役職を任命することに。

 ヴェルドラ社長に負けず劣らずのくだらないギャグを飛ばしつつ、リムルが軽いノリで決めた人員配置は果たして吉と出るか凶と出るか。

 それにしてもこの流れ、どこかで既視感が……?

 事務をスポーツジムか何かと勘違いしているゴブタはさておき、案の定リムル課長を猛烈な悪寒が襲います。

 そう、『転スラ』の世界観における“名付け”とは、それ相応の魔素を消費する行為なのです。

 結果、ただでさえ魔素不足なこの世界で“名付け”ならぬ役職決めを行ったリムル課長は、あえなくスリープモードに突入。

 デスクの上で液状化しつつ、この不条理な世界を諦めて受け入れるしかないことを悟るのでした……。

 リムル課長率いる総合雑務課の業務は、今後も波乱万丈。興味を持った方は、ぜひ2019年7月9日発売のコミックス第1巻をお買い求めください!

『転生しても社畜だった件』単行本第1巻
Amazon購入ページはコチラ

(画像はニコニコ漫画『転生しても社畜だった件』より)

ニコニコ漫画で『転生しても社畜だった件』を読めるのはこちら

ニコニコ漫画公式サイトはこちら

―ニコニコ漫画おすすめ漫画記事―

前世で英雄だった青年は現世でも最強だった! のんびり生きたい元英雄の“強くてニューゲーム”感溢れる無双っぷりが爽快&痛快

「急募:世界を救う勇者 」 『ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた』滅亡に向かう異世界でハーレム生活を目指す元ニートの運命やいかに?

読めば読むほど父性に目覚める。純度100%の癒しオーラが押し寄せてくる『うちの娘』がひたすらかわいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マンガ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング